フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 肛門嚢破裂 | トップページ | 友達の話 »

2010年2月25日 (木)

飲兵衛の話

さて、今回は以前にも書きましたが、下戸の私が最近「梅酒」を飲めるようになったので、「飲兵衛の話」と題してそのことや私の周りの「飲兵衛」の方々について書きますね。

元々、私はアルコールの類が全く駄目で、若い頃に無理やり飲まされても直ぐに頭痛がしたり気持ち悪くなったりで、結果、この歳になるまで全くの下戸だったんですよ。

それが少し前、友人にいただいたスパークリングワインを娘と一緒にほんの少しだけ飲んだのをきっかけに、残りを毎日一人でちびちびやるようになり、今では、たとえ梅酒とはいえ毎晩飲むようになったんですね。

多分、私のことをよく知る連中にしたら「信じられない!」というレベルの話だと思います。

それほどにアルコールは駄目だったんですが、最近では少し大きめのグラスに梅酒を3分の1程入れ、頭痛に苦しむことも無く、結構、美味しくいただいていますよ。

これなら「飲み会」もオッケーかも?なんて思ったりしますが、なんせビールが全然駄目なのでやっぱり無理ですね。

これは以前から不思議に思っているんですが、飲兵衛さん達はとにかく飲み物に迷うと「取りあえずビール」と言う方が非常に多いですよね。

何であんなに苦くて飲みにくいものが「取りあえず」なのか私には全く分かりません。

もちろん、中には「取りあえず」ではなく、最初から最後まで「ビールのみ!」という信念ともいえる程のこだわりで飲み続ける方もいますけどね。

ちなみに私の知り合いの「蛇女の会」のメンバーの方達がこの飲み方ですね。

ジョッキで5杯から10杯はいけるそうで「飲み放題」という言葉が何よりの好物らしく、この言葉を聞くと「つまみ」も取らずにひたすら飲み続けるとのことでした。

本当に恐れ入った方達です。

あんな苦いものを延々と飲み続けるなんて・・・

メンバーの方にお話を伺ったところ、ビールを飲む目的には「喉の渇きをいやす」ということもあるんだそうです。

だったら、水道水で良いじゃんと思いますけどね。

そういえば亡父も大飲兵衛でビールのことを「泡の出る水」と言ってましたっけ。

そんな感じで飲めるのがビールというものなんでしょうかね?

そしてさらに付け加えるならば、亡父は「飲兵衛の反省はお昼まで」とも言ってました。

二日酔いの朝、「もう、こんな飲み方は止めよう!酒も止めるか」と思うんだそうですが、昼近くになると徐々に元気を回復し、夕方になるとまた飲みたくなるんだそうです。

「とにかく反省はする、反省はするんだけど続かないんだな~」と言ってました。

まあ、私自身は「二日酔い」の経験はこれまでの人生で一度もありませんから、何とも言えませんけれどもね。

残念ながら、この血を受け継いでいるのが我が長女と姪。

二人とも吐くまで飲んだ経験者のようですし、酔うとめっぽう明るくなり、周囲の人達の迷惑も全く気にせず、自分の世界に浸れるという特技の持ち主のようです。

先日も「洗濯物を干しながら吐いた」という何だかよく分からないお話も聞きましたし、私には理解不能の飲み方をする方達です。

この連中の場合、自分に都合の悪いことは一切記憶に残さないという特技の持ち主でもあるようです。

本当に困ったものですよね。

そうは言っても、最近では私も若干アルコールを摂取するようになりましたから、何となく「良い気分」は味わっているので、ほんの少しだけですが飲兵衛の気持ちも理解出来るようになりましたけどね。

それでも酔っ払うとかは全然分かりませんけど・・・

とにかく楽しいんでしょうね。

楽しいお酒なら大いに結構ですよね。

昔は飲むと仕事の話、それも説教大好きなんて方も結構いましたが、最近ではそんな飲み方では誰からも相手にされないでしょうし、飲み会は楽しくなければ駄目ですよね。

皆さんはどうですか?

楽しく飲んでますか?

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP

http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何と言っても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 肛門嚢破裂 | トップページ | 友達の話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肛門嚢破裂 | トップページ | 友達の話 »

ゴル男の仲間達