フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« もりもり「う○ち」! | トップページ | 駄目犬?問題犬? »

2009年1月23日 (金)

簡単お手入れ法!

さて、今回もまた意味不明なタイトルですが、ゴル男のケアについて書きたいと思います。

ご多聞に漏れず、ゴル男もアレルギーがあり、皮膚のケアには随分と苦労しました。

自嘲気味に自称「湿疹大王」なんていってた時代もありましたね。

それでも当時のゴル男は馴染みのドッグカフェでは「すごく綺麗なフレブル」として有名になり「こんなに綺麗にしているフレブルなんて見たこと無い」とまで言われていました。

それも当たり前と言えば当たり前の話で当時の我が家では二日に一度はゴル男をシャンプーしていましたから「汚い」はずはないんですね。

毎晩通っていたカフェでも常にハンドタトルを片手にゴル男の顔を拭いてばかりいましたしね。

まあ、はっきり言って「やり過ぎ」でしたけどね。

それが「手作りドッグラン」を始めてからは、毎回行けば土や泥を体中につけて帰宅することになるので、正直「きったね~なあ」って感じになっているんですね。

でも、この汚さが結果的には「ゴル男の皮膚の問題」を解決してくれたと思うんですよ。

色々な「モノ」が奴の身体にいるようになって、奴と私は皮膚トラブルから解放されたと思っています。

もしかして、私達のドッグランで遊ぶと「泥パック」と同じ効能があったりして・・・

もちろん、冗談ですよ。

まあ、そんな意味では決して「汚くなる」=「身体に悪い」とは限らないと思うんですよね。

無菌状態よりも雑菌とともに暮らしていく方が丈夫になるとも言いますからね。

ただ、そんなことを割り引いて考えたとしても、新年再開後のドッグランでの汚れ方はきついですね。

ここ最近は最悪の状態です。

大体いつもドッグランは11時位から始めているんですが、私達管理人はテントを張ったり椅子やテーブルのセット、そして焚き火を起こすために10時半位までにはドッグランに到着するようにしているんですね。

この時間帯のドッグランで何が起きているのかというと・・・

「霜」が解け始めていて、一部が「田んぼ状態」になっているんですね。

当然、イタリアンライグラスが生えているところは全く何の問題もないんですが、未だ生えていないところは本当に普通に歩くのさえ困難な位になってしまいます。

そしてこの「未だ生えていない場所」というのが「テントを張る場所」と「焚き火周辺」となるんですね。

ですから私達管理人は嫌でも田んぼの中を歩かなければならないんです。

管理人同士で「また、背が高くなっちゃうよ」という会話を交わすほどにひどいんですね。

まあ、直ぐに乾くので昼には何の問題も無くなるんですが、その間に管理犬達もたっぷりと身体に泥をつけるんですね。

もちろん、私達も管理犬達に「あっち(草の上)で待ってなさい」と声を掛けるんですが、連中も泥遊びが楽しいのか私達の周りに居たいのか中々私達の都合の良いようには行動してくれません。

あっという間に泥だらけ!

指の間からムニュ~っと泥を出しながら楽しげに泥の中を歩いていますし、下手をすると走ったりもして最悪、そのまま私達に突進してくる時さえあります。

結果、私達人間も直ぐに犬達と同じように汚くなります。

それでも私達の場合は着ている服を着替えれば取りあえず家の中に土や泥を持ち込むことは防げますが、ゴル男達の場合にはそうはいきませんよね。

一応帰宅時には、通常のお散歩帰りと同じように雑巾で足を拭いたりはしますが、それだけではとても手足の裏にこびりついた土や泥を完全に落とす事は出来ません。

そのために我が家では最低でも「足湯」、通常は「入浴」となるわけなんですね。

本当にバスタブにお湯を張って、ゴル男を入れてシャワーを使って洗わないと決して綺麗にすることが出来ないんですよ。

ドッグランの状態が普通であれば、シャンプーは二週に一回で土曜日は足を拭くだけ、若しくは足湯までです。

日曜日はシャンプーの週でなければ、どんなに汚れていても湯船でシャワーまでにしています。

ゴル男は椎間板ヘルニアがあるので、どうしても本格的に洗ってあげる際には、負担を軽くするために「お湯を張る」必要があるんですよね。

やり方は、先ずはゴル男のお腹につくかつかない程度にお湯を入れて四肢を念入りに洗います。

こうすると足を持ち上げても「腰への負担」が軽減されるんですよね。

そして直ぐに栓を抜いて、お湯を抜きながら顔や耳掃除、背中、腰と洗っていきます。

この方法だと全身を濡らす手間も簡単だし、結構早く洗えるんですよね。

まあ、それでもゴル男にすれば朝から夕方までドッグランで遊んで来たわけですから、当然に「お風呂」なんて面倒くさい事は出来れば避けたいはず。

決して逃げ回るなんてことはしませんが、伏せをしたまま動かない!目の前に好物を出されても動かない!なんて消極的な抵抗は必ずしますね。

それでも私がお風呂に「入れる」と決めたら「入れる」ので、ゴル男には頑張ってもらっています。

まあ「楽あれば苦あり」ということでゴル男にも耐えてもらっていますが、洗う方も結構つらいものがあるのでお互い様ということなんでしょうかね。

これから毎週土日はドッグランということになるので、ゴル男の入浴も毎週末の恒例行事とになりますが、私達がカミさんに叱られることなく仲良く一緒の布団で寝るためには仕方が無いとゴル男にも諦めてもらうしかないですね。

そうでもしないとカミさんに「また、土足で寝るの!」と言われ叱られますから。

家庭内の平和を維持するためには、仕方のないことなんですよ。

「お互いにハードだけど頑張ろうね!ゴル男ちゃん!」って感じですね。

さて、今回はここまでです。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡してくださいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をメールしていただければ、助かります。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« もりもり「う○ち」! | トップページ | 駄目犬?問題犬? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もりもり「う○ち」! | トップページ | 駄目犬?問題犬? »

ゴル男の仲間達