フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬の問題は飼い主が悪い? | トップページ | 犬はいつも一生懸命 »

2011年10月30日 (日)

犬の寝床の話

さて、今回は、日常生活の中で、実際に犬にとって一番長い時間、つまり「寝る」ことについて書きますね。

ゴル男の場合、本格的に寝るときには、私と一緒に寝ているんですが、日中は全くの自由です。

まあ、それぞれのご家庭で事情は違うんでしょうが、我が家の場合、基本的にゴル男はどこで寝ても構わないことになっています。

居間のゴル男専用のソファーが定番なんですが、ゴル男の場合、その時の寒暖によって寝る場所を変えているようです。

暑くてエアコンを掛けているような日でも、暑いと感じれば、一番冷風の来る場所で寝ていますし、ちょっと冷え過ぎだなと思えば、部屋まで変えて寝ています。

絨毯の上で寝ているときもあれば、フローリングで寝ているときもあります。

3LDKのごく普通のマンションの中で、自由に好きな場所で寝ているんですね。

冬場になると、私の部屋の万年床に潜り込んで寝たりもしますよ。

でも、この「寝場所を変える」ということも、奴なりの学習の成果だと思うんですよね。

最初に書いたように、寝場所に関する選択肢は複数ある訳ですから、「どこを選ぶ」というのはゴル男の意思によるわけです。

その選択も単なる気まぐれとは思えないんですよね。

大げさに言えば「考える」ということになると思うんですよ。

これって面白いと思いませんか?

普通、犬は私達との暮らしでは、食事の時間からトイレの場所まで、全て私達の意思で決められた通りに動かねばなりません。

家の外でも、リードを付けられ、指示に従うことを求められます。

つまり、私達飼い主は犬の自由な意思決定を望むような行動はしていないんですよね。

でも、そんな犬が「考えて寝場所を決めている」。

まあ、これが「サークル内にクレートを入れて、時間を決めてサークルから出す」なんて生活の仔の場合には無理な話ですけれどもね。

そんな自由な愛犬の姿を見るのも楽しいものですよ。

私は帰宅すると、必ずゴル男に「今日は何してた?」と問いかけます。

そうすると奴は、おもちゃを取りに行ったりするんですよ。

毎回、毎回だと、ただの「習慣」だと思われるかもしれませんが、これが「たまに」なんですよね。

私は「そうか、今日はそのおもちゃで遊んでたのか。お前は良い仔だな」と言う事にしています。

皆さんのご家庭ではどうでしょうか?

愛犬との暮らしを十分に楽しまれていますか?

さて、リハビリランに関するお問い合わせ、私へのメッセージやご相談は、このブログへのカキコミかWan‘s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

なお、ご相談に関するカキコミは非公開とさせていただき、私から直接回答させていただきますから、ご遠慮なくお願いします。

ということで、今回はここまでです。

これからも、お役に立ちそうなことや楽しい話題を書いていきたいと思いますので、次回も、また、乞う、ご期待!

« 犬の問題は飼い主が悪い? | トップページ | 犬はいつも一生懸命 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の問題は飼い主が悪い? | トップページ | 犬はいつも一生懸命 »

ゴル男の仲間達