フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬の問題解決の第一歩 | トップページ | 猛犬トレーニングのすすめ »

2011年10月 8日 (土)

犬の興奮スイッチの切り方

前回、中途半端な形で終わりましたが、今回は、ちょっと深く「興奮状態になった犬のスイッチの切り方」について書いてみたいと思います。

ただし、犬同士で取っ組み合いの喧嘩の最中とかの興奮状態とは訳が違いますからね。

そんなときはスイッチのオフとかのレベルではなく、ただ必死に止めるしかありません。

まあ、フレブル同士の喧嘩程度なら止めるのもそんなに大変ではありませんが、これが大型犬同士になってしまうと、こちらも必死にならないと止められないですからね。

ここで、少しだけ自慢すると、ゴル男は私が「止めろ」と言えば、例え唸り声を上げて格闘していても止めますよ。(これにはちょっとした秘訣があるんですけれどもね)

ここでいう興奮状態とはそんなことになる前のお話です。

具体的に書くと「吠える」「毛を逆立てる」ってレベルのことです。

普通、飼い主さんは愛犬が「この状態」になると慌てるんですよね。

まあ、その段階になってから止めることも可能ですが、出来ればその状態の前で何とかしたいですよね。

つまり、何故、そんな興奮状態になってしまうのか?という原因をはっきりとさせることが大事です。

前にも書きましたが、そんな時、ワンコは飼い主さんの存在を全く忘れてしまうんですよね。

飼い主さんの声が全く聞こえていないんじゃないかと思える仔さえいますよね。

こんなとき、プロの方は「服従」が入っていないとか言われることが多いですね。

確かにそういうこともあると思います。

とにかく、飼い主さんの気持ちを一切無視した行動を取る訳ですから。

確かに「服従」は入っていないんでしょうね。

でも、私はそんなに難しいことは言いません。

日常的な問題としては、前回書いたように「散歩の仕方」で大きく改善出来ると思います。

ただ、これが初めてのドッグランに行った時みたいに特殊な状況な時にはどうしたらよいでしょうか?

リードを外した状態での犬の行動を制御するにはどうしたら良いでしょうか?

例えば、愛犬が離れたところにいる他のワンコに近づいて行きました。

このままだと、毎度の事ながら、吠え掛かってしまうかも知れません。(ちなみに私はそれはそれでオッケーだと思っていますけどね)

こんな時に有効なのは「大声」です。

馬鹿馬鹿しいと思われるかも知れませんが、低いトーン&大きな声で愛犬の名前を呼ぶことで、結構、効果がありますよ。

タイミングが遅くなると難しいですが、行こうとした瞬間とか、吠えようとしたときなんかには効果があります。

何かをしようとしたし始めた瞬間が効果的です。

はっとして我に戻るんですよね。

それでこちらを向けば、大丈夫です。

呼び戻して優しく声を掛け、落ち着かせるようにしましょう。

実際、私達がリハビリしているときに良く使う手ですが、この手でトラブルを未然に防いだことは何度もありますよ。

ただし、甲高い声は駄目、そして、一発勝負です。

連呼してしまうと、犬によっては「声援」と受け止め、相手のワンコに向かってまっしぐら、なんてことも起きてしまいます。

ここは気合を入れて腹の底から声を出すことです。

それでも愛犬が吠え続けたりした場合には、ゆっくりと近づいて、首根っこを掴んで軽くゆすり「いけない」と、やはり低い声で言います。

このときには大声を出す必要はありません。

そして、優しく「おいで」と声を掛け、先方の仔から離して、しばらくは飼い主さん自身が一緒に遊んであげて下さい。

これがタイミングが遅れて、一触即発なんて雰囲気になってしまっていたら、声は出さずに先方のワンコとの間に身体を入れて、愛犬を違う方向に連れていって下さい。

実はこんな時に下手に声を掛けてしまうと「ゴー(行け)」と受け止める仔もいるんですよね。

まあ、緊急時の対処法を少し書きましたが、実は、それよりも、もっと効果的な方法もあるんですよ。

あることはあるんですが、皆さんにお薦め出来る方法でもないし、またまた長くなりそうなんで、それはまた、機会を改めて書きますね。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 犬の問題解決の第一歩 | トップページ | 猛犬トレーニングのすすめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の問題解決の第一歩 | トップページ | 猛犬トレーニングのすすめ »

ゴル男の仲間達