フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬とサラリーマン | トップページ | 犬のストレス »

2008年12月25日 (木)

クリスマスの日に

さて、今回は「クリスマスの日に」と題して、世間の賑わいとは全く無縁な「我が家のクリスマス」について書いてみることにしよう。

筆者は私、クリスマスプレゼントも何も貰えず、特別な食べ物もなく、普段と全く同じ一日を過ごしたゴル男である。

実際、世の中の「富裕層」の家で暮らす我が仲間達は「ワンコ用ケーキ」とか「高級ステーキ」とかを食していたのだろう。

それに比べて我が家のメニューときたら・・・

まあ、愚痴っても仕方ない。

この辺で止めておこう。

ということで、今年もまた私は普段の日と何の変わりもないクリスマスイブを過ごしたのである。

まあ、私の場合、日々同じことの繰り返しだから、何一つ驚くには当たらないのだ、悲しいことに・・・

本当に毎日が同じことの繰り返しである。

とは言うものの、そういえば、実は、つい先日久々に昔馴染みの我が仲間達に会った。

場所は馴染みのドッグカフェである。

久々の再会にお互いに喜び合っていたかったのであるが、残念なことに彼らの体調がイマイチという非常に残念な再会になってしまった。

ここで「彼ら」と書いたのだが、先方は「二頭」である。

我が飼い主♂が直ぐに気付いたのだが、彼らは皮膚の調子が悪かった。

飼い主さん不在時の再会となったので、原因は、はっきりしないのであるが兄弟共に皮膚の調子がすこぶる良くなかったのだ。

まあ、飼い主さんの献身的なケアで直に良くなるのだろうとは思うが「心配」が残る再会となった。

彼らはフレブルではないのだが、同じ短毛種ということもあり、我が飼い主♂はかなり気にしていた。

実は奴は「皮膚のトラブル」については「経験」が豊富なのだ。

何と言っても私自身が「皮膚が弱かった」からである。

アレルギー検査でも食物から植物まで多種多様な「問題物質」があった。

だが、実は、直接的に「皮膚」に出ているうちはまだ良いのだ。

これが「目に見えない部分」に出ているとかなりやっかいである。

アレルギーとはそんなものなのである。

原因とて単純なケースばかりではなく、様々ことが考えられるし、対応とてワンパターンとはいかないのである。

まあ、久々の再会でこんなことを考えてしまう我が飼い主もやっかいなのであるが、我々犬の場合、何もアレルギー物質の影響から体調を崩すばかりではない。

ちなみに私の場合、家ではもちろんのこと、ドッグランで何を食べようとも体調を崩すことなど無い。

だが、これが「入院」となると話は別である。

直ぐに下痢をし、一日の入院で1kgは確実に減ってしまう。

つまり、αはもちろんのこと、あんな愚かで粗野で乱暴者の我が飼い主♂とでもわずか一日も「離れ離れ」になることが耐えられないのである。

そんな「ストレス」から体調を崩す仔も少なくないはずである。

我が旧友達を見ながら、奴はそんな見えない原因までも想像してしまっていた。

我が飼い主♂はそんなことまでも考えてしまうのである。

やはり、50歳を過ぎてからの奴は本当に犬好きなのだ。

筋金入りの「犬嫌い」が今や筋金以上のものが入った「犬好き」になってしまっている。

ドッグランでも飼い主さんとの会話はおまけのようなもので、実際には犬達の様子ばかりを見ている。

そして「問題の原因」を考えたり、対応を考えたりしているのである。

我々犬は常に正直者なのだ。

言葉が話せない分、素直に「身体」や「行動」で表すのだ。

元気に明るく振舞っている仔は、やはり問題となる行動もとらないし、逆に緊張感や不安感を抱いている仔は問題行動を起こすことが多い。

そして、その原因も「飼い主さんの緊張感や不安感」の影響であることが多いのだ。

仮にそんな「飼い主さんの影響力」が肉体にまで及んでしまったとしたら・・・

我々は心身ともに健康で無い限り、やはり、身体に異変を来たしてしまったりするのである。

皆さんは如何であろうか?

きちんと愛犬の精神や肉体に気をつけていらっしゃるだろうか?

自らの「不安感や緊張感」を愛犬に伝えてしまったりしてはいないであろうか?

ほんの些細なことからでも我々犬は体調を崩したり、落ち着きを無くしたりする。

多分、多くの方が考えているよりも遥かに「敏感」なのである。

是非ともその辺を十分に留意していただきたい。

久々の再会に際してそんなことを思ってしまった。

実際、ヒトも犬も心から楽しい気分で「メリー・クリスマス」といきたいものである。

たとえ、豪勢なご馳走がなかったとしても・・・

さて、今回はここまでである。

ということで、最後に我が飼い主♂からのメッセージを載せて終わらせていただくことにする。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡してくださいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をメールしていただければ、助かります。

次回もまたゴル男が何かお役に立ちそうなことを書くと思います。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« 犬とサラリーマン | トップページ | 犬のストレス »

コメント

お久しぶりです!
そしてメリークリスマス♪

ゴルちゃんにとったら、
パパがいてママがいることが
最大級のシアワセですもんね★

うちのショコラも耳が痒いようで・・。
悪いものを食べさせすぎたかもと、反省してます。
(人間用のプリントかアイスとか・・・・><)

もともとお腹も弱くて、すぐにブツブツが出てた
バニラは、すっかり強い子になったんですけど、
ショコラは、定期的にトラブル発生します。
メンタル面も関係あるのかな・・・・やっぱ。

<バニショコママさん>
お久しぶりです。
そしてメリークリスマス!
私もゴルと一緒にアイスとか食べてますよ。
食べては湿疹出したりしてます。
だから、メンタルってことはないでしょ。
「楽しいこと」の代償って感じですかね。
やっぱり、楽しいが一番!ですからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬とサラリーマン | トップページ | 犬のストレス »

ゴル男の仲間達