フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ドッグランの点検! | トップページ | 16kg復活! »

2008年9月29日 (月)

犬の観察力

さて、今回は、前回書いた私達との日常生活の中で、ゴル男が一体何を学習しているのか?ということを書きますね。

当然、ゴル男に確認することは出来ないので、全て私の想像になりますが、学習しているだろう、と思われることを書かせてもらいます。

まあ、どこのご家庭でも、飼い主さんの服装を見て「遊び」と「仕事」を区別したり、普段着であってもゴミ袋を持っていたら、遊びに出掛ける訳ではないとかを誰からも教えてもらわなくとも「理解している」なんて仔は多いと思うんですよね。

そこで今回は、「可能性」の範囲も含め、少し観点を変えて書きたいと思います。

まあ、犬の能力については、意見の分かれることだと思うんですが、なるべく広く考えて書きますね。

先ずは、「時間」の学習から書きますよ。

○色々なことが起きる「時間」を覚えた。

新聞が届く時間、部屋の前の外廊下を人が通る時間、私とカミさんの起床時間、食事の時間(もっと細かく書くと、食事の準備が始まる時間、食事が出てくる時間、食べ終わる時間、片付ける時間)、昼に外でチャイムのなる時間、5時に外でチャイムのなる時間、自分のお手入れの時間、散歩の時間、皆でテレビを見る時間とかを自分の体内時計に記録しているかも知れません。

特に私達の朝の動きは、毎日、同じ時間、同じパターンで進行するので、「行動」と「時間」を結び付けて覚えている可能性もあるかも知れませんね。

多分、出勤前は、ほとんどの方が分単位で正確に行動していると思いますから、覚え易いですよね。

次は「場所」です。

○家の中の「場所」を覚えた。

私の寝場所、カミさんの寝場所、食べ物がある場所(台所、冷蔵庫)、遊んでもらえる場所、足を拭く場所、自分が手入れをされる場所、食事の場所、私が座る場所、カミさんが座る場所、カミさんが内緒で食べ物をくれる場所、私が喫煙する場所、カミさんが裁縫をする場所、カミさんがアイロンをかける場所、風呂の場所、水飲みの場所、トイレの場所(大用、小用)・・・

場所については、かなり多くの「何か」と結びつけて覚えている可能性が高いですよね。

次は「匂い」です。

○様々な物の「匂い」を覚えた。

これはどなたにもご理解いただけますよね。

犬の嗅覚の素晴らしさについては、改めて書くまでもないとは思うんですが、とにかく混じりあった「匂い」をきちんと区別出来るんですね。

私達が視力を使って、ぐちゃぐちゃになっている衣服を一枚毎に別々に認識出来ることと同じなんですが、「警察犬」「麻薬犬」の例を出すこともなく、人を含めて家の中のものの匂いを別々に覚えるなんてことは容易に想像できますよね。

次は「音」です。

○家の内外での「音」を覚えた

私達の「足音」、車の音、料理を作る音、テレビの音・・・

様々な「音」を覚えることが考えられますね。

次は「人の行動」です。

○私達の「行動パターン」を覚えた

詳細は省きますが、前回書いた、私達の行動、特に朝の動きは完璧にパターン化しているので、「次に何をするのか」を学んでいる可能性は十分にありますよね。

そして、私達が何かを始める際のきっかけとか癖まで学習しているかも知れません。

さらにもっと深く考えるならば、服を着る順番、着るパターンなんかも学習している可能性もあります。

「まさか?そんなことまで?」と思われるかも知れませんね。

でも、実際に飼い主の行動パターンを学習して、その先回りをして「必要な物」を奪うことで邪魔をし、挙句に奪われたものを取り返す必要のある飼い主から交換するために「食べ物をもらう」という「報酬を得ること」を覚えた仔もいたそうですよ。

そして、これらのことを結びつけて、様々な事を学習しているかも知れません。

例えば、「辺りが暗くなって、この足音がすると、αが帰宅し、自分を散歩に連れていってくれる。」なんてゴル男に都合の良いことは簡単に学習しているのかも知れませんね。

ここで少し、9月22日に書いた「犬の叱り方は難しい」の中での事例について、今回の内容とからめて書きますね。

飼い主のゴル子さんは、毎日、帰宅後直ぐに必ずボール遊びをする、と書いてありましたが、「毎日」「帰宅後直ぐに」「必ず」ということは、バルド君に毎日の決まり事として記憶されますよね。

更には、「時間」もバルド君の体内時計が覚えていたかも知れません。

そんな状態でゴル子さんが普段とは全く違った行動をとった、ということは十分にバルド君を混乱させる恐れがありましたよね。

そこから、問題が起こった、と考えても良いですよね。

ですから、あまりに几帳面な生活をしていると、予期せぬ出来事への対応が難しくなる、と考えられなくもないんですよね。

だから、私はゴル男とかなり適当に、いい加減な暮らしをしています・・・ハハハ。

真面目に書くと、その辺の調整も愛犬との生活の中で考慮すべきだと思いますよ。

愛犬が幼い頃に私達と生活する上で必要なことを繰り返しきちんと教えることは、非常に大事なことだと思います。

でも、それをマスターしてからは、積極的に「自分」をさらけ出してあげると良いと思いますね。

私達が隠そうとしても、先程も書いたように犬達は「私達の色々なことを観察し、常に学習している」のですから、いつかは必ず分かってしまうんですからね。

まあ、とにかく、私達が意識しようがしまいが、「犬は私達を観察し、私達の個性までも知る」と思うべきだと思いますね。

皆さんはどうでしょうか?

さて、今回はこれで終わります。

もしも、このブログを読んでいただいている方で「愛犬の行動で悩み、どうしていいか分からない」なんて方がいらしたら、ご遠慮なく連絡してくださいね。

出来るだけ具体的な内容をメールしていただければ、助かります。

ということで、次回もまた、何か面白い話題やお役に立ちそうなことを書きますね。

次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、Wan’s LifeHP http://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますからね。

何といっても「三人寄れば文殊の知恵」と言いますから。

力になりますよ!

« ドッグランの点検! | トップページ | 16kg復活! »

コメント

こんにちは。
うちのブヒズたちも、いつの間にか習慣的に覚えていることがたくさんあります。
毎朝ダーリンが出勤するときには騒がないのに
お出かけのときは大騒ぎ。
不思議ですよね。
いまだに、毎日いろいろな発見もあって面白いです。
以前、獣医師さんに習慣づけはしない方がいいと教わったので
ご飯の時間は、毎日一定にしていません。
おかげで、お腹が空いた~って騒ぐことはありません。

<sumodzさん>
確かにありますよね。
我が家でも結構ありますよ。
まあ、私の日常生活は「いい加減」なので、
少ない方かも知れませんが・・・
とにかく「意外性」が楽しいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドッグランの点検! | トップページ | 16kg復活! »

ゴル男の仲間達