フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 制限時間あり! | トップページ | 問題行動の原因? »

2008年9月 5日 (金)

犬の本

さて、今回は「犬の本」と題して書きますね。

これまでも「本」については、何回も書いて来ましたし、「本の種類」「著者の違いによる傾向」についても書きましたよね。

「またかよ!」なんて言われそうですが、今回、書こうと思ったきっかけは、先日、私が一冊の本を購入したことに始まります。

まあ、カミさんにお供で買い物に行ったついでに書店に立ち寄り、書き出しが面白かったので購入したのですが、結果は「無駄な投資」になってしまいました。

ほとんどが他の研究者の本の引用で「結論」めいたものも既に随分前から指摘されていることで、全く新鮮味のない本でしたね。

私の場合、こんなことは結構多いんですが、実際に「しつけ本」に限らず、「犬関連本」で振り回されたことのある方は多いと思うんですよね。

例えば散歩の際に愛犬がリードを引っ張ることを何とかしたくて、原因を知りたいと思ったとしましょう。この「何故」についても諸説あったりして、結局のところ、却って悩みの種が増えるなんてことも多いんですよね。

「引っ張り癖の治し方」に至っては

①犬が引っ張るようならその場で立ち止まる

②リードを短く持って、軽く前足を上げるような感じで少し上に引く

③リードをコントロールして前後左右飼い主の意思に従って歩くようにする(リーダーウォーク)

と言った感じで複数の方法があって、何れの方法も著名な方が書かれた本の内容ですから「正しい」と思うんですが、私達普通の飼い主からしたら、本当に迷ってしまいますよね。

実際にこんな経験をされている方は多いと思うんですよね。

こんな時に私は複数の答えの中の共通項を探すようにしています。

つまりこの場合で言えば「引っ張らせた状態で歩かない」ってことなんですよね。

多くの場合、こんな風に考えるようにしています。

まあ、こんな考えを持っていても迷うことはかなりあります。

そんな時には極力おおらかに考えるようにしていますね。

「ま、そんなこともあるか」程度に考えますね。

まあ、本には様々なことが書かれていますが、犬の場合、絶対が無いに等しいんですね。

だから、そんな事に縛られる必要はないんですよ。

愛犬の犬種特性とか性格とかを十分に理解したうえでの「自己流」が一番ですよね。

念のために書きますが、「十分に理解したうえで」が肝心ですからね。

これが出来ていないと飼い主さんが何かをする度に「問題行動を強化する」なんてことも起きてしまいますから、先ずは「犬に関する知識」「犬種特性」「愛犬の個性」を勉強することから始める必要がありますよ。

これはこれまでも何回も書いたので詳細は省きますが、とにかく「見て、触れて、一緒に遊ぶ」を実践することによって愛犬との関係は確実に良くなると思いますね。

話を「本」に戻しますね。

前述のように買って損をしたような気分になる本も多いのですが、もちろん買って良かったと思える本もあるんですよね。

この間買った本にもそんな本がありました。

著者は勉強熱心な「普通の飼い主さん」です。

専門家の書かれた本も原書で読まれる程語学も達者な方で失敗談やら試行錯誤の話が載っていて非常に面白かったですね。

何と言っても私達普通の飼い主の大先輩であって、共感出来るエピソードが多かったし、書かれている内容も「商売人」に有り勝ちな「他者への批判」がなくて、私自身が素直に読むことが出来ましたね。

どうも、専門家の本は「他者への批判」が多いし、その他者との違いそのものさえ、素人には表現の違い程度にしか感じられないことが結構ありますからね。

まあ、それでも「本」は読むようにしているんですが、内容については、あまり深く考えずに読むようにしていますね。

さらっと読んでます。

皆さんにとっての読書はどうでしょうか?

体験談はともかくプロの書かれた本を読む際には、あまり深く考えることなく「そんなこともあるんだな」程度に抑えて読むと良いと思いますよ。

さて、今回はこれで終わります。

次回もまた、何かお役に立てそうなことを書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 制限時間あり! | トップページ | 問題行動の原因? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 制限時間あり! | トップページ | 問題行動の原因? »

ゴル男の仲間達