フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬と家族 | トップページ | 体罰厳禁即後悔 »

2010年2月 9日 (火)

犬のストレスと健康

さて、今回は「犬のストレスと健康」と題して書きますね。

先週の金曜日にも書いたとおり、どうも私自身が一月中旬から体調がすぐれない日が続いているんですよね。

「高熱でダウン」なんてことはないんですが、微熱が続いたり、激しい頭痛に襲われたり、ついには胸に痛みを感じたりで散々な日々を過ごしています。

これがず~っと続きっぱなしだと、本格的に「治療」ということになるんでしょうが、全く何の問題もなく大丈夫な日もあって「断続的に継続中」って感じなんですね。

もちろん、かかりつけのお医者さんに診てはもらっているのですが「薬を出しますから様子を見ましょう」が現在の診断結果。

さらに「多分、ストレスが原因でしょうから、もう少し気を楽にしてのんびりしたらどうですか?」と言われてしまいました。

まあ、実際「ストレスの原因」には思い当たるふしはあるのですが、困ったことに、これがただ、ただ、ひたすら長く続いている問題なんですね。

それにしてもそんなことが結果的に「身体」に現れてしまうなんて・・・

それだけ心身のバランスって大事なんですね。

そこでふと考えるのは「犬」のこと。

もちろん、犬にもストレスはあって、それが身体の異変や異常な行動に現れることがあるのですが、私の身体を張った「人体実験」からすると、それ程大きな問題でなくても「継続」してしまうとこれが結果的な重大な問題を引き起こす事があるような気がするんですよね。

私の場合、体調がすぐれない分、元々何が起きてもめげない元気と明るさが売りであるにも関わらず最近は些細なことが気になったり、ちょっとのことで不愉快になったりすることがあります。

それに一番困るのが中々眠れずに睡眠導入剤や「寝酒」(と言っても梅酒ですが50代半ばに至るまで全く飲めなかった私にすれば立派なお酒です)のお世話になる毎日を過ごしているってことですね。

同じような事が犬にも起きるんでしょうか?

決して大きな問題ではなくても「継続」することによって、心身に影響が出る程の問題が起きてしまうのでしょうか?

ちなみに私は間違いなく「起きる」と考えています。

私達飼い主が無意識のうちにしていることで、これが継続していたりすると犬には結構大きなストレスになっているような気がするんですよね。

誰もがご存知の典型的な例が「運動不足」。

これは説明するまでもないですよね。

運動不足は犬にとって大きなストレスになります。

次に考えられるのが「生活環境」。

寒過ぎたり、暑過ぎたり、全く自由が無かったり・・・

ありそうな話だとは思いませんか?

一般的に推奨されていて、私があまりお薦めしていないのが日常的なクレートやサークルの使用です。

特にクレートについては、犬は狭い穴倉のような場所を好む、だから犬にとっても最適と言われていますが、それは私達人間が大広間でひとりで寝るとしたら、誰しも壁際を好む、ということと大差ないと思うんですよね。

「最適」と言うほどの絶対的なものでは無いと思いますね。

ゴル男の場合、専用のソファー、クレート(二つ)を部屋の隅に置いてありますが、うたたねの際の一番のお気に入りはカミさんの膝枕ですし、お留守番の時には専用のソファー、本格的に寝る際には私の布団の中です。

実際、クレートやサークルの使用は、もっぱら人間の都合であって、犬の好みではないという考え方もあるんですね。

少しだけ書くなら、犬の祖先は狼⇒狼は巣穴で暮らす⇒だから犬も狭くて暗い場所が落ち着く⇒クレートを使えば落ち着く、という考え方からクレートやサークルを使用すると犬が安心して落ち着くと言われているんですね。

まあ、私はそうは思っていませんけどね。

私は犬を「家族」として迎え、一緒に楽しく過ごしたいと考えるならば、極力クレートやサークルは使うべきではないと思っています。

もちろん、それぞれのご家庭で色々な事情があるでしょうから、一概にその使用を全否定する気はありませんが、それでも、必要な時だけに使用すべきだと思っています。

私自身、車での移動の際にはゴル男の安全の為にクレートを使用していますし、幼い頃にはサークルも使用していました。

でも、何れも基本的にゴル男の安全の為であって、飼い主の都合ではありません。

我が家には幼い子供もいませんし、特段のアレルギー体質の人間もいませんからゴル男の居るスペースを特定する必要もありませんしね。

さらに書くと、日常的な使用には思わぬ落とし穴もあったりしますから注意が必要なんですね。

ひとつには、下手をすると犬がクレートやサークルの中を自分の「縄張り」として意識してしまい、たとえ家族であっても侵入を許さない!なんてことが起きてしまう可能性があるんですね。

さらに日常的な使用をお薦めしない理由には、単純に「犬の気持ち」ということもあるんですが、実際、サークルやクレートから出された犬は大喜びですよね。

飼い主さん達との触れ合いを素直に喜んでくれると思います。

だとしたら、やはり、犬自身は自由に過ごせる空間、家族と一緒に過ごせる時間が好きなのであって、決してクレートやサークルの中が居心地が良くて「好む」なんてことはないと思うのですが、如何でしょうか?

そう考えると、やはり、クレートやサークルは人の都合で使用するものであって、安全面を除けば決して犬の為ではないのですから、可能な限り「自由」を謳歌させてあげるべきだとは思いませんか?

人の都合でサークルやクレートに入れっぱなしで、飼い主さんと触れ合って遊ぶことも運動することも不足しているようでは、私のように体調を崩すかも知れませんし、行動問題につながってしまう!なんてことも起きてしまうかも知れません。

いかがですか、皆さんのお家は大丈夫ですか?

不当に犬の自由を奪ったりしてはいませんか?

もちろん、大丈夫ですよね。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 犬と家族 | トップページ | 体罰厳禁即後悔 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬と家族 | トップページ | 体罰厳禁即後悔 »

ゴル男の仲間達