フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬の本 | トップページ | 地獄の週末! »

2008年9月 8日 (月)

問題行動の原因?

最近、そろそろドッグランを再開したいなあなんて考えることが多いんですが、私達のドッグランも結構知られるようになってきて、リハビリ希望の方からメールでのご相談やらいただくことも多いんですね。まあ、そんなこともあって、ここで私のこれまでの経験から感じていることを少し書かせてもらいますね。

ただ、私がご相談を受けるケースは「外での行動」がほとんどなので「飼い主さんへの過度の依存」「分離不安」といったケースは書きませんよ。

今回は、とにかく「外」での問題行動について書きます。

まあ、「問題行動」といっても実際には色々なケースがあるんですが、そうは言ってもかなりの確率で共通した特徴もあると思いますから、私なりに感じることを少しだけ書きますね。

項目別に問題行動に結びつきそうな特長なんかも書きます。

題して「問題行動の原因?」です。

「頼れる存在のいない犬は不安定」

余程自信に満ちた仔とか自立心の強い仔で無い限り、不慣れな環境(例えばドッグランやカフェ)に行ったときには不安になるものです。

こんなときには飼い主さんが「頼れる存在」になって不安や恐怖から解放してあげなければいけないですよね。

ただし、これも一朝一夕で出来る関係ではないので日頃の関係作りが大事だと思います。

これを「本」によっては「主従関係」「群れのリーダー」「服従本能」とか表現していますが、何故、そこにポイントを絞った記述が多いのかを簡単に説明するなら「犬には元々人に従う性質がある」ってことなんですね。

だから、「飼い主」=「頼れる存在」ってことをきちんと分かり易く理解させてあげることから愛犬と飼い主さんとの関係作りが始まるって考えても良い位なんですよね。

そしてこのことは「出発点」であって「ゴール」でもあると思いますね。

先ずは「飼い主さんと一緒なら何が起きても大丈夫」って気持ちにさせて上げて欲しいですね。

これさえ、しっかり伝えて上げれば、少なくとも外での問題行動は激減すると思いますね。

非常に重要なポイントだと思いますよ。

「犬の吠える行動は飼い主さんや生活環境によって強化されやすい」

これは多くの本に書いてある通りです。

不用意な声掛けや普段生活している場所で強化されることが多いんですね。

でも、これも「吠える必要が無いこと」を飼い主さんが教えて上げれば解決出来ることだと思いますよ。

ただし、「吠えること」自体は「遺伝的な傾向が強い」とされていますから、元々吠えやすい仔がいることは事実です。

でも、そんな場合でも飼い主さんがコントロールすることは可能だと言われていますから、決して悲観的になる必要はないと思います。

「外での問題行動は飼い主の存在を忘れることから始まる」

たとえ吠えたり唸ったりする仔でも決して気が強いとは限らないですね。

むしろ逆の場合の方が多いです。

恐怖から攻撃する仔の方が、攻撃的な仔よりも遥かに多いと思いますね。

それとやたらと吠え掛かる仔とか、喧嘩に成り易い仔に共通することは、とにかく、直ぐに飼い主さんの存在を忘れてしまうんですね。

どんな仔でも極度に緊張したり興奮した時には周囲の事がわからなくなる事はあります。

でも、こんな仔の場合には、決してそんなに緊迫した状況でなくとも、簡単に「飼い主を無視する」んですね。

犬のしつけ本に「無視されることほど犬にとってつらいことはない」なんて書いてありますよね。

もしも、この説が正しいとするならば・・・

飼い主さんが愛犬にひどい「罰」を与えられているのかも?

まあ、冗談ですから安心して下さい。

でも、こんな仔の場合には他にも問題を抱えていることが多いと思います。

やはり、飼い主さんとの関係を確立することによって必ず克服出来る問題ですね。

最後に私自身が一番感じていることを書きますね。

「外での問題を抱える仔は家でも問題がある」

これは、本当に感じます。

実は、ご相談のメールをいただいた段階から感じることが多いです。

キーワードは「家では問題がないんですが・・・」ですね。

実際に本当にそんな仔もいますが、確率は非常に低いですね。

では、私が何故、飼い主さんの言葉に関係なく「家でも問題あり」と感じるのかというと、

「犬は飼い主さんとの関係がしっかりしてさえいれば、飼い主さんを無視した行動などは絶対にしない」と思っているからなんですね。

臆病な仔であれば、吠えるにしても飼い主さんの側から離れないでしょうし、気の強い仔の場合には飼い主さんの側で相手を威嚇する程度でしょうね。

決して飼い主さんを無視することはないと思いますよ。

じゃあ、何故、飼い主さんが「家では問題がない」と思われるのでしょうか?

実に単純な話なんですが、愛犬の行動を「誤解している飼い主さんが多い」ということなんですよね。

飼い主さんの解釈が間違った方向に行ってしまっているんですね。

よく聞くお話が「おもちゃを与えておけば大人しく一人遊びをしていて全く問題がないんです・・・」とか「ボール遊びが大好きで・・・」とか「サークルに入っているときは大人しくしているんです・・」なんてパターンですね。

実は、このお話の中には「飼い主さんと愛犬の関わり」が全く見えて来ないんですね。

私はおもちゃやボールを使った遊びを否定するつもりは全くありませんし、サークルの使用を否定するつもりも全くありません。

でも、こんな場合によく起きてしまうことが「飼い主さんの存在<おもちゃやボール」だったり、サークルを自分の縄張りと意識させてしまい縄張り意識を強化したり自立心を強めてしまうこともあったりするんですよね。

最悪、犬が飼い主さんを必要とする時は、「食餌の世話」と「排泄物の処理」になってしまったりするんですよね。

私は犬が人の上に立って群れのリーダーと成りたがるなんてことはないと思っています。

でも、「家族としての意識がない」なんてことはあると思っていますよ。

そんな仔の場合「我が身は自分で守る」「自分にとって都合の良い報酬が得られるなら、誰の言うことでも聞く」なんてなってしまうんですね。

常におもちゃやおやつを使ってアイコンタクトをさせていると「飼い主さんとのアイコンタクト」ではなくて「物とのアイコンタクト」しかしない仔になりがちですし、結果、アイコンタクトの意味が無くなってしまったりするんですよね。

話を戻しますね。

つまり、ご相談を受ける際に飼い主さんと愛犬との関わりが見えない、若しくは見えにくい場合には、私は何となく「家でも問題ありかな?」って感じるんですね。

皆さんのご家庭はどうですか?

「お宅のわんちゃんは何が好きですか?」と尋ねられて「家族です」って自信を持って答えたいですよね。

私はここが一番肝心だと思いますよ。

これさえきちんとしていれば大丈夫ですよ。

もちろん、犬の社会化が上手く出来ていない場合には、経験不足からくる問題は起きるかも知れません。

でも、「経験不足」は経験させてあげることによって克服出来ますからね。

さて、今回はこれで終わります。

次回もまた、何かお役に立てそうなことを書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 犬の本 | トップページ | 地獄の週末! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の本 | トップページ | 地獄の週末! »

ゴル男の仲間達