フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬のストレスと健康 | トップページ | 犬の健康チェック »

2010年2月10日 (水)

体罰厳禁即後悔

さて、今回は私が今非常に深く反省し、かつ後悔していることについて正直に告白しますね。

私はこのブログで何度も何度も自分の感情で犬を怒るべきではない、ましてや「体罰」など論外だと書いて来ました。

実はそれを自分自身がやってしまったんですね。

簡単に事件の経過を書きます。

つい先日、いつもはカミさんを含めた三人で出掛ける夜の散歩に、たまたま私とゴル男だけで行くことになったんですね。

いつもと同様のコースを歩き、我が家の横の公園に入りウロウロし始めたときにふいにゴル男が茂みに顔を突っ込み、何かをくわえたんですね。

瞬間的に私はリードを強く引きながら、ゴル男のアゴのあたりを蹴り上げ、直ぐに顔を抑え、「出せ、出しなさい!」とかなり厳しく言いながら口をこじ開けようとしました。

ところが、その瞬間にゴル男はその「何か」を飲み込んでしまったんですね。

ここで私はキレました。

「何でそんなことをする!」と言いながら、こぶしで数回殴りつけてしまいました。

そして私から離れようとするゴル男を強く引き戻したりしてさらにきつく叱りました。

最後にはゴル男は地面に伏せたまま立ち上がれなくなってしまいましたが、それでも叱り続けました。

多分、これまでで一番激しい叱り方だったと思います。

せいぜい5分間程度だったとは思いますが、ゴル男に「恐怖心」を植え付けるには十分だったようです。

拾い食いは命に関わることだからということも勿論あるんですが、それよりも私は自分とゴル男の信頼関係が崩れたって感じがショックで我を忘れるほどに怒り狂ってしまったんですね。

家に戻って気がついたのですが、リードと首輪をつなぐ部分の金具が壊れてしまい、途中からゴル男はノーリード状態だったんですよ。

そんなことにも気がつかない位に私は頭に来ており、ゴル男も公園からマンションのエレーベーター、そして廊下を通って我が家までぴったりと脚即で歩いていたんですね。

自宅に戻り「事件」をカミさんに話すと、今度は私がカミさんにコテンパンにやられました。

「いつも自分で『体罰は意味が無い』って言ってるくせに何やってんの!馬鹿じゃないの!」etc、etc

鬼のような形相のカミさんに15分は罵倒され続けましたね。

ここでようやく冷静さを取り戻した私は、壊れたリードと首輪をゴミ箱に叩き込み、玄関に戻って新しいリードを持ち、再度、散歩に出掛ける振りをして居間でカミさんに甘えているゴル男を呼びました。

きちんとゴル男は私の下に来ましたが、それでも首輪を着けようとすると「怯えて」躊躇する様子がはっきりとしていました。

やはり、首輪とリードに対する恐怖心を植えつけてしまったようでした。

もう、この時点では私は完璧に反省、かつ、後悔モードに突入していましたので、ゴル男に無理強いはせずに一度居間に戻り、離れた場所からゴル男を呼び、私の下に来たらたっぷりと誉め、おやつを使いながら首輪を着けたり外したりをしばらくやっていました。

もちろん、その都度、たっぷりと誉めることもしました。

それを見ていたカミさんからのキツ~イ一言。

「ゴル男はダイエット中でしょ!そんなことをしなければいけないんなら最初から体罰なんてしなければ良いでしょ!」

私は心の中で「おっしゃるとおりです・・・」と呟きました。

その後、寝るまでは特にいつもと変わったこともなく、ゴル男と私は居間で寝転んでグチャグチャしたりしていましたが、実は事件はこれだけでは終わらなかったんですね~。

就寝時、いつものように私が寝室に行ってもゴル男がついて来ないのです。

居間にある専用のソファーで寝たままなのですよ。

私は「まあ、そのうちに来るだろう」位に考えていたのですが、これがいつまで経っても来なかったんですね。

最初のうちは「まあ、たまにはいっか。あんまり下手に出るのも良くないし、今夜は一人でのんびり寝るか」なんて思っていたんですが・・・

これが全く眠れない。

梅酒も睡眠導入剤も全く効果なし!

遂には、隣室で寝ているカミさんに気付かれないように、そ~っと居間に行き、ゴル男に顔をくっつけて小声で「ゴル男ちゃん、一緒に寝ようよ」と起こしに行きました。

そうなるとゴル男は優しい仔なので、私の後ろから付いて来てくれたんですね。

そして私はやっとゴル男と一緒に安心して眠る事が出来たんですね。

情けない話でしょ。

でも、これは実話です。

それ程、体罰は悪影響が出るんですよ。

確かに多少服従関係はしっかりするかも知れませんが、その程度のことは飼い主としての日頃の行動で示す事が出来るんですから、犬の気持ちを考え、良好な関係を維持したいと思うのならば、絶対に体罰を加えたりしないことです。

本当に百害あって一利なしですから。

最後に多少の言い訳をするなら、ストレスから来る最近の体調不良のせいで私が自分自身の感情をコントロール出来なくなっていたのかも知れません。

まあ、皆さんは大丈夫と思いますけれどもね。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、

次回も、また、乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

力になりますよ!

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

« 犬のストレスと健康 | トップページ | 犬の健康チェック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬のストレスと健康 | トップページ | 犬の健康チェック »

ゴル男の仲間達