フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« お天気の話 | トップページ | 雨の日の話 »

2010年3月24日 (水)

悲しい話

さて、今回は「悲しい話」と題して、あまり触れたくはないんですが、現実に起きている問題なので、そのことを書きますね

キーワードは「5500」。

何の数字だと思われますか?

実はこれ、私が住む千葉県で一年間に殺処分されたワンコの数です。

多いですよね~。

まあ、これが全国ともなると桁が上がって、もっと膨大な数になるんですが、それにしても千葉県だけでも相当な数になります。

ちなみに猫はこれ以上ですけれどもね。

それもほとんどが飼い主さんの持ち込みだそうです。

殺処分を望んで持ち込む飼い主さんの理由は・・・

一番は「世話が出来ない」から。

二番は「仔犬が生まれてしまった」から。

だそうです。

本当に一方的な「人の都合」です。

もちろん、行政もただ引き取って殺処分するばかりではなくて、「もう一度考えてみたらどうですか?」とか「里親を探してみてはどうですか?」とか声を掛けて、少しでも殺処分を減らす努力はしているようですが、それでもまだ、この数値。

悲しい話ですよね。

まあ、そんな現実があって、私も少しでも「手に負えない」とか「犬との生活を楽しめない」なんて方を減らしたくて、仲間とNPO法人を作って微力ながら頑張っているんですけれどもね。

でも、現実には、私達のところに相談にみえる方達は、皆さん、一生懸命に愛犬のことを考えている方なのでこんな話とは無縁なんですけれどもね。

それにしても何故、こんなことが起きるんでしょうか?

仔犬を育てるのは大変です。

老犬の介護も大変です。

生き物との関わりは最初から最後まで大変です。

でも、私はそれ以上の喜びがあると思うのですが・・・

皆さんはどうお考えでしょうか?

私はそう思って、やんちゃばかりのゴル男との毎日を楽しみながら格闘しています。

理由の二番目に「仔犬が生まれてしまったから」というのが上げられているそうなんですが、この理由には「何故?」「どうして?」という疑問が頭から離れないですね。

もちろん、私は「去勢・避妊をしなければいけないんだ!」などと言うつもりはありません。

現状では、飼い主さんの判断に委ねられていることなんですから、そのことをどうこう言うつもりはありません。

ただ、「愛犬の管理だけはしっかりして欲しい!」とは思っています。

飼い主さんが注意して必要な配慮をしていれば絶対に防げることなんですから。

今日は少し熱くなってしまいましたが、そんな悲しい話を耳にして書いてみました。

皆さんはどう思われますか?

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« お天気の話 | トップページ | 雨の日の話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お天気の話 | トップページ | 雨の日の話 »

ゴル男の仲間達