フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 再度、ハウストレーニング | トップページ | アイコンタクトは重要! »

2012年9月 1日 (土)

トレーニング方法あれこれ

さて、今回は、我が家で実践している方法やら何やらについて書きますね。

現在のさくらは、未だに「甘噛み絶好調」ですが、ちょっとだけ変わって来ました。

「私」に対する態度と「カミさん」に対する態度が、全く違って来ているんですね。

以前、書いたように私は噛んだ場合、基本的には「首を掴んで『いけない!』」と叱る方法をやっていますが、カミさんは「無視」をするんですね。

この方法が徹底していて、さくらと遊んでいて、少しでも噛むと「噛んだね!もう遊んであげないよ」と言い、食卓の上にあがっちゃいます。

それから、そのまま新聞やら広告やらを読み始めて、本当に、全くさくらを無視するんですね。

これが功を奏してか、さくらは、カミさんに対しては、ほとんど噛まなくなってきました。

そして私の方は言うと・・・

全く効果が上がらず、相変わらず噛まれまくっています。

まあ、これには他にも理由があって、私の場合、さくらが噛んでくると、それをきっかけに「格闘技」を始めちゃうんですよ。

だから、さくらは私と遊びたくなると「噛み」にくるんですね。

ちなみに私が自分の部屋でボーッとしていて「遊んでくれないな」というときには、全く噛みにきません。

さくらも少しずつ「空気」が読めるようになって来たのかもしれませんね。

まあ、私の場合、さくらの相手をするのもしないのも、全て私の気分次第ですから。

この点、きちんと「今は遊ぶとき」「今は遊べないとき」と区分しているカミさんと私の大きな違いですね。

それから、私がパソコンの前に座ると私には寄って来ませんし、カミさんが家事をしているときには「遊んで!」とは行かなくなりました。

大人しく待っています。

実は、今もさくらはクレートに入っています。

さっきまで「お掃除タイム」だったので、継続して昼寝をしてもらってます。

ちなみに、私のやっていることは、あまり正しい方法とは言えないのですが、私なりに「さくらの興奮度合い」を試したいのと、それを鎮める練習をしているつもりなんですよ。

さくらの興奮スイッチの「オン」と「オフ」を自在にコントロール出来るようにならないと、と思っているからなんですね。

遅々として進みませんが、まあ、気長に頑張ります。

さて、前書きが長くなりましたが、トーレーニングの方法にも、本当に色々とあります。

そして、それぞれの仔によって成果の現れ方も違います。

例えば、さくらが家具とかを噛んでいたとします。

この際に、さくらに気付かれないように、テーブルとかを「バン!」と叩きます。

所謂「天罰方式」ですね。

自分が何かをすると嫌なことが起きる、ということを犬に学習させるんですね。

さくらの場合、直ぐに噛むのを止めますし、しばらくは噛んだりしません。

ところが、ゴル男の場合、この方法は全く効果がありませんでした。

何があろうと起きようと、夢中になって家具を壊していましたね。

ゴル男の場合、甘噛みもきつくて、未だにカミさんの腕には噛まれた時の傷跡が残っています。

この「結果の違い」ですが、一番の要因は「性格の違い」だと思います。

ゴル男は目茶苦茶気が強かったですし、今のさくらは臆病だからだと思います。

まあ、これは散歩にも現れていますけどね(前に書きました)。

愛犬に「何か」を教える場合、やっぱり、その仔にあった方法が一番なんですよね。

ただし、実は、私はあまり「天罰方式」は好きではありません。

どうも、音に怯える仔になってしまうような気がするんですよね。

だから、滅多にやりません。

家具なんていくら噛まれても構いませんしね。

それから、最後に少しだけ言い訳を書かせてもらうと、私の「格闘技」とか気まぐれな相手の仕方にも理由があります。

多くの場合、女性は犬を可愛がりますし、すごく一生懸命に相手をしてあげますよね。

我が家でもそうです。

でも、男性の場合、仕事とかあって、そんなに相手もしてあげられない。

増してや疲れているときなどは「勘弁してくれ」という時だってありますよね。

私は、それで構わないと思います。

自分の気分次第で「犬と遊ぶ」。

決して間違っていないと思いますよ。

ただし、画一的に「自分」を教えるよりも「時間が掛かる」ことも間違いないです。

それさえ覚悟すれば、自分の「気分」を時間を掛けて犬に理解してもらうことも一つの方法ですよ。

さらに書くなら、自分の気分を全面に出して犬と接することで、いつか「本気」が伝わるようになりますから。

犬達は一家のお父さんには「父性」を、お母さんには「母性」を求めます。

だから、男性の場合、「気分」を伝える事でリーダーシップを発揮できることもあるんですよ。

お仕事で忙しくて、あまり愛犬との時間が作れない方、是非、この「気分」を時間を掛けて愛犬に伝えられるようになってくださいね。

さて、今回はここまでです。

愛犬のことで、色々とお悩みの方がいらしたら、是非ともご連絡くださいね。

問題解決まで一緒に頑張りましょう!

ということで、次回もまた、何かお役に立つようなことや面白いことを書きますので、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、今回の「さくら」ですが、「悪戯」の現行犯写真を載せますね。私のサンダルとバスタオルを盗んださくらです。

P1000084

P1000092_2

« 再度、ハウストレーニング | トップページ | アイコンタクトは重要! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再度、ハウストレーニング | トップページ | アイコンタクトは重要! »

ゴル男の仲間達