フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬と散歩 | トップページ | 犬と名前 »

2012年8月24日 (金)

犬のお留守番

P1000079

なんと、このブログ始まって以来の快挙!

冒頭から写真です。

何の写真かというと、ブル子がお留守番している時の写真ですね。

手前に大きく写っているのがクレートでブル子が写っているのがサークルですね。

そして右側に写っているピンクの板がトイレ、左上に少しだけ写っているのが水飲みです。

まあ、一般的な方法だと思うのですが、サークルにクレートを連結して少しでも広くして快適な居場所を確保してあげようと思っているわけです。

この写真をご覧になって、サークル内に敷物がないことにお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、これには訳があるんですね。

実は、初めてのお留守番からしばらくの間は、我が家でも敷物(結構クッション性、吸水性のあるものです)を入れてました。

ところが、どうやら、ブル子がこの敷物をひっくり返して遊ぶことをしていたらしく、私が帰宅すると毎回毎回、ブル子はウンチ、おしっこまみれになっていたんです。

もう、この後始末が大変で、先ずはウンチまみれのブル子を空の浴槽に入れ、それからサークルやトイレの掃除、最後はブル子のシャンプーが日課になってしまいました。

そこで考えたんですが、敷物を外せば良いんじゃないか!って。

まあ、気付くのが遅かったかもしれませんが、敷物を外してからは、余計な仕事が減ったことは確かですね。

用足しはちゃんとトイレでしてあるし、サークルやクレートの中が汚れていることもありません。

こんなちょっとしたことで「手間」は随分と変わるものですね。

さて、お留守番をさせる場合、犬が不安感を覚えるのは最初の30分程度だと言いますよね。

だから、その30分を何とかすれば大丈夫とか言われています。

ということで、私も試してみようと思い、ブル子をお留守番コーナー(以降ハウスと書きます)に入れてから30分間、出掛けた振りをして居間の隣の台所で待機してみました。

最初のお留守番のときには、少しだけクンクン泣いていましたが、二回目以降はそんなこともなくなりました。

毎日、一緒に入れてあげるおもちゃを変えたりして試してみました。

が、私がいなくなってから直ぐにおもちゃで遊ぶ、ってことはなかったですね。

あるおもちゃを除いては。

ブル子の場合、特に問題は無かったですが、遊ぶおもちゃには、本当に差が出ましたね。

何と言ってもコングが一番でした。

コングとは、アラレちゃんの漫画に出てくる(古いかな?)ウンチ君みたいな形をしたゴム製のおもちゃで中におやつとかをいれるやつですね。

これが一番遊んでいますね。

普段もこのコングをくわえては自分で放り投げて取りに行くという一人遊びをしています。

ちなみにゴル男の時には、サークルもクレートも大嫌いでしたので、お留守番は「居間」という感じで、部屋中を噛み倒していましたね。

まあ、ゴル男に比べたら、ブル子は手が掛かりません。

確かに物覚えは悪いですし「頭悪!」って感じる行動も多々ありますが、とにかく「ブル子お留守番だよ」と言えば自分からハウスに入ってくれますし、今はクンクン泣いたり吠えたりもしませんから楽です。

あっ、この場合、呼びかける名前は、お知らせしたとおり「さくら」に変わっていますけどね。

でも、まだ、意識していないと「ブル子」になったり「ゴル男」になったり、しまいには「ブル太郎」「はなこ」になったりで、結局、なんて呼んでも来るんじゃないかと思える程です。

余談ですが、だから名前を呼んだ後に言う言葉が重要なんですよね。

家族になって長い仔なら、飼い主さんが名前を呼ぶ口調だけで判断出来るかもしれませんが、やっぱり「何をすべきか」「どう思っているか」は言葉にしてあげた方がよいと思いますよ。

叱るのも誉めるのも全て「名前を呼ぶだけ!」なんてのは、分かりにくいですよね。

話を戻しますね。

まあ、こんな感じでブル子は日中毎日お留守番をしているんですが、そっと帰って来てハウスを覗いてみるとクレートで爆睡してたりしますから、お留守番も悪くはないかも知れませんね。

犬にとって、お留守番は、決して苦行ではないということなんでしょう。

だから、飼い主さんが帰宅した時には、元気いっぱいで「遊んで!」となるんでしょうね。

さて、今回は、ここまでです。

もしも、愛犬のことで悩まれている方がいらしたら、いつでもご連絡くださいね。

必ず、問題解決まで応援させていただきますから。

« 犬と散歩 | トップページ | 犬と名前 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬と散歩 | トップページ | 犬と名前 »

ゴル男の仲間達