フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬はいつも一生懸命 | トップページ | フレブルのリハビリは根気の一語 »

2011年11月 1日 (火)

噛む犬、噛まない犬

さて、今回は、分かったような分からないようなテーマですが、これはリハビリの際に結構、私達が注意していることです。

どんなことかというと、犬同士がごちゃごちゃっとする時に噛む仔と噛まない仔がいるってことなんですね。

当然、本気の喧嘩の際には、全ての犬が「噛む」と思いますが、軽くもめる程度の際には「全く噛まない」という仔もいるんですよね。

ちなみにゴル男は噛まれても噛み返すことはしませんし、葉月に至っては「なだめる行動」はしますが、応戦することすら全くありません。

これって一目瞭然なのですが、書いて表現するのは若干難しくて、例えば、ゴル男の場合、相手の仔が挑み掛かってきたときには、体当たりをしながら、手で背中を押さえつけにいきます。

そして相手の仔が落ち着いたら、自分の匂いを自由に嗅がせるって感じですね。

葉月の場合には、尾を上げ、軽く動きながら相手の仔に落ち着くようにアピールしますね。

ここでは、尾を上げている事が重要で「決して恐れてはいないわよ。とにかく落ち着きなさい!」って感じですかね。

まあ、「管理犬」と称している以上、当然、ここで先方の仔を噛んだりしてはいけないんですけどね。

実は、リハビリ中の仔でも「噛む仔」と「噛まない仔」の両方がいます。

噛むと言っても、軽いので「大喧嘩」になったなんてことはありませんが、「口を使う」といった感じの仔は結構多いです。

まあ、特に問題の無い仔でも、遊びに誘う際や、遊びの際中に口を使う仔は多いので、問題はその「程度」ということになりますけれどもね。

臆病な仔や犬の社会化の不足している仔の場合、この「程度」が良く分からずにトラブルになるなんてこともあるようです。

こう書くと、噛む「程度」が分かれば良いのかと思われるかも知れませんが、実際にその「程度」を人が教えることは難しいですね。

対、人に関しては「食餌」の際や「おやつ」を与えるときに人の手に対する接し方、口の使い方を教えることは可能ですけれどもね。

犬同士の場合は正直、人の関与は難しいです。

ここで、穏やかな仔達の協力が必要になるんですね。

「そんなに強く噛んじゃ、いけないよ。」ということを学習させてくれますからね。

通常、その程度のことは社会化期で学ぶんですが、これが不十分な仔もいるんですね。

これまでも何回もキーワードとして使ってきましたが「犬の社会化」というのは、本当に重要なことで、これが出来ていれば、少なくとも対犬関係は順調に行く筈なんですね。

ちなみにこの社会化期に狼を犬と一緒に育てると、本来、遠吠えしかしないはずの狼も、少し変らしいですけれども「ワン、ワン」と吠えるようになるそうですよ。

逆に犬を狼と一緒に育てると、立派な遠吠えをするようになるそうです。

また、脱線しましたね。

話を戻します。

ところが、残念なことに、社会化が不足している仔って結構多いような気がします。

本来ならば、何をしても、叱られたり制裁を受けたりする筈のない仔犬が襲われたなんて話も聞いたりします。

直接の原因は分かりませんが、ちょっとせつない話ですよね。

皆さんの愛犬は如何ですか?

「噛むのは家具限定」程度なら仕方ないですよね。

私はそう思っています。

今回は、ちょっと短めですが、これから、ご相談者の方への返信もしなければならないので、この辺で失礼します。

さて、リハビリランに関するお問い合わせ、私へのメッセージやご相談は、このブログへのカキコミかWan‘s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

なお、ご相談に関するカキコミは非公開とさせていただき、私から直接回答させていただきますから、ご遠慮なくお願いします。

ということで、今回はここまでです。

これからも、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書いていきたいと思いますので、次回も、また、乞う、ご期待!

« 犬はいつも一生懸命 | トップページ | フレブルのリハビリは根気の一語 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬はいつも一生懸命 | トップページ | フレブルのリハビリは根気の一語 »

ゴル男の仲間達