フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 問題犬とお散歩 | トップページ | 犬からの教え »

2011年10月14日 (金)

犬との穏やかな散歩に向けて

さて、今回は、前回に続き、一応、私なりの問題解決法を軽く書いてみたいと思います。

散歩中に起きる問題やドッグランでの問題についての解決法ですよ。

まあ、軽く「糸口」程度に読んでいただければと思います。

大雑把に書くと二つの方法があります。

①他の犬に教えてもらう。

ドッグランとかで、実際に落ち着いた仔達の中に入れて、「犬の安全性」や「接し方」を教えてもらうんですね。

私達のランの場合、この役割を演じているのが「管理犬」です。

特に、犬の社会化が不十分であったり、幼い頃に他のワンコに襲われたりしたトラウマのある仔には効果的だと思います。

ただ、飼い主さんには一切無関係のままリハビリをすることになります。

まあ、こんな環境にない方の場合には、落ち着いたワンコに協力してもらい、一緒に散歩をしたり、ドッグランデビューの仕方でも書きましたが、空いているドッグランで経験を重ねることが効果的だと思います。

とにかく、恐怖心を安心感⇒楽しみに変える必要がありますからね。

次に

②飼い主さんがとにかく愛犬に安心感を与えてあげる。

これが一般的な方法ですね。

やはり、一度でも他のワンコに吠え掛かったりすることを経験してしまうと、飼い主さん自身が不安感を持ってしまったりするんですよね。

そうなって来ると、愛犬はもっと不安になり、異常に興奮しやすくなったりしてしまう⇒

そしてその状況を回避するために、飼い主さんは色々と否定的な行動に移ってしまう⇒

愛犬の緊張感がさらに高まる、といった負のスパイラルが発生してしまうんですね。

特にお散歩の場合、リードでつながれている事自体が臆病な仔にはストレスなのに、そこに苦手なワンコが登場したら・・・

とにかく「この足の遅い飼い主とリードでつながれていたら、逃げようがない」と思い?恐怖心から、吠える、暴れる、飛ぶ、跳ねる、なんてことが起きると思います。

そこで飼い主さんがリードを引いて「○○ちゃん、駄目よ」となれば、愛犬は恐怖心の塊になってしまい「位置について~、よ~い!」状態に。

そして、その苦手な仔とすれ違う際には、「よし、今だ!今なら飼い主さんも応援してくれる筈だ」と勝手に思い込み、「突撃!」なんてことが起きるんですよ。

この飼い主さんが一緒だと攻撃性が強まることを被助長性攻撃性と言います。

簡単な例を挙げると、獣医さんに行くと、一般的に治療の際には飼い主さんは診察室から出されたりしますよね。

あれは、この攻撃性が出てしまうのを防ぐためなんですね。

言い換えれば、犬はせっぱ詰まると、飼い主さんは常に自分の味方だから、嫌なことには一緒に立ち向かってくれると思い込む生き物なんですよ。

では、具体的にどうすれば良いのか?

時間を掛けて、他のワンコとすれ違うときに、飼い主さんが一緒なら何も起きないことを教えてあげるんですよ。

こんな問題を抱えた仔の場合、ワンコに対してだけではなく、様々な物音にも怯えて吠えるなんてケースが多いと思います。

ですから、日常生活から「私がいるから大丈夫!何も心配いらないよ」と繰り返し、繰り返し、教えてあげることです。

「私がいるから、お前は何もしなくていいんだよ」と教えてあげることです。

以前、「猛犬トレーニングのすすめ」の回で書きましたが、犬とは一瞬にして自分の心拍数を変え、落ち着くことが出来る生き物です。

努力は必ず報われることを信じて下さい。

必ず、劇的変化が現れますから。

そして、具体的な注意事項として一番肝心なことは、愛犬が興奮し始める前に動くことです。

興奮してしまったら、変にリードを引いたりせずに、その場で落ち着くまでジャンプでも何でもさせてあげて下さい。

多分、何をしても止まらないと思いますから。

「お前は、臆病な仔だねえ~」とでも言いながら笑って、先方が通過するのを待って下さい。

それ以外に何も出来る事はありません。

散歩中に何かが起きそうになった時には、とにかく優しく、ゆっくりとしたリズムで撫でながら「大丈夫、大丈夫、散歩は楽しいねえ~」とでも声を掛けてあげてください。

他の犬をみて、吠えようが何をしようが、とにかく絶対に叱らないこと、特に大型犬の場合、とかく飼い主さんは力技に頼ろうとしますが、そんなことはあまり意味がありませんよ。

もしも、どうしても、力を使って「いけないことだ」と教えたいなら、引き倒して首に膝を入れる位までしないと駄目ですよ。

そんなことよりも、何があっても私がいるから大丈夫!このことを愛犬に理解させることです。

そして愛犬が少しでも、落ち着くことが出来たなら、たっぷりと誉めてあげることです。

他の仔とすれ違う際に、吠えたりして過剰な反応をしても決して叱らない、そして上手くやり過ごすことが出来たら、たくさん誉めてあげる。

これが重要です。

とにかく「悪い方向」を潰すことより、「良い方向」に導いてあげることに専念することですね。

またもや、長くなってきましたね。

少しだけ疲れました。

この件は、これからも、もっと詳しく書きますから、今回はここまでとします。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 問題犬とお散歩 | トップページ | 犬からの教え »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題犬とお散歩 | トップページ | 犬からの教え »

ゴル男の仲間達