フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 散歩はつらい? | トップページ | 犬と実験 »

2012年9月12日 (水)

妻とさくらの逆襲!

さて、今回は、どこかB級映画のタイトルのようになってしまいましたが、これは昨日、我が家で起きた出来事です。

事の発端は、一昨日の夜。

我が家のカミさんは、何故か夜の散歩を終え、しばらくすると「ちょっと横になるわ」ということが多いのです。

いつも居間の横の和室で横になってしまいます。

そしてその間は、私とさくらで居間にいることになります。

たまたま一昨日は、茹でたとうもろこしがあったので、メタボの私は鬼の居ぬ間のチャンスとばかりにカミさんに隠れて食べることにしました。

そして私の目の前にはさくらが!

当然、お裾分けを期待してお座りをしていたんですね。

私もさくらの期待に応えてあげ、一粒一粒とってあげて一緒に食べました。

ちなみに私は、ゴル男にも、基本的には何でも食べさせていたんですが、とうもろこしはアレルギーがあってお裾分け、という訳にはいかなかったんですよ。

ですから、さくらと一緒に食べるのが楽しくて、結構な量を食べさせました。

丁度、一緒に食べ終わり、証拠の隠滅も終了した頃にカミさんが登場しました。

開口一番「何か食べさせてたでしょ?」と言うので、私は予定通りに「何も食べさせてないよ」と答えました。

それで、その場は、何事もなく終了しました。

ところが昨日、私は動かぬ証拠を突きつけられ、自白せざるを得ない状況に追い込まれてしまったのです。

まあ、勘の良い方には、既にお分かりかも知れませんが、その証拠は、さくらの体内から出てしまったのです。

そう、ウンチです。

わたしが与えたままの形で出てきたんですね。

カミさんはトイレに乗ったその「動かぬ証拠」を私の目の前に差し出し、

「何これ!どうして消化出来ないものを食べさせるの!!!おとうは何時だって、そうやって勝手なことばかりやって!さくらのためにならないでしょ!さくらのことを可愛いと思ってるの?まったくもう!!」

と毎度恒例のパターンが展開されることになりました。

元々、私は結構、さくらとの日常生活の中で「試す」ことが好きなんですね。

アイコンタクトをしたまま何も指示をせずにずっとしていたらどうなるか?

手を甘噛みをされたとき、痛みを我慢してそのまま手を奥に突っ込んだらどうなるか?

吠えたときに制止しなければどれ位吠え続けるか?

30cm以上の長さがある馬のアキレスをさくらに渡し、放っておいたらどうなるか?

一人遊びをしていて大興奮し、家中走り回るさくらを放っておいたら、いつまで興奮が続くのか?

家具をかじっているのを止めさせなければどれ位続けるのか?

等々、いろんなことを試しています。

もちろん、ゴル男もさくらも同じです。

まあ、結果はいつかまとめてご報告しますが、そんなことをやっています。

ですから、当然、カミさんに怒られることも多いですね。

まあ、どこのお宅も同じようなものだと思いますが、これが我が家の実情ですね。

とまあ、今回は、少し短めですが、ここまでです。

何か犬のことでお悩みの方がいらしたら、是非、ご連絡くださいね。

次回もまた、頑張って更新しますので、次回もまた、乞う!ご期待!

今日の「さくら」は私の布団で寝るさくらです。

P1000101

« 散歩はつらい? | トップページ | 犬と実験 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩はつらい? | トップページ | 犬と実験 »

ゴル男の仲間達