フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 食の楽しみ | トップページ | 理想の飼い主 »

2008年8月18日 (月)

重圧!

さて、今回は「重圧」と題して書きますね。

予想通り、私の週末は「ゴロゴロ+オリンピック観戦」となっているのですが、そんな中でメダルを期待されていた選手が惨敗したりするのを見るにつけ、その都度「すごいプレッシャーなんだろうなあ~」って思ったりするんですよね。

そして、これが連想ゲームのように「そういえば、飼い主さんの中にも『散歩や外出』がすごいプレッシャーだって方がいるよなあ」なんて思ったりするんですね。

今回のテーマ「重圧」はそんな方のために書くことにしました。

本来、散歩や外出は犬にも人にも楽しい時間である筈なのに、それがプレッシャーから苦痛になったりするのは何とかしないといけないですよね。

まあ、これまでも色々と書いてはいるんですが、実際に散歩の途中で愛犬が興奮したり吠えたりすると飼い主さんが冷静でいられることは少ないですよね。

小型愛玩犬種の仔とかで「吠えるだけで暴れてもどうにかなる」なんて場合には、飼い主さんがパニックになることまではないかも知れませんが、中型犬クラスからは抑えるのに必死になっている方をみることもありますよね。

まあ、何れの場合でも「楽しい散歩」にならないことだけは間違いないですね。

本来は日頃からの積み重ねで飼い主さんと愛犬のしっかりした関係が築けていれば、それほどの問題にはならないと思うんですが、結構やっかいな状況になることもありますね。

先ずは「吠える」、次には「突進する」なんて順番かな?

まあ、実際に「襲う」なんてことになることは少ないと思うんですが、それでも興奮状態の仔を何とかしなければいけない飼い主さんの受けるプレッシャーは相当なものですよね。

先方に詫びなければいけないこともあるでしょうし、「世間の冷たい視線」もありますよね。

さて、こんな時どうするのが効果的だと思いますか?

まあ、比較的簡単なアドバイスとしては、「アイコンタクトをとって何かをさせる」って方法がありますね。

つまり、愛犬の意識を自分に集中させるんですね。

そして「何かをさせること」で他の犬への行動を抑えるんですね。

でも、これも普段からそんな習慣のない仔にさせるのは無理ですよね。

日常生活の中で出来ないことが、そんな緊急時に出来る可能性なんて限りなく低いですもんね。

じゃあ、やっぱり無理なんでしょうか?

実は、そんなことはないんですよね。

リードの使い方一つで対処出来ると思って良いと思いますよ。

リードは飼い主の不安を伝えるものではなくて、指示を伝えるものなんですから、使い方次第でかなりの緊急時にも対応出来ますよ。

実際にどうするか?ですが、とにかく歩かせることですね。

先方の仔と愛犬の間に自分が入るようにして、リードは短くしっかりと持って、普段と同じように歩かせて通り抜けることを心掛けるだけで良いんですね。

もしも、愛犬の意識が先方の仔に向くことが心配なら、リードで軽いショックを与えて、自分に注意を向けるようにするだけで大丈夫と思いますよ。

この際にやたらと声を掛けたり、叱ったりすることはしない方が良いと思います。

愛犬がその声をどのように受け止めるか分からないときには、声を掛けることは避けた方が無難ですからね。

飼い主さんの声を「応援」と受け止めることもあるかも知れませんし、「叱られた」と受け止めた場合には「犬に対する恨み」になってしまう可能性もありますからね。

余計なことはしない方がいいですよね。

まあ、実際に私達が「問題のある仔」をドッグランで迎えるときには、とにかくリードを持たせてもらってドッグランの中を歩かせるだけですから。

名前を呼んで私達に注意を向ける位のことはしますが、他に何も特別なことはしません。

それだけで全く何の問題もなく落ち着く仔もいますしね。

まあ、もちろん、そうはいかない仔もいます。

でも、私達がリードを持っている限り、何の問題も起きませんよ。

当然、初対面の仔ですから、私達とその仔の間には何の関係もありません。

それでも、指示に従ってくれますよ。

何故だと思いますか?

何故、見ず知らずの私達の指示に従ってくれるのでしょうか?

この答えはこれまでに書いてきたので、敢えて今回は書きませんね。

とにかく、私達管理人がリードを持ってさえいれば大丈夫なんですね。

だから、飼い主さんが散歩で制御出来ない理由はないと思いますよ。

プレッシャーに負けることなく「楽しい散歩」を心掛けて下さいね。

きちんと歩く習慣を愛犬につけてあげて下さいね。

これは非常に大切なことですから。

さて、今回は意味深な書き方で終わりますね。

次回は、また、何かお役に立つことや楽しい話題を書きたいと思います。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 食の楽しみ | トップページ | 理想の飼い主 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食の楽しみ | トップページ | 理想の飼い主 »

ゴル男の仲間達