フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬、人、ドッグラン | トップページ | 犬と家族 »

2010年2月 7日 (日)

ドッグランを楽しむ方法

さて、今回はドッグランでの遊び方と題して、何のトラブルも無く楽しくドッグランで遊ぶにはどうした良いのか?について書きたいと思います。

一番良い方法は・・・空いている所を選ぶことです、ってこれじゃ答えにならないですね。

でも、真面目な話、あまり混んでいる所はお薦め出来ないですよね。

混んでいればそれだけトラブルに巻き込まれる可能性も高くなりますし、最初はほんの小さな揉め事だったのがいつの間にか多くの仔のからんだトラブルになってしまう可能性もありますからね。

まあ、不慣れなうちはあまり混んでいるドッグランは避けた方が良いと思います。

次に、不穏な動きをしている仔がいないことを確認すべきでしょうね。

これは君子危うきに近寄らずってところでしょうか。

あとはオフ会などが開かれていて、同一犬種の仔達が多く集まっている時も避けた方が良いと思いますよ。

これは何も「オフ会」をどうこう言うつもりなど無くて、どうしてもそんな集まりだと愛犬の行動に無頓着な方が出てしまうからなんですね。

あちこちで井戸端会議が始まっていると、つい会話に夢中になって愛犬の姿を見失う、なんてことも多いと思います。

そんな飼い主さんがいるといくら自分の愛犬が大人しく遊んでいても、先方から仕掛けて来られた時に止めようがありませんものね。

まあ、そんな条件面をクリアしたら、いよいよ愛犬と一緒にドッグランで楽しく遊びましょうね。

もしも走ることが大好きな仔でしたら、先ずは自由に走らせてあげましょう。

でも、ここで一つだけ注意して欲しいことがあります。

それは、走ることの起点と終点は常に飼い主さんの居る所であることなんですね。

もちろん、ドッグランに慣れていて何の問題も無い仔でしたら一向に構いませんが、もしも初心者だったりしたら、このことは意識した方が良いと思いますね。

何故かと言うと、不慣れな仔の場合、走ることによってテンションが上がってしまい、ついつい飼い主さんの存在を忘れて遊びに夢中になってしまう恐れがあるからなんですね。

そうなってしまうと遠くからの飼い主さんの呼び声に全く反応しなくなってしまうこともあるんですね。

普段は呼べば必ず飼い主さんの下へ帰って来るのにドッグランに行くと全く戻って来ない、なんていうのはこんな状態になっているからだと思います。

ですから、ひとしきり走らせてあげたら必ず呼び戻すことを実践した方が良いと思いますよ。

あっ、念のため、ここで一つ書き添えておきますが、いくら呼んでも戻って来ないからといって絶対に「追いかけて」は駄目ですよ。

逆に名前を呼びながら自分が逃げる方がまだ得策です。

もしも戻って来ないようでしたら、ゆっくりと愛犬の側に行き、愛犬の意識が自分に向くことを気長に待つことですね。

まあ、ドッグランとは言え、基本、飼い主さんと愛犬が自由に遊べる場所であるんですから、ご自分も身体を使って土や草まみれになって運動するんだって気持ちが必要ですよね。

決して飼い主さんが楽をする場所ではないと思います。

さて、次に危険なワンコ回避の為の秘策を書きますね。

まあ、私の場合、リハビリランをやっていて、常にそんな「危険な犬」と一緒に過ごしているので分かるのですが、元々、皆悪い仔ではないので「見た目で分かる」なんてことはありません。

その時その時で変わるんですね。

例えば、「ガン見」ですね。

真っ直ぐに愛犬のことを見ているワンコは危険な香りがしますね。

距離に関係なく、さりげなく視線をさえぎることをした方が良いと思います。

次に猛ダッシュで近づいて来る仔も要注意です。

そのまま噛み付くなんてことは、先ずありませんが、周囲をウロウロし始めたりしたら注意が必要ですね。

突発的に軽い攻撃があるかも知れませんからね。

あとはどなたでもご存知だとは思いますが、声とか耳、尾の状態でも分かりますから、不慣れなうちは愛犬の側から離れないことですね。

もしも、そんな仔が来たら、飼い主さん自身の身体を犬同士の間に挟むことですね。

視線をさえぎることで防げることも多いですから。

それでも何かが起きてしまったら、先ずは「大声を出す」ですね。

これは間違いなく効果があります。

一瞬ですが、犬をハッとさせることが出来ますから。

そして犬同士の間に割って入るんですね。

まあ、一番早いのは「首根っこを押さえる」という方法ですが、これはテクニックを要しますから、あまりお薦めはしません。

ここまで書いて、ふと思ったのですが、ドッグランを「楽しむ方法」ではなくて「トラブル回避」の話ばかりになってますね。

失礼しました。

でも、トラブルが起きなければ本当にドッグランは楽しい場所だと思いますよ。

私はいつもゴル男とともに「問題犬」に囲まれながらも楽しんでばかりいますから。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 犬、人、ドッグラン | トップページ | 犬と家族 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬、人、ドッグラン | トップページ | 犬と家族 »

ゴル男の仲間達