フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬のトレーニング | トップページ | 参りました »

2012年9月21日 (金)

犬のしつけ、パパの役割

さて、今回は、多くのママさん達が、疑問と憤りを感じていると思われる、犬を育てる際のパパの役割について、自戒の念も込めて書きたいと思います。

まあ、我が家の場合、ゴル男もさくらも私が勝手に飼ってしまったのですが、似たようなお宅も多いと思います。

にも拘わらず、しつけも散歩も普段の世話は全て奥様まかせ・・・

なんてパパさんも多いのではないでしょうか?

私もゴル男を育てる際にはそうでしたね。

特に幼い頃のゴル男は、とんでもない噛み犬だったので、カミさんの腕はいつも傷だらけでしたね。

愚痴も悩みも散々聞かされました。

まあ、それが私が真剣に「犬」に関する勉強を始めるきっかけでもありましたけれどもね。

ですから、さくらの「育児」はもちろん共同作業です。

朝の散歩は私が行きますし、夕方の散歩はカミさん、夜の散歩は夫婦揃って行っています。

ゴル男を育てる際には、私の意見はいつも「感覚」ばかりで、決して理論に裏づけされたものではなかったですね。

だから、いつも行き当たりばったりで、ゴル男も随分と混乱したと思います。

ですから、さくらの場合は・・・

あんまり変わらないかな?

少なくともカミさんは変わらないですね。

ゴル男に対しても、さくらに対しても、常に「話せば分かる」「愛情は必ず理解される」が基本ですね。

決して叱りません。

本当にこれは大したものです。

私のように感情的に叱るなんてことはないですね。

叱るにしても、常に諭すように叱ります。

この私とカミさんの犬に対する接し方の違いの影響は・・・

間違いなくあります。

ゴル男にしろ、さくらにしろ、私とカミさん、どちらが好きか?

奴らに言葉が話せるとしたら、間違いなく「おかあの方が好き!」と答えるでしょう。

では、私はというと・・・

多分、頼りになるおっさんかな?

♂としての力を感じていると思います。

やっぱり、カミさんには甘え、私には従うって感じみたいですよ。

ですから、散歩に出ると、私が一緒の方が落ち着きますね。

ガウガウみたいなことはありませんし、特段、興奮することもないです。

でも、私はそれが自然なのかな?と思っています。

ママさん達には納得しがたいことかも知れませんが、そんなもんだと思いますよ。

さて、今日は、これから動物病院に行ってきます。

さくらの健康チェックです。

また、次回も、何かお役に立てることや面白い話題を書きますので、次回もまた、乞う、ご期待!

« 犬のトレーニング | トップページ | 参りました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬のトレーニング | トップページ | 参りました »

ゴル男の仲間達