フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 別れ | トップページ | 犬と相性 »

2011年9月 8日 (木)

愛犬相談受付中!

1年振りの更新です。

最近は「犬に関する問題」のご相談も全く無くて、「世間には問題犬なんていなくなったんだな。よかった、よかった。」なんて思っていた・・・なんてことはもちろん思っていませんで、まあ、実際には、私がブログの更新をしていなかったので、そんな活動をしていないと思われていたんでしょうけれどもね。

ところが、最近、立て続けにご相談のメールをいただいたりしたので、一念発起してブログを「再開」しようと思い立った次第です。毎日は無理でも週に一回を目指して頑張りますよ~。

まあ、これまで、結構多くのメールを頂いていて、様々なケースのご相談があったんですが、これからも(現在は夏季閉場中ですが)リハビリランの活動は続けていきたいと思っておりますので、愛犬のことで、何かお困りのことがあるようでしたら、是非、ご連絡くださいね。

さて、今回は久々の「更新」ということもありますので、これまでにご相談のあった事例に多く見られた「典型的なパターン」について書くことにしますね。

①相談者は全員女性である

まあ、これはパパさんは忙しくてメールなどしていられない、ということも大きな要因だとは思いますが、実際、愛犬と一日中一緒にいるママさんに悩み事が多いというのは当然と言えば、当然なのかもしれませんが・・・

でも、実はそこに大きな問題が潜んでいるような気がするんですよね。

特に、ママさんが孤軍奮闘、なんて場合、結果的に愛犬を混乱させ、問題が生じてしまうなんてこともあるように思います。

以前、何回も書きましたが、犬にとってわかりやすい「家族の形」というのは、昔ながらの家族の関係なんですね。

一家の大黒柱として家族を守る父がいて、どんな非常時にも慌てずに常に深い愛情で家族を支える母がいる、なんて家庭が犬にとっては理想だと思います。

何といっても、自分自身の取るべき行動が分かり易いですからね。

とにかく、多くの犬、特に愛玩犬の気持ちは、寄らば大樹の陰、いつも誰かに甘えたい、が基本ですから。

しかし、現代では、こんな雰囲気の家庭って少ないですよね。もちろん、我が家も例外ではありませんけど。

ママさんにすれば「犬を飼うときに、大変だからって私は反対したのに、パパも子供たちの味方について『みんなで面倒を見るから』とか言ってたのに!結局、面倒を見るのは全部私じゃない。もちろん、可愛いから嫌じゃないけど、もう、本当に大変なんだから」なんてお宅もあるのかも知れませんね。

実は、ここから先で問題が発生しやすくなっちゃうんですね。

孤軍奮闘しているママさんが、とにかく考え過ぎちゃう。

お散歩中に他のワンコと喧嘩をしそうになったらどうしよう、「しつけが重要」と言われるけど、実際にはどうしたら良いんだろう?パパが一緒のお散歩だと落ち着いているのに私だけだと何故興奮しちゃうんだろう?とか悩んでしまい、ついつい「犬との暮らしを楽しむ」という最も大切なことを忘れてしまったりしちゃうんですね。

最悪、愛犬に声を掛けるときは「叱るとき」だけになったりしちゃう。

そんな生活は、飼い主さんは勿論のこと、犬からしても少しも楽しくないし、結果的に信頼関係も芽生えないし、状況は悪化するばかりなんてこともあります。

往々にして、ママさんの几帳面過ぎる真面目さが問題の原因になることもあります。

皆さん、「楽しむ」ってことを忘れないで下さいね。

②問題の根底には未経験または嫌な経験が潜んでいる

相談内容に多く見られるのが「他のワンコと一緒に遊べるようにしたい」ってことですね。

ところが、実際にお会いしてみると「何かしでかすのが不安で一度もドッグランに行ったことがない」なんてケースもあるんですね。

こんな場合、ほとんどの仔は何の問題もありません。

管理人の私達や管理犬が一緒にいることで飼い主さんにも安心していただけるようで、ワンコも何の問題もなく自由に遊んでくれますね。

リハビリランは一回で終了!となります。

ところが、中にはそうはいかないケースもあります。

リードを放した瞬間に管理犬に吠え掛かるなんて仔もいます。

まあ、そんな仔の場合でも、多くの場合、少し時間を掛ければ何の問題もなくなりますけどね。

「飼い主さんの愛犬に対する接し方、考え方」をほんの少しだけ修正していただければ大丈夫というケースがほとんどです。

とにかく、飼い主さんの「不安感」や「恐怖心」は確実に愛犬に伝染してしまいますからね。

飼い主さん自身が「ドッグランを楽しむ」ということが重要ですね。

一番厳しいのが、幼い頃に意味もなく他のワンコに攻撃された経験がある仔の場合です。

周囲の仔に対する警戒心や恐怖心から、どうしても攻撃的になりやすいですね。

まあ、こんなケースも「良い経験」をさせ続けてあげることで問題は克服できますからご安心下さい。

もちろん、問題のある仔を穏やかに受け入れてくれる仔達の協力が必要になりますけどね。

毎度恒例ですが、長くなりました。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 別れ | トップページ | 犬と相性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 別れ | トップページ | 犬と相性 »

ゴル男の仲間達