フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬の混乱、飼い主の混乱 | トップページ | 噛む犬の治し方 »

2011年11月 7日 (月)

わがままな飼い主

さて、今回は、同じ家庭の飼い主さんでも愛犬への対応が全く違ったりしている、ということから書きますね。

先ずは、実例を書きます。

ということで、我が家の実態なんですが、私とカミさんでは、ゴル男に対する接し方が全く違います。

私は、一応、こんなブログも書いていますし、団体もやっていますので、ゴル男への接し方も、まあ「理論的」にしている?つもりです。

しかし、カミさんは「感情」特に「愛情」だけで接しています。

ですから、我が家では、訳の分からない会話がすごく多いです。

例えば、私が「馬鹿ゴル」とか言おうものなら、即座にカミさんが「そんなこと言ったら、ゴル男が傷つくでしょ!」と、あたかもゴル男が我々の全ての会話を理解しているかのような物言いをします。

私に対しても、とにかく「そんなことをしたら、ゴル男が可哀想でしょ!」「ゴル男は分かっているよね~」とか、とにかく甘やかし放題ですね。

そして家の中で遊ぶのもカミさんだけです。

まあ、本当によく一緒に遊んでいます。

私が居間で横になっていると、「邪魔!」とか言われて、ゴル男と遊ぶ場所確保のためにどかされることなんて日常茶飯事ですね。

散歩の仕方も違います。

通常、夕方の散歩はカミさんが、夜の散歩は夫婦揃ってとなるんですが、土曜日とか休日とかは、朝の散歩とか昼間の散歩とかも増えて、結構、散歩の回数が増えるんですね。

その際には、「私だけ」や「カミさん」だけといった散歩もします。

そんなときの散歩なんですが、カミさんの場合、近所に「犬友達」の奥様方がいらっしゃるせいか、とにかく「長~い散歩」をします。

長い、と言っても「距離」ではなくて「時間」なんですよ。

まあ、犬の散歩兼井戸端会議なんですね。

散歩の仕方も「ゆるゆる」です。

匂いは嗅ぎ放題、歩調もだらだらしているようです。

これが私だけの場合には、最初にゴル男の用足しを済ませたら、後はひたすら歩いて帰ってくるだけです。

こんなにゴル男との接し方が違う夫婦なんですが、唯一、同じことが言える部分があります。

それは、全て「私達の都合でやっている」ということなんですね。

いくらゴル男に甘いカミさんでも、遊ぶときとか散歩に出るタイミングとかは全てカミさんの都合で決めています。

もちろん、私も同じです。

ゴル男は全てのことを「私達飼い主に決められている」んですね。

これって、結構、重要なことで、「人の都合で動く」という習慣は身につけさせる必要があります。

まあ、わがままな飼い主さんになりましょう!ってとこですかね。

皆さんは如何ですか?

きちんと「わがまま」をしていますか?

さて、リハビリランに関するお問い合わせ、私へのメッセージやご相談は、このブログへのカキコミかWan‘s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

なお、ご相談に関するカキコミは非公開とさせていただき、私から直接回答させていただきますから、ご遠慮なくお願いします。

ということで、今回はここまでです。

これからも、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書いていきたいと思いますので、次回も、また、乞う、ご期待!

« 犬の混乱、飼い主の混乱 | トップページ | 噛む犬の治し方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の混乱、飼い主の混乱 | トップページ | 噛む犬の治し方 »

ゴル男の仲間達