フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 問題犬は、必ず治せる! | トップページ | 犬の散歩は難行苦行 »

2012年9月 8日 (土)

さくら6ヶ月

さて、明日、3月9日生まれのさくらは、生後6ヶ月を迎えます。

そして我が家にやって来て5週と2日。

ちなみにゴル男が亡くなってから今日で11週が経ちます。

まあ、とにかく3月以降、我が家では色々なことがありました。

ゴル男が入院したのが3月13日・・・

ゴル男のことを思い出しては涙ぐんでばかりいました、ではなくて、こればかりは現在進行形ですね。

まあ、今回は「さくらとの5週間」について書くことにします。

ゴル男のことは、また、折に触れて書いていきますから。

さて、早速ですが、さくらを我が家に迎えた当初は、やっぱり、ゴル男との違いに戸惑いましたね。

女の子ということもあるのでしょうが、気の強かったゴル男とは、様々なものに対する反応が随分と違います。

私の感覚からすると「臆病」な気がします。

最初の一日二日は、本当に大人しい仔だな、と思っていたのですが、三日目からは、クンクン鳴いたり、ワンワン吠えたりで急に賑やかな奴に変身したりしました。

ちなみに、今は、ほとんど吠えませんし、静かな仔ですけれどもね。

このことは、前回も書きましたね。

ここで、少し項目を挙げて「現在のさくら」について書いてみますね。

先ずは「トイレ」です。

現在、さくらのトイレは三箇所あります。

一箇所は、普段の生活の場である「居間」にあります。

そして、もう一箇所は、私と一緒に寝ている部屋(まあ、さくらの「寝室」ですかね)にあります。

この二箇所は、私達が設置した、いわば「公認」のトイレです。

公認があれば未公認もある訳で、これが玄関前にあります・・・といってもさくらが勝手に用足ししているんですけれどもね。

まあ、今は、この三箇所が「さくらのトイレ」になっています。

ちなみに、お散歩中の排泄ですが、通常、ウンチはするけどオシッコはしないって感じですね。

原因ですが、やはり、まだ「緊張している」ってとこだと思います。

まだ私やカミさんを信頼するには至っていない、ってことかも知れません。

ウンチをするのも、「緊張のあまり」って感じだと思いますね。

ゆるゆるで取るのに苦労するくらいですから。

まあ、それに対する私の対処法ですが、とにかく朝はさくらよりも早く起きて、トイレで用足しをする前に散歩に連れ出すようにしています。

今は、朝6時に散歩に行っています。

これだと確実に外でオシッコをするので、何事もなく用を足すことが出来ると教えられると考えているんですよね。

こんな状態なので、まだまだなんですが、将来的には、いつでもどこでも私の指示に従って排泄できることを目指して地味に頑張っています。

次に「睡眠」です。

これは、本当によく寝るようになりましたね。

我が家に来て間もない頃は、いつもウロウロしていて、中々寝ませんでしたが、今では、昼寝も十分にしますし、夜も朝まで私と一緒に大イビキをかきながら寝ています。

昼寝の一番のお気に入りはソファーですが、サークルでもクレートでも寝ますね。

あっ、食卓の下でもよく寝ます。

次に「覚えたこと」です。

「さくら、おいで」⇒見えない場所からでもほぼ確実に来ます。

ただし、家の中限定ですけれどもね。

外では、散歩中にアイコンタクトの練習と一緒にやっています。

ということで、まだまだです。

「さくら、寝るよ」⇒概ね来ます。

そして私の部屋に入って来て、私が電気を消すと直ぐに布団の上に寝ます。部屋の中をうろつくことはしなくなりました。

「お座り」⇒まだまだ、儀式的ですが、一応出来るようになりました。

「待て」⇒5秒くらいなら出来ます。

「ハウス」⇒ハウスの意味は理解しています。

ただし、私が「さくら、ハウス」と言っても気が向かないと入りません。おやつを使えば確実に入りますけどね。

「お散歩」⇒意味は確実に理解しているようです。

私達が「さくら、お散歩だよ」と言うと、急にそわそわし始めますし、玄関に来る時も躊躇しながらも仕方がないから来るって感じです。そして首輪を着けられると伏せたりして抵抗するときもあります。

もちろん、そんなことでさくらの抵抗を認めてしまっては、今後に悪影響が出るかも知れないので、絶対に外に連れ出します。

「お母さん」⇒理解しているようです。

私が「さくら、お母さん」というとカミさんのところに行きます。

「お父さん」⇒全く理解していません。

理由は簡単!カミさんが私のところに行くように指示することがないからです。

「いけない」⇒趣旨は理解しているようです。

家具などの破壊活動は、一時的ですが止めます。

でも、甘噛みにはあまり効果はありません。

「持って来い」⇒カミさんとの遊びで覚えたようです。

「頂戴」⇒これもカミさんとの遊びの中で覚えました。

「ダウン」⇒理解していると思います。

食卓にやらサークルやらに手をかけて立ち上がったりするときに言うのですが、一応止めますので意味は理解しているようですが、立ち上がりや飛びつきを止めるには至っていません。

最後にいくつか「良くない行動」について書きますね。

これは、もうはもう山ほどあるのですが、代表的なことを書きますね。

「大興奮」⇒私がスイッチを入れて興奮させるのは、意識的にさせていることなのでオッケーなのですが、自分で勝手にスイッチを入れ、家中を走り回ることがあります。あちこちにぶつかりながら、本当に「猪突猛進」といった感じです。まあ、もう少し様子を見てから対処しようと考えています。

「窃盗」⇒靴やら洋服やらをソファーの上に持ってきたりします。

「甘噛み」⇒やはり、続行中ですし、特に変化もないですね。

「破壊活動」⇒派手にやってます。

「抱っこが嫌い」⇒今もって嫌いですね。

「犬をみると大興奮」⇒飛んだり跳ねたりします。

取りあえず、私の側に引き寄せて(若しくは私が寄って行って)「大丈夫だよ」と声を掛けながら、胸を撫ぜ落ち着かせます。

「自転車を追いたがる」⇒追わせませんが、追いたがりますね。

まあ、ざっとこんなとこでしょうか。

また、これからも「今のさくら」について書きたいと思いますのでよろしくお願いします。

さて、今回は、ここまでです。

現在、愛犬と格闘中の方!もしも、疑問やら悩みがあったら、いつでもご連絡くださいね。

問題解決まで一緒に頑張りましょう!

ということで、次回もまた、頑張って書きますので、次回もまた、乞う!ご期待!

今日のさくらは、ご飯が出来るのを待っているさくらです

P1000095

« 問題犬は、必ず治せる! | トップページ | 犬の散歩は難行苦行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題犬は、必ず治せる! | トップページ | 犬の散歩は難行苦行 »

ゴル男の仲間達