フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 守る | トップページ | 迷路 »

2008年8月 9日 (土)

ドッグランのα

さて、今回のテーマは「ランのα」です。

誰のことかと言えば「私達管理人」のことなんですね。

「達」で「α」と言うのは変ですが、まあ、ニュアンスとしてご理解下さいね。

前回、私達のランに初めて来た仔の場合には、私達が相手をしてから自由にさせると書きましたけど、そうすることによって、「恐怖」からも開放されるとも書きましたね。

今回は、その辺のところをもう少し詳しく書きますね。

大体の場合、私達のランに通い始めた頃の飼い主さんは愛犬以上に緊張されていることがほとんどですね。

私達がいくら「大丈夫ですよ」と言っても、飼い主さんは「心配で、心配で・・・」

ただ、ひたすら「心配だけ」しちゃって「見守る」だけになっちゃうんですね。

結果、何も出来なくなってしまう。

こんな時の「犬の気持ち」は、何をどうしたら良いのか、誰を頼って良いのかが分からない!ってなりますよね。

そんな不安定な状況になるのを防ぐために私達管理人が相手をすることが必要になるんですね。

犬は非常に賢くて、直ぐに私達管理人が「ランを守っている」、言い換えれば「α」として他の仔達にも睨みを効かせている存在だということを見抜くようになるんですね。

そんな私達が側にいることによって「安心」しますし、その場の「恐怖も薄らぐ」んですよね。

もちろん最初のうちは、飼い主さんに私達管理人がすることを見ていただいて「どうしたら良いのか」を覚えていただくこともしてはいるんですが、ある程度の時間を経過して、じゃあ飼い主さんもやってみましょう!となっても「固まってしまって動けない」方もいらっしゃいますね。

まあ、私達がワンコの面倒をみることは一向に構わないのですが、そればかりでは、飼い主さんの力強さとか一緒にいる安心感を愛犬に伝えることは出来ないですよね。

かえって「不安」が増してしまうような気さえしますよね。

これまでも何回も書いて来ましたが、愛犬は常に私達を観察していて、決して私達が教えることを学習しているばかりではなく、私達の無意識の行動を学習することの方が多いと思います。

だから、散歩やドッグランといった「外での行動」では、確実に飼い主が愛犬に安心感を与えて上げなければいけないですよね。

多分、そんな安心感を愛犬に伝えてあげることが出来れば、「恐怖」から「闘争」とか「怯えて吠える」なんてことは無くなると思いますよ。

今日も暑くなりそうですが、愛犬とともに避暑にお出掛けとかの方もいらっしゃると思います。

そんなときには、是非、このことをお忘れなく!

さて、今回はこれで終わります。

次回もまた、「αへの道」を目指す方にお役に立ちそうなことを書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 守る | トップページ | 迷路 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 守る | トップページ | 迷路 »

ゴル男の仲間達