フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

家庭内問題犬の芽

さて、前に犬の問題について少し書きましたが、今回はもう少し具体的に書きますね。

まあ、どんな仔でもパピーのうちはやんちゃだし、家に迎えたときには「人との暮らし方」なんて何一つ知らない訳ですから結構手間が掛かりますよね。

そして飼主さんは「しつけ本」や「育て方」みたいな本を読んだり、経験者に教えていただいたりして「人との暮らし方」や「我が家での生活」の基盤を築くんだろうと思います。

実際、私もそのようにしてきましたし、大失敗もしました。(そんな苦い経験が現在の活動の原点になっているんですけれどもね)

そこで今回は、そんなワンコとの「家での暮らし」がいつの間にか「問題」を起こしてしまっているなんてケースを書きますね。

それも飼い主さんが気付かないうちに・・・

さて、可愛いパピーを迎えた時、誰だって可愛がりますよね。

私もそうしましたし、ほぼ全ての方が同じだと思います。

でも、実は既にここで一つだけ私達飼い主ではどうにも出来ない問題を抱えている場合があります。

これまでにも何回も書いてきましたが「犬の社会化」ということですね。

分かり易く書くと「犬馴れ」や「人馴れ」ですね。

特に「犬同士の関係」の基本はごくごく小さな時期に築かれ、そのことの有無がその後に大きな影響を与えることになります。

ここで経験が無いとか不足している仔の場合には「犬付合いが苦手」なんてことになってしまうこともあるんですね。

でも、まあこればかりは私達の元に来る前の話なので、この段階ではどうすることも出来ないんですけれども・・・。

結論めいたことを書くならば、単純に慌てることなく、他の落ち着いた仔達とのお付き合いの中で経験させてあげれば良いだけのことです。(このことはまた後日書きますね)

次に「人馴れ」について書きます。

単純に「人馴れ」については、既にブリーダーさんやペットショップで経験済みだと思いますが、ここで忘れて欲しくないのが、「人馴れ」はしていても、決して「我が家での生活」に馴れていることは有り得ないということなんですね。

こればかりは「ゼロからのスタート」にならざるを得ないですよね。

さて、ここからが本題です。

いや~、毎度のことながら異常に前置きが長かったですね。

何となく以前に書いていた時のペースに戻って来ました。

ということで、やっぱり私のブログは長くなりますね~

先程も書きましたがワンコを迎えたときには、とにかく家族全員が目茶苦茶可愛がるというのが定番ですよね。

もちろん「本」に従って「節度を持って接する」なんて方もいらっしゃるとは思いますけどね。

それでも「可愛がる」ということに変わりはないですよね。

ここまではごくごく普通ですから何の問題もありません。

肝心な部分はその「可愛がり方」なんですね。

「可愛がる=ワンコの言いなり」では困ることになる恐れがありますよ、ということなんです。

「我が家はそんなことはありません」って方も多いとは思いますが、それでも結果的に生活のリズムの中心にワンコがいたりはしませんか?

当時の我が家は完璧にゴル男中心、ゴル男のペースでしたよ。

サークルの中でゴル男が「キャン、キャン」と吠えれば、夫婦で「どうしたんだろう?なんで吠えるんだろう?」とまるで子育てのスタートに戻ったような対応をしていましたね。

我が家の娘どもがまだ赤ん坊だった頃と同じでしたね。

でも、これは実際には間違いですね。

明らかに人の子育てとは「相手」の状況は違っていたんです。

当時、ゴル男がキャンキャン吠えていたのには奴なりの明確な意思が隠れていたんですね。

つまり、奴は私達に「サークルから出せよ」と言っていたんです。

サークルから出すようになってからは、暴れてばかりいて、しまいには周囲の家具を噛みまくり破壊しつくすようになりました。

特に私達が居る場合にはかなり暴れましたね。

とにかく私達が奴と無関係のこと、例えば洗顔をするとかトイレに入るなんてことをすると居間の家具の配置が変わるほどに暴れていました。

今から考えれば、奴は単純に自分のことを構ってくれないと暴れるようになっていたんですね。

もちろん、「俺、楽しい~」ってこともあったとは思いますけどね。

実は、この原因を作ったのは間違いなく「私達」なんですよ。

奴を育てることに悩み、結果的に奴の言いなりになっていたのかも知れませんね。

まあ、このことに気付いてからは、ハードに「やり直し」をすることになったんですが、結構時間は掛かりましたね。

もちろん、奴の名誉のために書き加えるなら、今は何の問題もありませんけどね。

ここから先は「人の子育て」と同じかも知れませんが「何でも言いなり」では、次から次へと新たな欲求が際限なく出てきてその度に叶えてあげないと「吠える」とか「暴れる」なんてことになる可能性があるんですよね。

身に覚えのあるかたは結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな場合にはどうすればよいのか?

そんな場合には、今からでも遅くありませんから、先ずは家族会議でも開いて「我が家のルール」を確立することですね。

そして、ワンコともどもルールに従って行動することを実践していかなければならないですよね。

「我が家のルール」ですから、当然、ワンコに強要するばかりじゃなくて他の家族全員も守らなければ意味がないですよね。

「我が家のルール」ですから、他人の意見に惑わされる必要は全く無いですよね。

いかに「ルールを守っていくか」が問題なんですから。

ここを忘れては意味がないですからね。

ぶっちゃけ、私自身、ゴル男の育て方で悩み暗中模索状態のときに色々な方からアドバイスをいただいたりしましたが、自分で納得出来ないことは一切実践しませんでした。

だからこそ、今は飼主さんの意向を確認して「悩める飼主さんの応援団」をやっていられると思っています。

まあ、不必要に干渉したりして皆さんの「我が家のルール」に影響が出るようなことはしたくないですからね。

もしも今、愛犬の育て方で悩んでいらっしゃる方がいらしたら、とにかく「ルール」を確立することですよ。

「我が家流」で構いませんから。

もちろん、社会的ルールに従うことは当然ですけどね。

仮にその「我が家流」が間違っていたとしても、結局は飼主さん自身がその結果を受け止めてから改めればよいことで、全責任は飼主さん自身にあるんですから、他人にとやかく言われる必要はないんですよ。

仮に「犬の育て方」として間違っていたとしても、愛犬との関わりという面から見れば絶対に間違ってはいませんから。

私のようにかなり遠回りをするかも知れませんけどね・・・。

それでも「信念を貫く」って気概は十分に愛犬に伝わりますから。

それに前回も書いたように、たとえ失敗したとしても「犬は何歳になっても変わりますから」

まあ、私のようにかなりの遠回りをしたくなければ、多少なりとも犬を迎える前に勉強しておいてから「我が家流」を確立することをお薦めしますけれどもね。

ちなみに「本」を読むならば、多読が良いですよ。

あまり、一人の筆者の影響ばかりを受けるのは賢明ではないと思います。

実際に色々な意見があって、育児と同じように犬の育て方も一つではありませんからね。

念のために書いておきますが「他人に迷惑を掛けても構わない」とか「愛犬をほったらかす」なんての論外ですからね。

それは「ルール」ではないですよね。

守るべきことが何一つないんですから。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、次回もまた

乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

2009年11月28日 (土)

ドッグランでの食事

さて、今回は軽く私達のドッグランで毎回必ずやっているBBQについて書きますね。

BBQといっても、最初のうちは「焼き芋」の延長みたいなもので、焼きそばとかを地味にやっていたんですが、段々道具も充実してきて、今ではクイックタープも予備を含めれば3張、テーブル4台、椅子17脚、鉄板2枚、ダッチオーブン3個・・・。

発電機や電動の芝刈り機まであります。

まあ、何でも用意してあります。

飲み物はケースで用意してありますし、レトルト食品も多くあります。

他にも食糧や燃料の備蓄も結構してあるので「災害時にはここに来よう」なんて笑いながらおっしゃる方も居る位です。

ただ、そんな状況の中で私が個人的に毎回悩むのが昼食のメニューなんですね。

なるべく犬と一緒に食べられるもの、という風に考えていますので、必ず「肉」や「魚」は用意するんですが、それでも何となく「工夫」したくなっちゃうんですね。

幸い、現在通って来てくれている仔に「鶏肉は駄目」って仔がいないので、毎回鶏肉は2kg用意しています。

その他にも「馬肉」も結構焼いて食べさせましたし、私が家で作ったローストビーフなんてのも結構好評でしたね。

まあ、前回と違うメニューを用意したいと思うと悩みますね~。

また、おでんをやろうかな?やっぱ豚汁にしようか?久々に焼きそばもいいかな?なんて考えています。

もちろん、メインは犬達だし、ドッグランなのでなるべく昼食は手間が掛からないことを一番に考えるんですが、それでも私達が調理に馴れてきたせいか、何を作るにしろ、「火さえおこせば後は簡単」なんですね。

まあ、多分、これからもずっとこんな「楽しい悩み」を抱えてドッグランをやると思いますけどね。

自分でも「贅沢な悩み」だとは思ってますけど・・・。

さて、超短めですが今回はこれで終わりです。

これからドッグランをやりに行きますから!

長文のブログは月曜日の朝までお待ち下さい。

ということで、今回はここまでです。 

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、次回もまた 

乞う!ご期待! 

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。 

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ! 

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。 

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。 

力になりますよ! 

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。 

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。 

2009年11月27日 (金)

犬は何歳でも変わります!

さて、最近は何となく一定のサイクルで雨が降るなんてことがありますよね~。

ぶっちゃけ、私は雨が苦手というか嫌いですね。

どうも気持ちがめいっちゃうんですよ~。

まあ、「幼児性が抜け切れていない」ということになるようですが、55歳にもなった初老のおっさんとしては情けない話ですよね。

飼い主の私がこんなんだから、当然にゴル男も雨が嫌いですね~

少なくともごく最近までは大嫌いでした。

ところが最近、ゴル男に変化が出てきたんですね。

私は雨の日に散歩に行く!なんてことは絶対にしないのですが、我が家のα(最高権力者=カミサン)は多少の雨ならばゴル男にカッパを着せて散歩に行っています。

これが不思議なもので最初の頃はかなり嫌がっていたゴル男も最近では結構テンションを上げて一緒について歩いていますね。

日常的な努力は実を結ぶものなんですね。

少し詳しく書くと、我が家の散歩は夕方と夜の一日二回です。

夜の散歩は私とカミサンとゴル男が一緒なんですが、夕方の散歩はカミサンとゴル男だけなんですね。

この「夕方の散歩」がゴル男を変えたんです。

以前のゴル男は「お散歩だよ」と声を掛けると玄関まで走って来るのですが、玄関を開けて雨が降っていると後ずさりをして「俺、嫌だ」と意思表示をしていたのですが、最近では大人しくカミサンにカッパを着せてもらっているんですね。

そして散歩にレッツゴーとなっています。

そんな変化を不思議に思いカミサンに「ゴル、どうしたの?嫌がらないね」と聞いたら「だって、雨が降っても夕方の散歩には行ってるもん」とのこと。

う~ん、雨の日にまで散歩に行きたくない私にとっては非情に不都合な状況になってしまっているんですね。

困ったもんです。

それでも私は「家の中でもトイレをさせなくちゃいけないから、雨が降っているときに無理に散歩に連れて行くこともないよ」とか言ってサボろうとするのですが、αには私の作戦がみえみえらしく「また、そんなことを言って!いいわよ、私とゴルで行ってくるから」と言い残し、散歩に行ってしまいます。

ワンコってこんなもんなんですね。

ゴル男も既に5歳ですから、十分に日常生活は安定しているのですが、飼い主がほんの少しだけ生活を変えるだけで変化するんですね。

よく言われる「食卓の食べ物を一度でもあげると犬は直ぐに覚えて、次には催促するようになる」ということと同じですね。

ですから、今は「大暴れ、傍若無人」な散歩をしている仔でもほんの少しだけ飼い主さんが努力すれば必ずきちんとした散歩が出来るようになりますよ。

このことを忘れないで下さい。

少なくともワンコとの生活に関しては「努力は必ず報われる」と思って下さい。

ここで少し、5歳を過ぎてからのゴル男の変化についていくつか書きますね。

まあ、私達(特に私)が変えてしまったんですけどね。

先ずは

     間食は一緒に食べる

これは以前には有り得なかったことです。

まあ、一応、私も飼い主としての自覚はありましたのでお煎餅とかは絶対に上げなかったんですが、最近では常に一緒に食べています。

果物(ぶどうは除く)でもお煎餅、乳製品・・・まあ、何でも一緒に食べています。

若干言い分けさせていただくと、与える方法だけは工夫していて、少しずつ与えたり、口移しをしたりして決していきなり食いついたりしないように教えてはいますけどね。

まあ、駄目飼い主の典型ですけどね。

     来客のお出迎えは自由

以前は宅配便の方とか新聞の集金や市民生協の方が見えたときには、ゴル男が大興奮で玄関に走っていっていたので、私は必ず「ゴル男、バック!」と声を掛けて居間にいさせるようにしていたんですが、今ではお出迎えは自由にさせています。

理由は簡単でゴル男の場合、先方の顔さえ見れば満足して居間に戻って来るので声を掛ける必要が無くなったんですね。

少し理屈っぽく書くならば、来客に対するゴル男の反応は「好奇心」から来ているもので、それが満足出来れば通常のテンションに戻るってことなんですね。

     チャイムの音に吠えるのは自由

ゴル男は玄関のチャイムが鳴ると吠えます。

以前の私は「わかったから!」と半ば叱るようにゴル男に声を掛けていました。

でも、今では叱るような声掛けは一切しなくなりました。

理由は、ゴル男の場合、単純にチャイムの音がすると反射的に吠えているだけだったんですね。

ですから、寝ていようが起きていようが関係なく、チャイムの音がすればゴル男は確実に「ワン、ワン」と吠えます。

まあ、吠えると言っても「ワン、ワン」の二声だけですけどね。

今では「わかったよ」と声を掛けながら軽く撫ぜるようにしています。

まあ、多分奴にすれば「警戒警報発令」って感じでしょうし、実際にはお留守番の時には番犬としての効果もありますから、今ではチャイムの音に反応して吠えることは「良いこと」としてゴル男を誉めるようにしています。

ただし、もちろん、二声までですけどね。

まあ、他にも結構「変化」はあるんですけど、また、機会を改めて書かせていただきますね。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますので、次回もまた

乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

2009年11月26日 (木)

大きな問題小さな問題

さて、更新、二日目です。

昨日、小さな問題ほど解決するには時間が掛かるみたいなことを書きましたので、今回は、実際にはどんなことを言っているのかを書きますね。

例えば、他の仔を見るたびに大興奮で、引き綱を離した瞬間に先方の仔に襲い掛かるなんていうのは見た目にも「大きな問題」ですよね。

でも、原因は「経験不足」や「過去のトラウマ」から来ているだけの問題で、他の落ち着いた仔達と一緒にいれば何の問題もなくなり、次第に誰とでも一緒に平和に過ごせるようになります。

まあ、これまで私達のランで経験を重ねて「卒業生」となった仔達はほぼ全員がこのパターンでしたね。

簡単に書くと問題の根本は「犬同士の関係」にあって、管理犬や落ち着いた仔達の協力で治ります。

ですから、「外では問題犬」でも「家では良い仔」ってパターンが多いですね。

ただ、念のために書きますが、こんな仔のケースでは訓練やトレーニングは全くと言って良いほど役に立たないんですね。

もちろん、きちんとコマンドを理解している仔の場合、「呼び戻し」が出来ますから事故は起きないと思いますが、常に飼い主さんが愛犬の行動を意識していないと駄目という問題がありますからね。

不特定多数の仔と一緒に「平和」に過ごすためには愛犬自身が犬付合いの仕方を理解しないと意味がないんですよね。

飼い主さんにしても、いつも愛犬に意識を集中させていて何かが起きそうだと思ったら呼び戻すなんてことばかり意識していたら、素直に楽しめないですよね。

下手をすると「トイレにもいけない」なんてことにもなりかねません。

結局、こんな仔の場合、飼い主さんとは無関係に愛犬に良い経験をさせることで犬付合いを覚えてもらうしかないんですね。

ですから、こんな場合にはとにかく「管理犬」や「落ち着いた仔」の協力を得て、次第に中に溶け込むような経験=良い経験をさせてあげるんですね。

強いて飼い主さんの役割を書くなら「安心させてあげる」「落ち着かせてあげる」ってことに集約されると思いますね。

これだけで十分です。

飼い主さんにお願いするのは、最初のうちだけは、つかず離れずでいてもらうこと位ですね。

後は、全て「ワンコにお任せ」ってことです。

ここで変に飼い主さんの意識が過剰に働いてしまうと、却ってワンコに悪い影響が出てしまうこともあるので、本当に「何もしない」っていうのが一番です。

逆に「小さな問題」というのは、愛犬と飼い主さんが一緒に暮らすようになってから、飼い主さんが知らず知らずのうちに問題を育ててしまったなんてケースが多いと思うんですね。

そして結果的に表面に出てきた問題を「家の仔は問題犬だ」と思い込んでしまっているようなケースです。

これは特に「吠える」という行為に多く見られる傾向ですね。

ですから、飼い主さんとワンコの日常的な生活からお話を伺って対応を決めることになります。

実はこれって結構手間が掛かるんですよね。

例えば、お散歩途中に出会った仔に吠え掛かるなんてケースですね。

単純に「吠え掛かる」といってもワンコの気持ちは様々です。

他の仔に対する好奇心から「遊ぼう!遊ぼう!俺、あの仔と遊びたい!」って場合もあるでしょうし、支配性の強い仔なら「ここは俺の縄張りだぞ!何してんだよ!」なんて場合もあるかも知れません。

また、「嫌だあの仔~、こっちへ来ないで!」なんて悲痛な叫びだったりするのかも知れません。

中には飼い主さんが他のワンコに触れる事が気に入らない!なんて超独占欲の強い仔もいます。

ですから、こんな場合にはその仔の普段の様子やランでの様子を拝見して対策を決めるしかないんですね。

さて、ここで問題です。

今上げた例の何れにも簡単に出来る解決法があります。

なおかつ、どなたにも出来ることですよ。

何だと思いますか?

答えは簡単「きちんとした散歩」です。

まあ、どんな場合にも有効なのが「きちんとしたお散歩」ということになるんですね。

「散歩」の時間を有効に過ごせれば、多くの問題は解決しますよ。

これは間違いないので、家の仔は問題があるなんて思っているかたは「きちんとしたお散歩」を実践してみて下さい。

やり方はどんな本にも書いてありますから。

とにかく飼い主さんのペースで飼い主さんの意思に従わせる散歩を心掛けると良いですよ。

この際、とにかく絶対に引っ張らせないことが重要です。

ということで、今回はここまでです。

これからも楽しい話題やお役に立ちそうなことを書きますから期待して下さいね。

ちなみに次回は明朝更新する予定ですから

乞う!ご期待!

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

2009年11月25日 (水)

お久しぶりです!

さて、久々の更新です。

まあ、400回を節目に一度終わらせたんですが、リハビリドッグランの夏季閉場も終わり、地味に再開しているので、そろそろ「ブログでも書くかな」って思ったんですね。

それに昨日、久々に自分のブログのアクセス数とかを見たんですが、更新もしていないのにお読みいただいている方が結構いらしたのも「よし、ここらで復活するか」と思った大きな要因です。

ということで、不定期になるとは思いますが「ゴル男のダンディズム」を復活することにしました。

ご存知ない方もいらっしゃるかも知れませんので念のために書きますが、私は週末限定で「手に負えない」とか「他のワンコと仲良く出来ない」「人が苦手」etcといったわんこ達が飼い主さんと一緒に楽しく暮らせるためのお手伝いをしようと仲間と一緒に「リハビリドッグラン」なるものをやっています。

この活動も結構定着してきて、長期にわたり来てくれている方もいらっしゃいますし、たまには「ご新規さん」もいらっしゃいます。

そんな仔達や飼い主さんが集まってBBQをやったり、色々な料理を作ったりしてワンコと飼い主さんで楽しい時間を過ごしています。

もちろん、問題の大きな仔が来ているときにはそれなりに緊張した時間を過ごすことにもなりますが、それでも「ワンコも人も一緒に楽しむ」っていうことに変わりはありませんよ。

特に今は「平和なラン」が長く続いていて、「家の仔は大変で・・・」なんて方もいらっしゃいますが、実際に私がお会いして「手に負えない」なんて仔はいませんね。

実に「平和」です。

まあ、「平和」が一番なんですが、それでもこのドッグランを作った主旨からすれば、何らかの問題を抱えて困っている飼い主さんや自分でどうしてよいのか分からないワンコのためにお手伝いをするってことなんで、今の状況が良いのか悪いのか、たまに考えてしまう時もあります。

もちろん「平和」と言っても、皆、多少の問題はある仔達なのでその点を改善するために頑張っていることに変わりはないんですけれどもね。

少なくとも私の感覚では、たまに「吠える」とか「他の仔に突っかかる」なんていうのは「問題」とは思っていないので、一般的な考え方とはずれているのかも知れませんが・・・。

そうは言っても、この「小さな問題」のほうが実際には解決するのに時間が掛かったりします。

「猛獣のような仔」というほうが案外簡単に問題を解決出来たりするんですよね。

何故か?

簡単に書くと「猛獣のような仔」の場合、実は何も知らないことが原因で問題があると思われているだけだったりするんですよね。

ですから、「どうすれば良いのか」さえ覚えてしまえば劇的に変化します。

テレビで訓練士やトレーナーが問題犬の家庭訪問をしてあっという間に問題を解決してしまうっていうのと同じですね。

実は簡単だったりします。

ところが、さして大きな問題ではないんだけれども「間違いなく問題がある」なんてケースは結構やっかいだったりしますね。

問題が小さいので飼い主さんがその前兆を見過ごしてしまったりしていて、「結果」だけを見て困ってしまう場合。

既にかなりの時間が経過しているような場合には、その問題を解決するためにもかなりの時間が掛かるなんてこともありますね。

この場合、飼い主さんの日常的な努力が不可欠になってしまいます。

だから、結構時間が掛かったりするんですね。

歯の治療だって「半年掛かります」なんてことはざらにあるんですから、それくらいの努力はどなたにも出来ると思いますけど、どうでしょうか?

まあ、そんなこんなでこれからもドッグランを続けて行こうと思っていますよ。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡して下さいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をご連絡していただければ助かります。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wans LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »

ゴル男の仲間達