フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬の育て方、パパの役割 | トップページ | フレブルのリハビリ »

2011年10月21日 (金)

犬種別のリハビリ

さて、今回は、犬の種類によって「リハビリの仕方」に違いはあるのか?ということについて書きますね。

先ず、結論から書くと、基本的にやり方に違いはありません。

だから、これまでに何回も書いた方法で大丈夫だと思います。

違いがあるとするならば、犬種特性であったり、それぞれの仔の性格の違いだったり、行動問題の違いだと思います。

では、全てが同じか?というと、実はそんなこともないんですね。

一番違うのは、飼い主さん自身の考え方、問題意識ですね。

大型犬の場合、力も強いので、飼い主さん(特に女性)自身の不安は「自分で制御出来るのか」「先方の仔に怪我でもさせたらどうしよう」といった「力」に関することが多いようです。

そこが一番の優先課題なんですね。

これに比べて、小型犬の場合、リードさえ付けていれば、十分に制御出来ますから、飼い主さんの持つ問題意識は「吠える」「興奮する」といった内容になるようです。

まあ、問題の根本は似たようなことなので、対処法も基本的には同じなのですが、飼い主さんの問題意識の違いというのは、なかなかやっかいなんですよね。

どこがやっかいかというと、小型犬の場合、たとえ女性であっても制御出来ちゃう、と思い込みやすいところなんですね。

日常のお散歩で見かける風景を思い浮かべてみて下さい。

多くの場合、大型犬や中型犬の場合はきちんと飼い主さんの横について歩いている仔が多いですよね。

もちろん、例外も結構ありますけれども。

それに比べて、小型犬の場合、フレキシブルリード(伸びるやつですね)とかで、自由に匂い嗅ぎをしたり、マーキングを繰り返している仔が多くないですね。

これは、いざとなったら何とでも出来る、という飼い主さんの安心感からそんなお散歩になっているんだと思います。

これが、問題犬と言われる仔の場合にも当てはまります。

たとえ、問題犬と言われる仔でも、大型犬の場合、先方から犬とか苦手なものが来ない限り、先程書いたように、きちんと飼い主さんの横について歩く散歩をされている方が多いようです。

これは、既にマスターした行動なんですね。

飼い主さんが愛犬が幼い頃から意識されているでしょうから。

ですから、リハビリをすることによって「劇的」に変化します。

以前、書きましたが、簡単に「猛犬」から「名犬」に変身出来るんですね。

何故だと思いますか?

答えは簡単です。

今現在、私達の周囲で見かける大型犬の多くは、元々は作業犬であって、その作業性能を高めるように改良されてきており・・・

まあ、簡単に書くと「頭が良い」からなんですよ。

そして、飼い主さんの問題意識も最初から高いからなんでしょうね。

ですから、これまで何度も書いて来たように問題の根っこの部分をクリアしてあげれば、簡単に問題は解決するんですね。

なんせ、それ以外の問題はないんですから。

ところが、小型犬、例えばフレブル(フレンチ・ブルドッグ)などの場合、私自身を例にとっても、こんな筈じゃなかったのに!という方がほとんどだと思います。

ですから、大型犬の飼い主さんのように最初から問題意識は持っていたけれども、結果的に、今現在、問題があって悩まれている方とは全く違うんですよね。

くどいようですが、大型犬や頭が良いと言われている犬種の仔の場合、ちょっとしたことで、本当に劇的に変わります。

ところが、小型愛玩犬種、特にフレブルの場合には、そうは簡単にいきません。

まあ、全部の仔とは言いませんが、我が家のゴル男を見ていると、本当にそう感じます。

覚えるまでに時間が掛かります。

とにかく「頭が悪い」んですね。

まあ、誤解されたくないので、敢えて書きますが、ここでいう「頭の良し悪し」というのは、あくまでも飼い主サイド、人の都合から見て、ということですからね。

犬が犬として行動する際の学習能力の問題ではありませんよ。

人のために仕事をするように選択育種されて来た仔達と、特に仕事もなく「見た目の改良」だけをされて来た仔達では、違って当然の「能力」のことを言っているだけです。

言い換えれば、「人の都合」に対する適応能力の違いでしょうかね。

じゃあ、「頭の悪い仔達」のリハビリにはどんな注意が必要なのか?

私が一番多く関わって来たフレンチ・ブルドッグを例にとって書いてみたいと思います。

と思ったのですが、またもや超長くなりそうなので、機会を改めて書かせてもらうことにしますね。

さて、リハビリランに関するお問い合わせ、私へのメッセージやご相談は、このブログへのカキコミかWan‘s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

なお、ご相談に関するカキコミは非公開とさせていただき、私から直接回答させていただきますから、ご遠慮なくお願いします。

ということで、今回はここまでです。

これからも、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書いていきたいと思いますので、次回も、また、乞う、ご期待!

« 犬の育て方、パパの役割 | トップページ | フレブルのリハビリ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の育て方、パパの役割 | トップページ | フレブルのリハビリ »

ゴル男の仲間達