フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 興奮スイッチのON/OFF | トップページ | 犬の味覚 »

2008年11月18日 (火)

問題の見えない犬

さて、今回もまた、ドッグランのネタですよ。

でも、レアケースのお話です。

事前のご相談からは「かなり問題がありそう」という仔が実際に私達のドッグランに来て見ると、全く何の問題も起こさないなんてケースがあるんですが、今回はそんな事を書きますね。

題して「問題の見えない犬」です。

もちろん、こんな場合、決して飼い主さんからの事前情報が間違っていたとかオーバーだなんてことは全くなくて、仮に私達のドッグランでは何の問題もなかったとしてもご自宅の周辺では大変な暴れん坊!なんてことは実際にあるんですね。

一つのパターンは、お散歩中に飛んだり、跳ねたり、吠えたりすることのほとんどが「好奇心」から来ていた場合です。

こんな仔の場合には、ドッグランでリードを外すまでは大騒ぎをするものの、一度、リードを外してしまえば自由を謳歌するだけで、何の問題も起こしません。

でも、ご自宅周辺でのお散歩とかでは、相変わらず飛んだり、跳ねたり、吠えたりするってことがあります。

これはある面、当然のことで、お散歩中にはリードにつながれている訳ですから、身体の自由も利きませんし、自分の好奇心を満たすことも出来ない訳ですから、犬からすれば状況は何一つ変わっていませんよね。

ですから、行動が変わる理由も無い訳ですよ。

でも、こんな場合でもドッグランでの経験を重ねてくると「散歩中の問題」も次第に改善されて来るんですね。

理由の一つは、ドッグランでの経験を重ねることで「飼い主さん自身の気持ちが変わる」ってことですね。

飼い主さんがドッグランでの経験から、最初のうちは「家の仔は大丈夫かも知れない」と思い、それが次第に「家の仔は大丈夫だ」と思えるようになれば、愛犬の行動に対する不安感が無くなります。

毎度お馴染みのせりふですが、飼い主さん自身の不安感がなくなれば、それだけで犬は落ち着いて来ます。

これも大きな原因ですね。

そして、もう一つの大きな原因は、愛犬自身がドッグランでの経験を通じて「犬付き合いの仕方」を覚えるってことなんですね。

それまでは「犬同士のご挨拶」すらろくに出来なかった仔が普通に匂いを嗅いだり、嗅がせたり出来るようになることで、「犬付き合い」が出来るようになりますからね。

誰だって、いくら悪気は全く無くて好奇心だけと言っても、前方から飛んだり、跳ねたり、吠えたりする仔が近づいて来たら嫌ですよね。

先方の仔だって身構えるって場合もあると思いますし、吠えることや唸ることもあるかも知れません。

ですから、ここで「犬付き合いのマナー」が大事になって来るんですね。

私達のドッグランで色々な仔達と接触を重ねることで、この「マナー」を覚え、そして徐々に問題が改善されて行くんですね。

まあ、こんなふうに簡単に改善出来るケースもあります。

次に書くケースはもう少し分かりにくいです。

この仔の場合には、ドッグランに入る際も全く興奮せず、傍目には単に「大人しくて良い仔」にしか見えません。

でも、飼い主さんのお話では、散歩中に他の仔に吠え掛かったり、噛みに行ったりで制御するのがかなり大変だとのことでした。

こうなると実際に私達も表面的には何もすることがないんですね。

お手上げ?ってそんなことは無いですよ。

すべきことはちゃんとあります。

こんな場合、管理人がその仔の動きをとにかくじっくりと観察します。

先ずはその仔の動きや飼い主さんから伺っていたお話から、様々な想像し、実際のドッグランでの行動を観察することによって対応を考えます。

そしてその仔に対する私達の導き出した結論は・・・

簡単に書くと、まあ、その仔の場合、私達のドッグランに来ているときは「天国状態」なんですね。

どういうことかと言うと、実はそのお宅は、多頭飼いなんですね。

ですから、ご自宅では、飼い主さんの関心や愛情を100%自分だけのものに出来ることは無かったんですね。

そうなるとその仔はドッグランに来ているときは、飼い主さんの愛情を独り占め出来る訳ですから、他の仔にちょっかいを出している場合じゃないんですね。

とにかく飼い主さんの側に居られるだけで「幸せ」なんです。

ですから、本質的な部分は今の所、隠れちゃっているんですが、性格そのものには大きな問題がないことは分かりますね。

仮に大きな問題があるとするならば、飼い主さんの側に他の仔に近づいただけで吠える唸るといった「威嚇・警告」する行動が現れると思うんですが、その仔の場合には全くないので、恐らくご自宅周辺でのお散歩中には何かのスイッチが入ってしまうんだと思いますね。

縄張り意識かも知れませんし、臆病な性格なのかも知れません。

「リードを付けられた状態」というのがキーだとは思いますけどね。

リードが付いている状態では「縄張りを守るための威嚇・攻撃」とか「逃げられない恐怖から来る攻撃」といった問題は起き易いですからね。

でも、現状では実際のお散歩中の様子を拝見することは出来ないので、今は何とも言えません。

次回あたりには、原因を探るためにドッグラン周辺の道路に出て「お散歩」でもしてみようかな?なんて考えています。

とにかく、この仔の場合にも、その原因を探って、取り除くようにすれば、何の問題も無くなると思います。

こんな場合、最も効果的な事は「飼い主さんが強いリーダーシップを発揮する」ということになります。

ですから、それさえ出来れば「簡単に治る」と思っています。

こんなケースのように稀に「問題がはっきりしない」なんて場合もあります。

でも、そんな場合も、たまたまドッグランではその仔に問題行動を起こさせる直接的な要素がないだけで、詳しく観察すれば何となく想像は付くものです。

まあ、今回、二つの例を挙げてみましたが、これらのケースとは別の問題もあります。

実際に多い問題は飼い主さんからの事前情報とその仔の私達のドッグランでの様子が一致することの方が少ないってことなんですね。

飼い主さんは必ず愛犬がどんなに凄いのか、猛犬なのかを強調されるんですが、どの場合にもそれまでの経験から来る飼い主さんの不安感が問題行動を加速させていることは間違いないと思います。

つまり「負の連鎖」ですね。

でも、それも当然のことであって、孤立無援で愛犬の抱える問題と格闘していればどんな方でも不安になるのは仕方ないですよね。

まあ、そんなことを無くすために私達はNPO法人を立ち上げて「応援団」を結成したんですから、これこそが活動の目的ということで当然に全力投球しています。

もちろん「何でもお任せ下さい」なんてことは言いませんが、可能な限り頑張って行きたいと思っています。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡してくださいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をメールしていただければ、助かります。

ということで、次回もまた、何か面白い話題やお役に立ちそうなことを書きますね。

次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« 興奮スイッチのON/OFF | トップページ | 犬の味覚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 興奮スイッチのON/OFF | トップページ | 犬の味覚 »

ゴル男の仲間達