フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 梨の枝 | トップページ | 娘達との会話から »

2009年12月26日 (土)

犬のしつけと恋愛

さて、久々の更新です。

そしていきなりよく分からないテーマで書きますよ。

「犬のしつけ」と「恋愛」、実はこれ、私が受ける「相談」の二大テーマなんですね。

そうは言っても最近は「恋愛相談」はめっきり無くなりましたけどね。

まあ、私からするとこの「二大テーマ」、すごく似ているところもあるし、全く違うところもあります。

結論から書くと、「犬のしつけ」に関しては、先天的な問題でもない限り努力は必ず報われると思いますし、「恋愛」の場合には相性が一番で、いくら努力しても駄目なものは駄目だと思いますよ。

でも、両方ともベースは「愛情」ですから共通点も多いと思うんですよね。

相手に自分の愛情さえ通じれば「楽しい生活」が待っていますしね。

じゃあ、書きますね。

先ず「犬のしつけ相談」の場合、必ずと言っても「頑張っているんだけれども上手く行かない」という方がほとんどです。

もちろん、プロの助言を仰いだり、実際にトレーニングを受けた方も多いんですけれどもね。

じゃあ、何故、上手く行かなかったのか?

はっきり書くと「形だけでは上手くいかない」ってことなんですね。

ここは恋愛と一緒です。

そこには深い愛情に基づいた「根気」も必要ですし、「上手な愛情表現」も必要だと思います。

例えば問題解決のために「訓練・トレーニング」といった方法を取ったとしましょう。

ここでは専門家が「形・やり方」を教えてくれます。

すると愛犬はその「やり方」を覚えます。

「主」と「従」という関係も覚えるかもしれません。

問題はここから先なんですね。

飼主さんがその成果の活かし方がよく分からなかったりしちゃうんですよ。

全く「日常生活」に活かせないんですね。

こうなると「訓練」も「トレーニング」も全く無駄。

相変わらず散歩中にリードは引っ張るし、犬を見れば吠える、なんてことになってしまうんですね。

どんな本にも書かれていますが、犬に「主」は飼主さんであり、自分は常に飼主さんに従えば何の心配もいらないんだ、余計なことはしなくて良いんだ、と理解させなければいけないんですね。

そのためには深い愛情に基づいた「厳しさ」も必要でしょうし、そのことを愛犬に伝えるための根気も必要だと思います。

ですから、日常的に「きちんとした散歩」が大切なんですね。

犬との関係作りには欠かせないと思いますし、一度、問題犬となってしまった犬のリハビリにも最善の方法だと思いますよ。

ついでに書くと「犬と人」の関係でも恋愛と同様に「相性」というものがあります。

ただし、男女関係とは違い「性格の不一致」なんて意味ではなくて、飼主さんが犬との暮らしに何を求めているのか、どんな犬の姿に憧れているのかといった「犬との暮らし」の大前提のお話です。

例えば、運動性能の高い、言い換えれば「運動が必要な犬」と「散歩に行くための時間すら取れない」なんて方との暮らしは・・・

この場合は「最初から無理」ってことなんですね。

恋愛と一緒ですよね。

いくら好きでも「相手に合わせて自分を変える」とか「無理して本音を隠す」とかしても、決して長続きするものではありませんし、時間の無駄だと思います。

ちなみに「自分のことを相手の方がよく理解してくれているのに上手くいかない」なんて「恋愛相談」を受けたときの私のアドバイスは「早く諦めること」でしたね。

「悪女の深情け」になる前に身を引くべきとばかり言っていた記憶があります。

犬の場合も最初から自分の生活サイクルでは無理なんて犬種に手を出すべきではないんですよね。

でも、犬の場合にはそんなケースでもご自分の生活パターンを変えることで対応は可能だと思いますけどね。

ここは恋愛とは違い「飼主としての責任」という別の問題がありますから。

強いて言うならば「君子危うきに近寄らず」という意味だと思って下さい。

さて、先程書いた「散歩」ですが、少なくとも一週間あれば十分に変化は見られますからね。

私は若干気短なせいか、どんなことにでも「一週間」というタイムリミットを設ける癖があります。

これは犬との関係でもデートの誘い(随分古い話ですけど・・・)でも同じです。

一週間経っても何の成果も得られないときには、すっぱりと諦めるか方法を変えるしかないと思っています。

ですから私達のリハビリランでも一週間サイクルで犬の変化を確認しています。

飼主さんの努力の成果を拝見出来るんですね。

ですから、もしも、頑張っているのに成果が得られないなんてケース(ちなみに過去に一度もありませんけど)では方法を変える必要があると思っています。

さて、皆さんはどうでしょうか?

愛犬との暮らしも恋愛も上手くいっていますか?

ということで、今回はここまでです。 

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、次回もまた 

乞う!ご期待! 

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。 

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ! 

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。 

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。 

力になりますよ! 

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。 

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。 

« 梨の枝 | トップページ | 娘達との会話から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梨の枝 | トップページ | 娘達との会話から »

ゴル男の仲間達