フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ドッグランデビューのポイント | トップページ | 犬との穏やかな散歩に向けて »

2011年10月13日 (木)

問題犬とお散歩

さて、今回は、前回書いた「ドッグランデビューのポイント」の続きから書きますね。

先ずは、補足説明から書きますね。

よく、ドッグランに入ってから、愛犬を落ち着かせようと、リードを付けたままの状態で他のワンコと「ご挨拶」をさせようとする方がいらっしゃいますが、落ち着いている仔ならともかく、不慣れな仔の場合、相手が自由で自分だけがリードを付けているなんていう状態は最悪ですからね。

吠えたり、唸ったりなんてことが起きる事が容易に想像出来ます。

とにかく、ドッグランに入ったら、他の仔達が近づいて来る前に、とにかく素早くリードを外してあげて下さい。

仮にリードを付けたままで、他の仔達が近づいてきた瞬間に愛犬が吠えてしまったとしましょう、慌てた飼い主さんがその状態でリードを強く引き「○○ちゃん!いけない!」なんていうのは愚の骨頂です。

そんなことをしたら、落ち着くどころか、大興奮間違いなしですね。

それで落ち着くとしたら、かなり服従が入っている仔でしょうし、日常生活でも何の問題も起きないと思いますよ。

これも重要なポイントですから、お忘れなく。

それから、入口付近に他のワンコがたむろっているような場合、飼い主さんが少しでも不安を感じるようでしたら、その際には無理に入る必要はないですよ。

犬関係に問題がある仔の場合、そんな状態を見るだけでも興奮してしまうことがありますから。

ですから、ドッグランデビューをする際には時間帯を選んで、なるべく空いている時に行くと良いですね。

自分達が先に入場して、前回書いたように愛犬とたっぷり遊んでから、徐々に他の仔達が増えてくる、なんていう状況がベストです。

さて、ここからが本題です。

前回、最後に何故、飼い主さんがいると愛犬が余計な行動を取るのか、ということについて書きますね。

「中途半端な服従心」や「飼い主さんへの甘え」が答えだ、とも書きました。

今回は、その辺のところをもう少し詳しく書きますね。

とかく問題があると言われる仔の場合、圧倒的に臆病な仔が多いです。

臆病なるがゆえに興奮し「吠える、暴れる」なんてことをするんです。

このリハビリ方法について、プロの方の中には「服従訓練が有効」とおっしゃる方々がいます。

功罪いろいろあると思いますが、はっきり言って、私は反対です。

例えば、散歩中に他のワンコに遭遇してしまった場合、きちんと服従が入っていれば、確かに「待て」とか「臥せ」とかのコマンドで何事もなく通過することは出来ると思います。

そして、他のワンコとすれ違っても、何も嫌な事は起きないんだ、ということを学習することはあると思います。

多分、その延長線で問題を克服する、というのが問題解決法だという意見だと思います。

でも、それは問題の根本の解決にはつながらないですよね。

多分「犬嫌い」は治らないでしょう。

問題は「その次」なんですから。

仮にすれ違う犬が攻撃的な反応を見せたら、どうしますか?

対応に苦慮する問題ですよね。

それを克服出来るまでにするのは、はっきり言って我々普通の飼い主には無理だと思います。

そして、そんな仔の場合、例えば、ドッグランに行って自由の身となっても、本人(犬)はどうしたら良いかますます分からなくなってしまうんですよね。

他のワンコに対する対応の仕方が全く分からず、飼い主さんのコマンド無しでは何も出来なくなってしまう恐れがあります。

まあ、ちょっと極端な意見かも知れませんけれどもね。

でも、実際、私達のリハビリランに来られた方の大多数がこのパターンです。

みんな一応にある程度のコマンドは入っているんですよね。

でも、対犬関係は全く駄目。

「待て」と言われている間は、じっとしているんですが、「よし」と言われた瞬間に他の仔に一直線という仔もいましたよ。

まあ、トレーナーさんや訓練士さんの「腕前」が一番の問題だとは思いますけれども、こんな問題もありました。

さて、じゃあ、こんな場合にはどうしたら良いのか。

またまた、長くなりそうなので、この続きは、また次回書きますね。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« ドッグランデビューのポイント | トップページ | 犬との穏やかな散歩に向けて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドッグランデビューのポイント | トップページ | 犬との穏やかな散歩に向けて »

ゴル男の仲間達