フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 嬉しい散歩、悲しい散歩 | トップページ | 犬の能力 »

2012年10月17日 (水)

抜糸しました

予定通り、昨日、抜糸してきました。

まあ、特段の問題も無く順調に終了しました。

ただ、動物病院に行くと、いつも「世の中、色んな飼い主さんと色んなワンコがいるなあ」って思うんですよね。

特に飼い主さん同士の会話は面白いですよね。

これまでどんなワンコを飼ってきたかとか、そのワンコの年齢まで分かることがあります。

結構、私も含めて多くの方がそうだと思うのですが、パピーを連れている方を「犬の経験が浅い」と勝手に思い込んだりしていませんか?

実は、昨日もそんな会話を聞きました。

お二方ともシーズーを連れていらっしゃいました。

話し手の老婦人が連れていたのは、5歳、若干若い方が連れていたのが1歳のシーズーでした。

最初のうちは、年長の方が「犬とは」みたいな話し方をされていたんですが、徐々にその経験が分かるに連れて立場が逆転。

1歳の仔を連れていた方は、既に3頭の仔達を見送ったことがある犬飼いのベテランだったんです。

これって、お散歩のときにもありますよね。

何故か、パピーを連れていると初心者に見られがちです。

私自身も経験があります。

実際、自称犬名人の方は意外と多いもので、見知らぬ方から色んなアドバイスを受けたりします。

もちろん、そんな時には大人しくご意見を伺うだけにしますけどね。

決して、その意見の間違いを指摘するようなことはしませんし、私自身はこのブログとリハビリラン以外で「犬について」語るようなことはしません。

散歩にしろ、しつけ、トレーニングにしろ、それぞれの飼い主さんご自身の考えでやっていらっしゃるんですから、他人がどうこういうことは無いんですよね。

アドバイスを求められたときだけお答えすれば良い事ですよね。

私はそう思っていますがどうでしょうか?

さて、、今回は若干短めですが、さくらの抜糸が無事に済んだご報告と、世間に有りがちな話題を書いてみました。

ということで、今回はここまでです。

「今日のさくら」は、抜糸して帰宅後、直ぐにカミカミグッズで遊んでいるさくらです。

Dsc_0006

« 嬉しい散歩、悲しい散歩 | トップページ | 犬の能力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬉しい散歩、悲しい散歩 | トップページ | 犬の能力 »

ゴル男の仲間達