フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« フレブルのリハビリは根気の一語 | トップページ | 犬の遊び、狼の遊び »

2011年11月 3日 (木)

フレブルのリハビリ散歩

さて、犬付合いが苦手な仔の問題解決のためには、ドッグランと散歩ということは、これまで何度も書いてきましたが、今回は「散歩」について書いてみたいと思います。

特に、フレンチ・ブルドッグによく見られる問題を考慮して書きますね。

「問題犬」と言われる仔達に多く見られる散歩の仕方にウイリー状態(前肢が空を切るほどに上がっている状態)の散歩がありますよね。

もう、気持ちだけは常に「前へ、前へ」で、実際にリードはピンと張ったままで飼い主さんが必死に抑えているなんて仔を見掛けます。

あと、犬を見るととにかく吠えるなんて仔も多いですね。

今回は、こんな問題をどうやって解決するかを書きますね。

実は、絶対にリードを張らせないために一緒に走るなんて方法もあるんですが、今回は一般的な方法を書きますね。

これまでも何回か書きましたからご存知の方も多いと思いますが、手順は次のとおりです。

愛犬がリードを引っ張ったら、

①立ち止まり、しゃがむ

②「おいで」と声を掛ける(来たら⑤へ)

③来ないようなら、リードで軽くショックを与え自分への注意を促す。

④それでも無視するようなら、リードを手繰り寄せる

⑤自分の下に来たら誉める(ご褒美もオッケー)

「いやいや、そんなんじゃ、家の猛犬は駄目なんですよ」とおっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、フレンチ・ブルドッグ程度のサイズなら、しゃがんで身構えれば、十分に引き寄せることは可能だと思いますし、先方も学習しますから、先ずはめげずに頑張ることですよ。

ハーフチョークカラーなんかも効果的かもしれませんしね。

まあ、そんな手順を繰り返すことで、引っ張ることも治るでしょうし、「呼び戻し」が出来るようになりますから。

是非、実践してみて下さい。

次に「吠え掛かる」という問題の解決方法ですが、この場合、一般的に原因には二つのケースが考えられると思います。

多く考えられるのが「怖いから来ないで!」というパターンですね。

そして、もう一つが「俺が守る」的な無意味な蛮勇を発揮するケースです。

あと、「気に入らない」という特殊なケースも考えられますが、今回は除外しますね。

先ず、最初の「恐怖による」という場合について書きますね。

ここで、勘違いしないでいただきたいのは、怖くても吠えながら前進することはありますからね。

前に行くから、家の仔は「攻撃的なんだ」なんて判断は間違いである可能性が大ですよ。

恐怖心からの先手必勝みたいなものだと考えてください。

対処法は、これまでに何回も書きましたが、日常生活の中で、繰り返し、繰り返し「私がいるから大丈夫なんだよ」ということを教えることです。

実践的な方法は、とにかく、横に付いて歩く習慣を徹底することですね。

リーダーウォークなんてことは言いませんが、「横について歩かせる」ということは、重要です。

やり方は、先程の「引っ張り防止」を応用して下さい。

次に「俺が守る」的な行動の対処法です。

実はこれ、女性の方だけで散歩をするときに出やすい行動です。

これは、かなり攻撃的になっている場合があります。

実は、「怯える場合」と治し方は一緒なんですが、原因が違うので私が守ってあげるから的な「優しさ」だけでは解決出来ない場合があります。

どうしても飼い主さん(特に女性ですね)の力強さを強調しなければいけないケースが考えられるんですね。

先程以上に、横について歩かせることが重要ですし、歩かせ方もてきぱきとした厳しい感じにする必要があります。

意図的にちょっと、ハードな散歩をするんですね。

歩調も速く、匂い嗅ぎも一切させない!みたいな感じです。

最初のうちは上手く出来ないかも知れませんが、手順は一緒ですから、女性でも十分に実践可能だと思いますよ。

さて、今日は「文化の日」。

皆さんはどんな「文化」を楽しまれましたかね。

私はゴル男と昼寝・・・

といきたかったんですが、カミさんのお供で買い物に行きました。

ドッグランで一日中犬達の相手をすると、どこか「心地よい疲労感」があるんですが、今日はただただ疲れました。

皆さんは如何だったでしょうか?

さて、リハビリランに関するお問い合わせ、私へのメッセージやご相談は、このブログへのカキコミかWan‘s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

なお、ご相談に関するカキコミは非公開とさせていただき、私から直接回答させていただきますから、ご遠慮なくお願いします。

ということで、今回はここまでです。

これからも、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書いていきたいと思いますので、次回も、また、乞う、ご期待!

« フレブルのリハビリは根気の一語 | トップページ | 犬の遊び、狼の遊び »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フレブルのリハビリは根気の一語 | トップページ | 犬の遊び、狼の遊び »

ゴル男の仲間達