フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 夜のドッグラン! | トップページ | 主人?親? »

2008年7月30日 (水)

初旅行

お久しぶりです。しばらく、バタバタしていて、すっかり更新が遅れました・・・

と言うのは嘘で、実は、ドッグランも夏季休業に入り、夜のドッグランでのBBQも終わって「すっかり気が抜けてしまった」というのが実情です。

これまで週末ドッグランの開催後には、参加していただいた方に私なりの感想メールを差し上げたり、管理人同士での反省会やら、個別の仔に対する対応とかを電話やメールで相談したりしていて、平日も今よりも遥かに忙しかったんですが、結構、気が張っていたせいか、このブログも毎日更新出来ていたんですね。

それが一段落してしまって、生活のリズムが大きく変わって「サボリ癖」がついてしまったのかも知れません、と言うよりも確実についていますね。

反省、反省!

それでも、ご相談を受けていた方には、その後の様子を伺いたくて、たまにメールを差し上げてはいるんですが、ドッグラン開催中に比べればかなり暇な時間がありますね。

パソコンに向かう時間がめっきり減ったかわりにテレビで「お笑い番組」を見る時間が増えました。

そんな今日この頃だったんですが、たまたま職場で「愛犬との家族旅行」の話をされている人がいて、ふと、思い出したのがゴル男との初めての旅行のことなんですね。

それが今回のテーマ「初旅行」につながるんです。

毎度、お馴染みですが、前置きが長くなりました。

それでは、いよいよ本題に入りますね。

ゴル男との初めての旅行は、今から3年前の8月末でした。

行き先は「秋田県横手市」。

その頃、ちょうど無駄にでかい車を購入し、家族の批判を浴びている最中だったので、この時ばかりと意気揚々と出掛けたんですが、問題は、やはりゴル男でしたね。

積んだ荷物はほとんどゴル男関連グッズ。

本来ならば、大人5人とちび犬一頭なので、「余裕だな!」なんて思っていたのですが、バリケンまで積んだので、8人乗りの車が結構狭く感じましたね。

当時のゴル男はとにかく何でもかじっては壊す犬だったので、その監視が一苦労!

出発の際には、カミさんの足元で大人しくしていた・・・訳はなくて、伏せたまま静かにしていると思っていたら、備え付けのカップホルダーを地味に破壊していました。

運転しながら気付いた私がゴル男を大声で叱るとカミさんが「いいじゃない、これくらい!食べてないんだから。ちゃんと出してるもんね。ねえ、ゴル」と訳が分からない弁護をしだす始末。

慣れとは恐ろしいもので、当時の我が家では、ゴル男が何かを壊すことに対して、食べなければ何を壊してもオッケー状態になっていたんですね。

夫婦揃ってゴル男に調教されていたのかも知れません。

形のある物は、いつかは壊れる!それが少しばかり早くなっただけだ!って感じで、すっかり「無頓着」になっていました。

でも、私にすればせっかく買って一ヶ月も経たない新車でのお出掛けだし、ゴル男連れのお泊りも初体験だったから、結構、楽しい行程を夢見ていたのですが、これをきっかけに現実の厳しさを思い知らされましたね。

その後は車内でウン○をする、シートはかじる、シートベルトの差込口はかじる・・・

それに始末が悪いことにゴル男の場合、決して興奮状態にはならずに、全ての破壊活動が「静かに」行われるんですよね。

車内でのゴル男は眠くなるまでは、座席を渡り歩いては何かすることを探し、眠くなると大好きなカミさんに抱っこされて寝ていました。

まあ、道中での時間を一番楽しんだのは間違いなくゴル男だったと思いますね。

でも、そんなゴル男の行動にも一つだけメリットがあって、おかげで長時間の運転にも関わらず、私が睡魔に襲われることは一度もなかったです・・・

まあ、実際そんな余裕がなかったですね、次は何を壊されるのか心配で!

でも、そんな私も目的地に着くまでには「もう、何でも良いから、好きにしてくれ」って感じになっていましたね。

それまで、私はいつも車内ではゴル男をバリケンに入れていたので、何の問題も起きなかったんですが、カミさんが一緒の場合にはセカンドシートで自由にしていたので、正直、一抹の不安はありましたね。やはり、悪い予感はかなりの確率で的中するものです。

そして、これをきっかけに私の中で「車はいつも綺麗にする」という考え方がなくなり、この3年間、自分で洗車をすることは一回もなかったですね。

まあ、ゴル男も成長したのか、今では家具も車も壊さなくなりましたけどね。

そんな車内での出来事もありましたが、とにかく目的地に無事到着。

実は、旅行と言っても、本来の目的は「法事」なんで、泊まるのも親戚の家。

現地では、特にどこに出掛ける予定もなかったので、私はゴル男が例の破壊活動をしなければいいな~なんて心配をしていたのですが、ご当人(犬)は私の心配をよそに色々な人に遊んでもらい結構楽しんでいましたね。

ただ、ここで一つだけ問題が発生。

たまたまその年は地元の人も驚く程の猛暑で、湿度もかなり高くて、私が住む千葉県と少しも変わらないほど暑かったんですね。

そして「秋田」という土地柄のせいで、エアコンのある部屋が一つしかなくて、それもダイニングキッチンだったんですよ。

結果、私とゴル男はダイニングキッチンで寝ることに。

当初の予定では、夜はゴル男をバリケンに入れるはずだったんですが、周囲の「大丈夫だよ」という何の根拠もない意見に押されて、結局、ゴル男はリードは着けられているものの、自由に寝ることになりました。

それでも心配だった私は右手にリードを巻きつけて寝たんです。

まあ、結論から書くと、何事もなく過ごすことが出来たんですね。

手に巻きつけて寝たはずのリードも外れていたんですが、ゴル男は大人しく布団の上で寝ていました。

犬とは本当に不思議な生き物で、私達が心配して注意していれば何もしないくせに、少しでも気を抜くと何かをやらかしてくれる、私達の心の中を見透かしているかのような行動をしますよね。

様々な紆余曲折はあったものの、ゴル男との初めての「外泊」は何とか無事に終了しました。

こうして当時を振り返ってみると、全てが「笑える、楽しい思い出」なんですが、私的にはどうしても笑えないこともあるんですね。

何かというと、当時のゴル男はカミさん大好きっ仔で、何かと言えばカミさんの後ろをついて歩いてばかりで、私の言うことなんて滅多に聞かないし、仮に聞いたとしても「嫌々指示に従う」程度だったことなんですね。

私からすれば、これは結構、複雑でしたよ。

とにかく、私が呼んでも全く来ない!

カミさんに言わせれば、「毎日、毎日、私が世話をしているんだから当たり前じゃない!」ってなるんですが、私とすればやっぱり悔しいし「何でだよ!」って感じでしたね。

私が拝見するブログにもこんな悲しいパパさんの気持ちを書いたものがありました。

以前、一度そんなパパさん達のために「パパの存在感」と題して書いたことがあるんですが、次回からはそんな「悩み、傷ついたパパさん達」のために「αへの道」と題してシリーズで書きたいと思います。

さて、今回は、これで終わりますね。

しばらく更新をさぼっていましたが、これからもまた何かお役に立てる内容にしたいと思っていますので、よろしくお願いします。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば

Wan’s LifeHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバー全員で応援しますので、ご遠慮なくどうぞ。

三人寄れば文殊の知恵ですからね!

« 夜のドッグラン! | トップページ | 主人?親? »

コメント

我が家も旅行するとなると、人間の荷物より
ショコラの荷物が多くていつも一体何処に何泊するの?って
感じの大荷物ですよsweat01
それでも一緒に旅行できるって楽しいです。
今年の夏休みは何処に行こうかな・・・
次回シリーズを待ってる人が・・・(笑)

<ショコラママさん>
そうなりますよね~
でも、それで楽しくなるなら
荷物の多さなんて関係ないですよね。
新シリーズは期待して下さい!
面白いですよ!!

次回シリーズ、期待してますsign03

<ショコラ父さん>
期待を裏切らないような内容にしたいと
思ってますので、乞う、ご期待!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜のドッグラン! | トップページ | 主人?親? »

ゴル男の仲間達