フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬との穏やかな散歩に向けて | トップページ | 嬉しい出来事 »

2011年10月15日 (土)

犬からの教え

さて、今回は、私の経験と反省点を踏まえて書きたいと思います。

これまでも何回か書きましたが、私は50歳まで「大の犬嫌い」でした。

前から犬が歩いてくると、道を変えたりするほど苦手だったんですよ。

それがひょんなきっかけからゴル男を我が家に迎えることになり、そこから格闘の日々が始まり、それを克服するために犬の専門家が多く集まるドッグカフェに毎晩毎晩通い、色々な方の意見を聞き、大いに振り回され、結果、「自分で解決するしかない」と思い始め、独学で犬に関する勉強を始めたんです。

しつけ本やら研究者の書いた本やら、狼の研究本、犬種に関する本・・・、とにかくありとあらゆるジャンルの本を読みました。

そして、仲間と一緒にNPO法人を立ち上げ、梨畑をお借りして、小さな小さなドッグランを作り、問題犬とされている仔達のリハビリをやるようになりました。

このブログも少しでも「手に負えない」なんて言われている仔を減らしたくて始めたんですよ。

ですから、他の方の書くブログと違い写真は一枚もないし、妙に理屈っぽい文章ばかりになっているんですね。

まあ、いつもいつも反省してはいますけどね。

でも、実際にワンコにも飼い主さんにも会わないで、問題解決のアドバイスをするって本当に難しいです。

何と言っても、問題の「原因」が分かり難いので、どうしても回答が総論的になってしまいがちなんですよ。

そうすると、なかなか良い結果が得られないなんてことも起きてしまいます。

正直に書くと、ご相談のメールからは原因がほとんど分からないなんてことも多いです。

これが実際にワンコにお会い出来ると、直ぐに分かったりするんですよね。

本当に「犬が」教えてくれますから。

敢えて書くなら、「犬の問題」ではなくて「飼い主さんの問題」なんてケースもあったりしますよ。

ワンコは自分の命を委ねている飼い主さんのことを全神経を集中させて観察しています。

多分、飼い主さんの感情の変化の微妙な部分まで読み取っているんだと思います。

ですから、飼い主さんの動揺や不安感などというのが簡単に犬に伝わってしまうんですよね。

犬はずいぶんと多くの情報を教えてくれます。

体罰を受けたことがあるのか、日頃きちんとしたケアをしてもらっているのか、ちゃんと飼い主さんに守ってもらっているのか、運動量は足りているのか・・・本当に色々なことを教えてくれます。

そこで私達リハビリランの管理人は「犬から教えてもらったこと」から原因を探り、リハビリを始めるんですね。

管理犬達が犬社会のルールを教え、私達管理人が飼い主さんに日常生活での注意事項をお話したりします。

とかく飼い主さんが誤解されているのが「犬とすれ違う際に吠えてしまう」という、一面的なことだけを「問題」として捉え、そこだけを何とかしたいと思っていることなんですね。

問題の根本はそこにはありません。

日常生活から始まっているんですね。

確かに経験不足で「犬が苦手」ということは事実だと思います。

でも、飼い主さんが愛犬のことをもっと信じてあげて、お互いの絆をしっかりとすることによって、解決できることも多いんですよ。

経験不足は経験させてあげることで補っていくしかありません。

でも、愛犬と飼い主さんの間にしっかりとした絆が出来ていれば、「問題」なんて極端に少なくなると思います。

人と一緒に暮らすうえでのルールを教えてあげることが「しつけ」だと思います。

そしてそれと同じように様々なことを「教えてあげる」ことで絆が深まって行くのです。

犬は私達のところに来たときには「無垢」であって「何も知らない」のです。

だから、人社会での犬の生活全てを教えてあげなければいけないんです。

そして、くどいようですが、本当に犬は人をよく観察しています。

例えば、ゴル男は私がスーツを着ていると「オヤジは仕事だな。」と思い、私の行動に関与しようとはしません。

でも、普段着で出掛ける支度を始めると、玄関に行って私の来るのを待ちます。

これは私がスーツ姿でゴル男の相手をすることがないこと、また、普段着を着たら「一緒に出掛ける」ということが多いから、それをゴル男が学習したんですね。

でも、このことだって、私がスーツを着たままゴル男を散歩に連れていったりしていたら、学習することは出来ないですよね。

極端な例を書きましたが、犬との暮らし、犬に色々なことを教えてあげることは、そんな簡単な日常生活の工夫から始まっているんですよね。

皆さんはどうでしょうか?

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 犬との穏やかな散歩に向けて | トップページ | 嬉しい出来事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬との穏やかな散歩に向けて | トップページ | 嬉しい出来事 »

ゴル男の仲間達