フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 夢のドッグランデビュー! | トップページ | 呼び戻し学習法 »

2009年1月27日 (火)

ドッグランデビューの失敗

さて、前回ドッグランデビューについて書きましたが、今回は「失敗した場合」について書くことにしますね。

題して「ドッグランデビューの失敗」です。

正直、誰もが「ドッグランデビュー大成功!」とばかりはいかないと思います。

多かれ少なかれ「失敗談」もつきものだと思うんですよ。

私の場合、一方的に犬は誰でも走る事が大好き!と思い込んでいたことが何よりも失敗でしたね。

今でもそうですが、ゴル男は決して走る事が好きではありません。

投げられたボールを追ったりはしますが、それは「走ること」が好きなわけではなくて「獲物を捕獲したい」だけなんですね。

ですから、私にボール投げを繰り返すこと望んだりはせずに「捕獲した」ボールをひたすら破壊するだけになります。

これをドッグランでやるわけですから、私はゴル男がくわえてしまった他の仔のボールの回収とお詫びの繰り返しになっていましたね。

カフェのランでもそうでしたし、他のドッグランに行ったときにも同じでした。

とにかく初対面の方に頭を下げながら、逃げ回るゴル男を追いかけて何とか奴を捕獲してボールやおもちゃを回収するという何とも情けない状況がかなり続きましたね。

何故、あんなに他人の物に興味を示すのか本当に不思議でなりませんでした。

犬に「所有権」なんて意識はないだろうし・・・。

不思議ですよね。

まあ、私達のドッグランではボールは使用していませんから、今ではゴル男はひたすら風に舞う枯葉を追いかけては捕まえるという一人遊びに没頭したりしていますけどね。

さて、ゴル男と私の話はこれ位にして、ごく一般的にありそうな「失敗」について書きますね。

実際には私と同じような経験をされた方も結構いらっしゃると思いますが、この程度のことなら、まあ、ご愛嬌といっても良いくらいだと思います。

単に「おもちゃ」や「ボール」の使用が禁止されているドッグランに行って、愛犬が飽きるまで自由にさせてタイミングを見計らって呼び戻せば良いだけのことですからね。

さて、これまでに書いたことも含めて、ここで結構やってしまいそうな「失敗」について少しまとめて書きますね。

1 愛犬が夢中になっている時に呼び戻そうとする

これはゲームに夢中になっている子供に「いつまでやっているの!宿題はやったの!」と言っているのと大差ないですね。きちんと「親」の言うことを聞く習慣のついている子供なら即座に止めるでしょうが、そうでなければ「楽しい事は止められない」ですよね。「無駄」の一語に尽きますね。

2 不安な気持ちを抱えたままドッグランに行く

これはこれまでも何回も書いてきましたが「嫌な予感は必ず当たる」ということを再認識していただきたいですね。飼い主さんの不安は愛犬には「恐怖感」や「緊張感」として伝わってしまいます。どんな性格の仔にも悪影響を与えるだけですよ。

3 犬の気持ちを理解せずに行動する

犬もそれぞれの仔で性格が違います。強気の仔、弱気な仔、神経質な仔・・・。色々な仔が居て色々な場面で色々な行動を取ります。先ずは、愛犬のそんな性格を理解して対応する事が必要です。ひたすら怯える仔に「どうしたの?みんなのところに行って遊んできなさい」なんて言ったりしちゃうんですよね。

4 人の都合で動く

ドッグランは「犬のための場所」ということを意識して、決して「人同士の社交の場」ではないことを忘れないで下さいね。飼い主さん同士の関係は二の次三の次であることを意識しましょう。ご自分が親しくしたいからといって犬同士にも同じような関係を望むのは間違っていると思いますよ。ドッグランは決して「井戸端会議の場」ではないことをお忘れなく!

まあ、大雑把に「失敗の原因」を書くとこんなものだと思いますが如何でしょうか?

そして何よりも問題なのが「ドッグランに行くのは愛犬のため」と言っていながらも、実際にその場に立ってしまうと自分の都合を第一に考えてしまうってことだと思うんですよ。

ということで、次に「ヒトの問題行動」について書きますね。

最初は「吠えることを嫌がる」です。

多くの飼い主さんは「吠える」ことを気にします。

でも、全然構わないじゃないですか!

たまに青空の下で自由に吠えたからって何の問題もないと思いますよ。

放っておけば止めますから。

ところが、ここで「声を掛けてしまう」って方が多いんですね。

「○○ちゃん!いけない!」って感じですね。

でも、これは自分自身の「世間体」を気にしての「いけない!」ですから、気持ちも入っていないし、何の効果もないんですね。

そして結果的に「吠える」ということを「奨励し強化」してしまうんですね。

ここでの「叱る」は「何もしない非常識な飼い主と思われたくない」という一心だと思うのですがどうでしょうか?

次に「犬の喜びを押さえようとする」

これもよくある「ヒトの問題行動」ですね。

初めてのドッグラン体験なんですから、当然犬は興奮します。

それをむやみやたらに「いけない!」なんて連呼しても犬が落ち着くはずもないんですよね。

しばらくは「注意深く見守る」に徹しなければいけないですよね。

最後に最も多い飼い主さんの問題行動です。

「犬ではなく、ヒトの側に行きたがる」

まあ、誰しも初めてのドッグラン経験ですから、なるべく先人に教えを請いたいという気持ちは分かりますが、それでも犬あってのことだということを忘れてはいけないですよね。

ついつい会話に夢中になってしまって愛犬の姿を見失ってしまったりするんですね。

如何でしょうか?

まあ、総じてとにかく最初は「何もしない、何も出来ない飼い主」と思われたくないんでしょうね~。

やることと言えば大した意味も無く「犬を叱る」とか井戸端会議に参加するってことになったりするんですよね。

まあ、実はこれ、私自身の過去の反省なんですけどね。

これからドッグランデニューをしようと思っている方、十分にお気をつけ下さい。

そんなことをしてしまうと、結果的に「問題」ということも全て飼い主さんにとって「不都合なこと」になってしまいがちなんですよね。

ですから、私達のドッグランではとにかく「犬を叱らないで下さい」とお願いしますし「犬の自由にさせる」ってことを一番に実践しています。

とにかく最初は「見守る」ことが一番ですよ。

まあ、ざっと思いつくままに書きましたが如何でしょうか?

次に同じ「失敗」と言っても「事故」「トラブル」に近い状況を経験してしまうと、これはもうご愛嬌と言ってはいられなくなってしまいますよね。

例えば、愛犬が走っている仔を追いかける、または追いかけられたとします。

そんな場合、先方の仔を軽く噛んだり、噛まれたりすることもあったりします。

まあ、犬同士の遊びの中で軽く「噛んだり」「噛まれたり」は普通に有り得ることなんですが、噛み方が強かったり、噛まれることに対して過剰に反応する仔もいるんですね。

「犬の社会化」が不十分なんて仔ですね。

そうなってしまうと結果的に「喧嘩」なんてことも起きることがあります。

実は私達のドッグランに来ている仔には多いパターンなんですよ。

そんな「嫌な過去の経験」があって「現在リハビリ中」となっているわけですね。

私はよく皆さんに「犬は私達が教えたことは忘れてしまうが経験したことは中々忘れない」とお話しています。

つまり、私達飼い主が「何かを教えた」としても、それを反復していないと忘れてしまう、なんてことは決して少なくは無いんですね。

特に「訓練性能が低い」と言われるような犬種では顕著だと言われています。

フレブルはその典型だと思います。

ところが、犬は自分にとって都合の良い経験や悪い経験は中々忘れないんですね。

よく言われるように「テーブルの上の食べ物を一度でも与えてしまうと決して忘れない」というパターンですね。

ですから、ドッグランの経験が少ないうちは「都合の良い経験」「楽しい経験」をさせてあげるようにしないといけないんですよ。

それに失敗してしまうと「犬付合いが苦手な仔」「喧嘩ばかりする仔」になってしまう恐れもありますし、仮に「嫌な経験」をさせてしまった場合、それを克服するための「時間」と「良い経験」が必要になってしまうこともありますから十分に気をつけて下さいね。

ですから、以前も書いたようにドッグランで飼い主さんが絶対にしなければいけないことは「愛犬を守ること」なんですね。

前に書いた「見守る」ということには、単純に「見ている」ばかりではなくて「守る」が入っていることを忘れないで下さいね。

大事なことは、決して常連さんとの井戸端会議に参加して「良好な人間関係を築く」ではありませんからね。

さて、皆さんはどうでしょうか?

しっかりと守れていますよね。

ということで、今回はここまでです。

さて、次回は嫌な経験を避けるためにはどうしたら良いのか?について書きたいと思います。

犬も性格によって色々で、結構対応の仕方も違ってきますからね。

そんなことを含めて色々なことを書いてみたいと思います。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡してくださいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をメールしていただければ、助かります。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« 夢のドッグランデビュー! | トップページ | 呼び戻し学習法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢のドッグランデビュー! | トップページ | 呼び戻し学習法 »

ゴル男の仲間達