フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬の留守番(ちょっと難しい話) | トップページ | 身勝手な飼い主! »

2012年11月23日 (金)

ペットロスからの立ち直り

さて、ゴル男が逝ってしまってから、五ヶ月が経ちました。

まあ、亡くなってしまった時には号泣して、呆然とし、しばらく時間が経ってからは、様々なことを後悔していたりしましたね。

もしも、「あの時に、もっと良く調べて、脳腫瘍だと気付いていたら・・・」

もしも、「ああしていたら・・・」、「こうしていたら・・・」、そんなことばかり考えていました。

とにかく、いろんな後悔をして、その都度、もっと長くゴル男といられたんじゃあないか?なんて考えたりしていました。

悲しみと後悔の日々でしたね。

そして、そんな時に、ペットショプで売れ残っていたのが「さくら」でした。

最初は「早く売れるといいな~。素敵な家族に巡り合えるといいな~」と漠然と思っていました。

でも、さくらは、どこかゴル男に似ているところがあったんですよね。

私はカミさんに「ペットショップにゴル男に似ているブルドッグがいるんだよ。我が家にどうかな?」と話しました。

もちろん、カミさんは猛反対。

ゴル男が逝ってしまって一ヶ月位だったでしょうか、そんな会話をしたりしていましたね。

そして、ゴル男の四十九日が過ぎ、カミさんの反対を押し切って「さくら」を連れてきました。

もちろん、そうなればなったで、カミさんもさくらを大歓迎して、とても可愛がりました。

さくらは、色々と世話を焼かせてくれて、ゴル男の居なくなった我が家に「活気」を甦らせてくれました。

まだまだ色々とありますが、さくらとの信頼関係を一生懸命築く努力をしてきました。

そして現在に至るって感じですかね。

でも、ゴル男とさくらは「別」であって、決してゴル男の居なくなった現実までを変えてくれる訳ではないんですよね。

「さくらはさくら」、「ゴル男はゴル男」って感じでしょうか?

やっぱり悲しみは癒えません。

まだ、まともに写真も見れません。

ただ、耐力だけは身についたようです。

最近では、ゴル男とさくらの違いを夫婦で話したり、もしも、ゴル男とさくら、一緒に居たらどんなだっただろうか?などと有り得ない話をしたりしています。

やっと、ゴル男の居なくなった現実を受け入れられるようになったのかもしれませんね。

多分、あの時、さくらと巡り合っていなければ、我が家には、永遠に「犬」はいなかったと思います。

とにかく、ショックが大きかったですからね。

愛犬を失う恐怖に打ち勝つことは難しかったと思います。

ゴル男の思い出ばかり語っていたかもしれません。

とても、新しい仔を前向きに検討なんて出来なかったでしょう。

でも、最初は、ペットショップの売れ残りのブルドッグに対する同情が、今は確実に愛情に変わっています。

成長を素直に喜んでいます。

でも、今でも、ゴル男を思い出しては涙したりしています。

それが犬との暮らしなんでしょうね。

喜びも悲しみも一緒です。

私はそう思います。

一緒に暮らす喜び、別れの悲しみ、そんな全てが素晴らしいことだと思っています。

皆さんはどうでしょうか?

愛犬との限られた時間を一緒に楽しんでいますか?

悩んで立ち止まっているなんて、時間の無駄ですよ。

悩むよりも行動しましょう。

私もお役に立ちますから。

ということで、今回は、ここまでです。

次回もまた、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書きたいと思いますので、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、今回は、私のお気に入りの「ゴル男」の写真です。長い間、このブログプロフィールの写真でもありました。

« 犬の留守番(ちょっと難しい話) | トップページ | 身勝手な飼い主! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の留守番(ちょっと難しい話) | トップページ | 身勝手な飼い主! »

ゴル男の仲間達