フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ドッグランライフ | トップページ | 犬の成長と問題行動? »

2008年10月21日 (火)

問題行動の相談

さて、今回は、単刀直入「悩み相談」がテーマです。

と言っても、もちろん、「恋の悩み」とか「仕事の悩み」とか「お金の悩み」なんてことではありませんよ。

当然「愛犬に関する悩み」です。

こんなブログを書いていたり、ドッグランをやっていたりするので、色々な方から相談を受けることがあります。

「うちの仔は、家では何の問題もないんですけれども、外では・・・」なんてことが多いんですが、詳しくお話を伺っていくと、結局、家でも問題がありそう?なんてことも結構ありますね。

まあ、多くの方は、人と犬が一緒に暮らしているんですから、多少の問題が起きたりするのは「当然」と受け止めていらっしゃると思うんですよ。

当然と言えば当然なんですが、これが問題の本質を隠してしまうこともあるので、ご相談を受ける場合には、どうしても慎重に事細かにある程度立ち入ったことまで伺うようになります。

そうしないと分からないことが多いんですよね。

表面的な問題として出てくる結果だけを聞いても、原因が分からないなんてことは沢山あります。

根本的な飼い主さんとの関係とか先住犬との関係が原因ということは多いですね。

それに飼い主さんが良かれと思ってやっていることが、結果的に問題を大きくしていることも多いですね。

興奮している仔を一緒になって興奮して叱る⇒犬は益々興奮します。

欲求吠えをしている仔に声を掛ける⇒犬は「吠えること」を有効な手段として覚えます。

犬同士が対峙して一杯一杯の時に声を掛ける⇒犬がゴーサインとして受け止めることもあります。

ですから、不用意な声掛けはしない方がいいですね。

事態を一機に悪化させて、結果、喧嘩なんかになることもあります。

そんな経過があるのに結果だけを教えていただいても何も分からないんですよね。

分からないとなると、何もお答え出来ないことになりますから、結局、一般論に終始しちゃって「本」と同じになっちゃうんですね。

それじゃあ、わざわざご相談を受ける意味がありませんから、私からのメールは必然的に「長く」なります。

このブログと同じですね。

でも、そんなやり取りを繰り返していくうちに何となく状況が見えて来るんで、面倒かも知れませんが、私宛の相談は「長くなる」と思っていただきたいですね。

一つ一つ可能性を探したり潰したりの繰り返しになります。

でも、当然、簡単に結論が出る場合もありますから、全部が全部「長期になる」とは限りませんのでご安心下さい。

よく、「犬の問題行動は服従訓練で解決出来る」なんて見出しを見かけますが、私も解決出来る可能性は高いのかも知れないとは思います。

でも、これは飼い主さんが「意味を理解して、きちんと実行できること」が大前提だと思うんですよね。

実際、ワンコは私達の想像以上に「賢い」ので、「その場」を理解するんですね。

だから、結果的に訓練の場での「指示」にはきちんと従うようになっても、日常生活の問題は全く解決しないなんてことも起きてしまうんですよ。

私はそんな仔達を結構見て来たので間違いないと思いますよ。

訓練競技会のチャンピョン犬だけど家では問題児なんて仔もいましたね。

人間の子供が「学校では優等生」だけど「私生活では問題児」なんてケースと同じようなものだと思って下さい。

だから、肝心な部分を見落としたり、専門家の意見を中途半端に実行すると何の問題も解決出来なくなっちゃうんですね。

確実に「悪化する」と思います。

正直に書くと、世の中のトレーナーとか訓練士とか言う方の「実力」にも問題があるのかも知れませんが、「お金を掛けて失敗」なんて話はかなりよく聞きます。

だから、もしもトレーナーや訓練士にお願いしようと思っていらっしゃるなら「実績のある方」にお願いするのがベストだと思います。

まあ、経験は浅くとも、意欲のある方なら大丈夫かも知れませんが、依頼する段階ではそんな事は分かりませんからね。

その際には、ご家庭の考え方と先方のやり方が「合う、合わない」が一番重要だと思いますが、「出来ない」と思ったら最初からやらないほうが良いですよね。

出来そうもないことに時間とお金を使う位なら、愛犬と遊ぶ時間を作って上げた方が遥かに良いですよ。

一緒に遊ぶことは確実に愛犬との関係を深めますし、何よりも楽しいですからね。

誰でも出来ますしね。

でも、ここで一つだけ注意して下さい。

何をするにも「自分勝手な飼い主」でいて下さいね。

これって結構重要だと思います。

決して、愛犬に迎合してはいけませんよ。

これまで何回も書いて来ましたが、私達人間はかなりいい加減だし、終始一貫して物事を成し遂げるなんてことはかなりの覚悟が無い限り出来ないと思うんですよね。

ですから、結果的に「犬との生活」も終始一貫した態度で臨む!なんてことは非常に難しいと思います。

だとしたら、その「いい加減な存在」として我々を認識してもらうことの方が良いと思うんですよ。

ただし、肝心な部分では「立派な飼い主」でなければいけないですけどね。

何が肝心かと言うと・・・書くまでも無いですけど、「愛犬を想う気持ち」です。

これだけは真っ直ぐに分かりやすく伝えなければいけないですよね。

まあ、私の場合、同じことをゴル男にも望んでいます。

ですから、ゴル男にも「肝心なときに私の指示に従う」ことだけを望んでいます。

皆さんはどうでしょうか?

さて、今回はこれで終わります。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡してくださいね。

特に大型犬や中型犬の方、大歓迎ですよ!

出来るだけ具体的な内容をメールしていただければ、助かります。

ということで、次回もまた、何か面白い話題やお役に立ちそうなことを書きますね。

次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« ドッグランライフ | トップページ | 犬の成長と問題行動? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドッグランライフ | トップページ | 犬の成長と問題行動? »

ゴル男の仲間達