フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ドタバタの週末 | トップページ | 犬と睡眠 »

2012年10月30日 (火)

ゴル男とさくらと我が家

さて、今回は、我が家の愛犬達について書きたいと思います。

まあ、以前からこのブログを読んでいただいている方は既にご存知だと思いますが、先ずは、ゴル男との出会いについて書きますね。

私は生来、犬が大嫌いで、50歳になるまで、犬とは無縁の生活をしてきました。

それが娘達の独立をきっかけに、ふとしたことから寄ったペットショップでゴル男に出会い、それ以降「犬大好き人間」に変わったのです。

ですから、ゴル男を迎えて頃には、ドッグカフェに行っても、正直、他のワンコが怖くて仕方なかったですね。

とにかく、大小を問わず、他のワンコが近づいて来るたびにドキドキしていました。

それでも、全く言うことを聞かないゴル男を何とかしなければと必死になって、ドッグカフェに通い、訓練士やトレーナー、ブリーダーにショードッグのハンドラーの方とか、色々な専門家の方達にお話を伺い、自分でも多くの本を読み、今に至ったんですね。

ですから、犬に関して苦労している方の気持ちが本当に良く分かります。

最終的にゴル男は「超自立心の強い犬」になってしまい、滅多に私の言うことは聞かない奴だったのですが、それでも我が家の長男坊といった感じで存在感は大きかったですね。

私が本気の時しか指示に従わない犬!

それも楽しかったですね。

リハビリランでは「管理犬」として活躍してくれましたしね。

申し分の無い奴でした。

あっという間の8年間でしたね。

もっと一緒に居たかったです。

やっぱりすごく残念です。

Img_0970

そして「さくら」。

ペットショップの売れ残りの小さなブルドッグの女の子。

ゴル男と同じ様に私の衝動飼い。

ただ、実際、7ヶ月の頃のゴル男と比べると、はるかに言うことを聞きます。

「噛む」以外には、ほとんど問題ないですね。

まあ、異常に人好きで、ちょっと散歩が厄介ですが、それは経験が解決してくれるでしょうし、他のワンコに避けられてしまうことも、いつか「宿命」として受け入れてくれるでしょう。

今は、何事も「経験」といった感じでのん気に頑張っています。

でも、さくらに可哀想なことは、やっぱり私達が、ついついゴル男と比較してしまうことでしょうか。

立派な大人として完成された自立心を持っていたゴル男と7ヶ月の仔を比べたら可哀想ですよね。

反省することが多いです。

呼べば来るし、きちんと言うことも聞くし、本来なら、この時期としては何の問題も無いと思います。

でも、ついつい比べてしまったりするんですね。

私達も修行が足りないですね。

でも、本当にゴル男とは、もっともっと一緒に暮らしたかったですね。

やっぱり、寂しいです。

さくらの存在とは別の次元で悲しみは癒えませんね。

まあ、そんなこんなが我が家のワンコ事情です。

これからも楽しみながら、一緒に暮らして行きたいと思います。

さて、そんな楽しい筈の犬との暮らしで何か問題を抱えてしまったりしている方がいらしたら、是非、ご連絡下さいね。

いつでも結構ですよ。

ということで、今回は、ここまでです。

さて、「今日のさくら」ですが、私に背中を撫ぜられてご満悦のさくらです。

P1020018

« ドタバタの週末 | トップページ | 犬と睡眠 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドタバタの週末 | トップページ | 犬と睡眠 »

ゴル男の仲間達