フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ある意味、愛犬放棄!? | トップページ | 問題犬とお散歩 »

2011年10月12日 (水)

ドッグランデビューのポイント

さて、今回は「ドッグランデビューのポイント」と題して、実際にドッグランに行くときにはどんな風にしたら、事故もなく楽しく遊べるのかを書きますね。

まあ、以前にも何回も書きましたが、最近、新規のご相談者も増えてきましたので、改めて書くことにしました。

前回も書きましたが愛犬とノーリードで過ごすということは、ある種飼い主さんの憧れでもありますよね。

愛犬にしても、自由にのびのびと走り回れる事は楽しいことです・・・か?

実はここを勘違いされている飼い主さんが非常に多いんですよね。

本来、ドッグランという場所はワンコと飼い主さんが一緒に楽しむ場所なんですよ。

ワンコにとって、飼い主さんの存在感なしで「楽しい」なんてことは有り得ないんですね。

実際、私達のドッグランに来る「問題のある仔」の場合、全く飼い主さんの存在を無視して走り回り、他の仔にちょっかいを出して、問題を起こす場合が圧倒的に多いです。

???って感じですか?

実は、飼い主さんとの絆がしっかりしている仔は、飼い主さんを中心に走ったり遊んだりするんですよ。

他の仔と遊んだり、一、二周したりしたら、常に飼い主さんの元に戻り、一回休憩、みたいな動きをします。

ここがポイントなんですね。

常に飼い主さんを意識した行動をとることが重要なんです。

そしてそれが、命を委ねた飼い主さんへの素直な気持ち⇒「あかし」なんですよ。

ここで一つ、ドッグラン選びのポイントを書きますね。

初めてのドッグランに行く場合には、場内を見て、そんな動きをしている仔が多く見られるところが良いですよ。

ちなみに、週末のドッグランには常連さんが多いですよね。

挨拶がてら、そんな方の話を伺うのも良いでしょうが、ドッグランの外からでも少しだけ様子を見ているだけでも分かりますよね。

やばそうな組み合わせの飼い主さんとワンコの存在は直ぐに分かりますから。

そこで「安全性」を確認するとよいと思います。

飼い主さんは井戸端会議に夢中でも、愛犬が飼い主さんを意識してさえいれば大丈夫です。

それがないと、やはり、小さなトラブルは多いと思いますよ。

まあ、私としては、あまり神経質になるよりも、思い切って「入る」ということも大事だと思いますけれどもね。

愛犬の行動を制御、特に「呼び戻し」に自信の無い方は、少し注意した方が良いかも知れません。

そんな場合には、とにかく一緒に行動することです。

愛犬に声を掛けて、自分を追わせる、なんてのが良いですよね。

そして追いついてきたら、止まって、きちんと誉めてあげることです。

呼び戻しの練習にもなりますしね。

あとは「待て」の練習や「持って来い」の練習も良いかも知れません。

最初のうちは、とにかく、他のワンコと遊ばせる、ということよりもご自分が愛犬を遊びに誘うことです。

そんなことをしていると、その遊びの様子に興味を持った仔達が近づいて来たりします。

そこから「犬同士の遊び」に移行することも多いんですよ。

ただし、そうなったら、飼い主さんの干渉は不用です。

むしろ邪魔な存在になります。

声掛けもしない方が良いです。

無言で少し離れたところから、見守ってあげて下さい。

とにかく、あとは犬達にお任せにするんですね。

何か起きたとしても、単純に謝れば済むことです。

本気の喧嘩なんていうのは、滅多に起きませんよ。

飼い主さん同士の井戸端会議にでも参加して下さい。

ドッグラン初心者であることを正直に伝え、愛犬に問題があるとするなら、そのことも伝えておいた方が良いですよね。

ドッグラン内での井戸端会議にも、やはり、中心となる方がいますから。

そんな方にお話を伺うことも、良い経験になると思いますよ。

でも、ただ「聞くだけ」にして下さい。

参考にならない「犬名人の感覚」も非常に多いですからね。

まあ、大人の対応をすれば良いというところですかね。

ただし、そんな時でも、自分のところに戻って来た愛犬に対する声掛けはお忘れなく。

最後に、飼い主さんにとっては若干ショックなことを書きますね。

実は「犬関係に問題がある仔」の場合、飼い主さんがいなくて、私達管理人の他、全くワンコだけにすれば何の問題もなく過ごせる可能性が高いです。

ここもポイントなんですね。

飼い主さん不在のワンコだけの遊び。

これが犬関係の構築には非常に効果的です。

飼い主さんが一緒だと他のワンコと上手に過ごせない仔も飼い主さんがいないと何の問題もないことが多いです。

何故だと思いますか?

何故、飼い主さんがいると愛犬が余計な行動を取るんでしょうか?

答えは「中途半端な服従心」や「飼い主さんへの甘え」なんですね。

まっ、このことは、また改めて、次回にでも詳しく書くことにしますね。

ということで、今回は、ここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« ある意味、愛犬放棄!? | トップページ | 問題犬とお散歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ある意味、愛犬放棄!? | トップページ | 問題犬とお散歩 »

ゴル男の仲間達