フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 嬉しい出来事 | トップページ | 猛犬から名犬への第一歩 »

2011年10月17日 (月)

リハビリラン再開!

さて、今回は、昨日(16日)に再開したリハビリランの様子を書きますね。

参加してくれたのは、パコちゃんというG.シェパード5歳の女の仔でした。

わざわざ、5時間近く掛けてやって来てくれました。

まあ、それだけ真剣に悩まれているということなんでしょうね。

実際にお会いして、お話してもその真剣さはよく分かりました。

さて、受け入れ側の態勢は、管理犬バーニーズの葉月、同見習いMIXのはぐ、ゴル男、そして後から卒業生の黒ラブのトレジャーというメンバーでした。

到着時のパコちゃんはかなり落ち着いていて、また、しっかりと訓練を受けた仔なんだなという印象でした。

実際の様子を書きますね。

私達のランでは、相談者が初めてお見えになった際には、ワンコに不必要な緊張感を与えぬよう、受け入れ側は全員がリードを付け、出入り口から離れた場所に待機します。

受け入れ側の準備が整ったら、入場してもらいます。

この際には、ずっと管理人の一人が一緒にいます。

今回は「私」が付き添いました。

そして、「問題犬」と言われる仔がさほど興奮していないようなら、入場後、即座にリードを外してもらいます。

もちろん、パコちゃんの場合は、即座に外しました。

それから、飼い主さんに、待機している仔達からは反対の方向にワンコを誘導してもらいます。

今回は、ここまで何の問題もありませんでした。

私の印象は、よく飼い主さんのいうことを聞くし、本当に良い仔だなって感じでした。

次に私が離れた場所に居たゴル男を迎えに行き、リードを付けたままパコちゃんに近づきました。

実はここでパコちゃんがちょっと反応し、グチャグチャっとしましたが、私は即座に持っていたゴル男のリードを放し、後はゴル男に任せました。

ゴル男は、このようなケースは十分に経験済みなので、手出し口出しは一切無用なんですよ。

ゴル男は即座に「まあ、落ち着けよ。俺は何もしないから、お前の自由にしていいから」といった感じでパコちゃんをなだめました。

パコちゃんは落ち着きを取り戻し、緊張しながらも、十分に時間を掛けてゴル男の全ての匂いを嗅ぎました。

その間、ゴル男は微動だにしませんでした。

実は、ここが肝心なんです。

パコちゃんのように「犬が苦手」という仔の場合、ほとんど全てと言って良いほど「臆病な仔」なんですね。

ですから、この際に相手の仔がちょっとでも動くと、すぐさま、反応してしまい「戦闘モード」に入ってしまうことがあるんです。

まあ、管理犬として既にベテランのゴル男は、私の言うことは一切聞きませんが、こういった時の犬扱いは上手なんですね。

そうしてゴル男とパコちゃんの関係はケリが着きました。

それ以降、一切問題はありませんでした。

葉月とは最初から、全く敵意のないお姉さんといった感じで何の問題もありませんでした。

残った管理犬見習いのはぐとは若干ゴタゴタを繰り返しましたが、はぐが「近寄らないで」「敵意はありませんから」とか身体を使った表現をして「闘争」なんてことにはなりませんでした。

一通りの対面を済ませてからは、みんなでBBQでランチ。

もちろん、犬達も一緒です。

パコちゃんも、ずっとノーリード、かつ、非常に良い仔で過ごしました。

管理人とフリスビーで遊んだりもしましたよ。

そんなことをしているうちに、卒業生のトレジャー登場。

トレジャーとは以前白馬で会ったことがあるとのことでしたが、結果的には、二度ほどガウガウしました。

まあ、トレジャーが一切攻撃的な素振りは見せなかったので「闘争」なんてことにはなりませんでしたが、パコママには相当ショックだったようです。

これにはちょっとした伏線がありました。

原因は白馬での出会いに遡ります。

実は初対面で、やはりちょっと揉めたそうなんです。

そのことをママさんが私に「今日は大丈夫でしょうか?」と言われたので、「そんなことを考えちゃ駄目ですよ。余計にパコが緊張しちゃいますよ」と話していたので、その分、ママさんにはショックが倍増しちゃったんだと思います。

私は良く言うんですが、「犬に関して言うと、悪い予感は必ず当たる」ということ通りになっちゃったんですね。

その時からは、パコちゃんもトレジャーも互いに意識はしているものの、離れた場所に居ました。

それでも誰もリードを付けることもなく、同じランで過ごすことが出来ました。

まあ、簡単に書くと、理由は、パコちゃんが呼び戻しに完璧に応えていたこと、そして、トレジャーが安全地帯にずっと居たことによるんですね。

これには私はお互いのワンコを本当に感心しました。

特に久々にあったトレジャーの成長には、正直、驚かされました。

昔「猛犬」、今「名犬」といった感じで、すごく嬉しかったです。

まあ、トレジャーから私への「ご挨拶」は一切ありませんでしたけれどもね。

残念!

まあ、そんな感じの一日でした。

もっと細かなことや解説は日を改めて書きますね。

さて、今回は、お知らせがあります。

これまで私へのメッセージはWan‘s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いしていましたが、これからはこのブログへのカキコミでも対応させていただきますよ。

通常、カキコミは私の承認後に公開しますが、ご相談に関しては常に非公開とさせていただき、私から直接回答させていただきますから、ご遠慮なくお願いします。

ということで、今回はここまでです。

これからも、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書いていきたいと思いますので、次回も、また、乞う、ご期待!

« 嬉しい出来事 | トップページ | 猛犬から名犬への第一歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬉しい出来事 | トップページ | 猛犬から名犬への第一歩 »

ゴル男の仲間達