フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2010年9月

2010年9月20日 (月)

別れ

お久しぶりです。

最近は幾分和らぎましたが「猛暑」でしたね~。

皆さん、お元気でしょうかね?

まあ、久々の更新で「別れ」というのも如何かとは思ったんですが、今回は敢えて書くことにしました。

実は、今朝、ゴル男が幼い頃に大変お世話になったゴールデンの「ももちゃん」が亡くなったんです。

享年8歳。

本当に可愛い仔で私自身も結構そっけなくされてはいたんですが、大好きな仔でした。

残念でなりません。

そしてとてもとても悲しく寂しい気持ちで・・・

号泣しました。

でも、悲しい別れはワンコと暮らす私達にとって避けては通れない道なんですよね。

最初から最後まで面倒を見るのが飼い主の最低限の責任ですよね。

そうは言っても、これが現実になると・・・

NPO法人の理事長をしている関係もあって、悲しい別れには幾度となく立ち会ってきたのですが、こればかりは「慣れること」はないですね。

「飼い主さんの前では決して泣くまい!」と心に決めてお邪魔するんですが、やはり駄目。

自分の弱さを痛感させられるばかりです。

もちろん、今日、もも家にお邪魔した時も同じでした。

パパやママとの「深い絆」があることを知っているだけに、自分の感情をコントロール出来なくなってしまいます。

突然ですが、この「絆」って非常に大切ですよね。

このブログでも何回も書いて来ましたが、私はこの「絆」を築くことこそがワンコとの暮らしの全てだとさえ思っています。

皆さん、愛犬のことを家族だと思われていると思います。

もちろん、私もゴル男のことを大切な家族だと思っています。

でも、それと同じ、いやそれ以上に「犬」だとも思っています。

回りくどい言い方になりましたが、犬だということを大前提に「擬人化」して欲しいんですよね。

彼らの犬として生きる自由を人間の都合で奪って欲しくはないんですよ。

私はゴル男が犬として行動する姿を見るのが大好きです。

出来ることならば、100%「犬」として自由に生活させてあげたいと思います。

でも、それでは私達飼い主にとってあまりに不都合なこともあるので、最低限の妥協を求めることが「しつけ」だと思っています。

彼らに私達と一緒に仲良く暮らす為の方法を教えてあげることが重要だと思います。

どうでしょうか?

ここであまりに「人の都合」を押し付けることで犬を混乱させてしまうんですよね。

「問題犬」と言われる仔が誕生してしまうんですよ。

本当に深刻な問題を抱えている仔など滅多にいるものではないですよ。

ちょっとしたボタンの掛け違い程度の話です。

だから、簡単に治せるんですよ。

皆さんはどうですか?

愛犬の犬としての権利を理不尽に踏みにじったりはしていませんか?

出来ることならば、本当に自由にさせてあげることが一番だとは思いませんか?

私はそう思っていますよ。

そして一緒に楽しみながら確かな「絆」で結ばれることが理想だと思います。

私自身、ゴル男とそんな関係になれたらと願っています。

皆さんは如何でしょうか? 

さて、もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。 

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ! 

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。 

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。 

力になりますよ! 

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。 

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。 

« 2010年6月 | トップページ | 2011年9月 »

ゴル男の仲間達