フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 湿疹でました! | トップページ | 気持ちを伝える! »

2008年7月17日 (木)

犬と遊ぶ

さて、今回は「犬と遊ぶ」と題して書きますね。

以前にも「遊び」については、何回か書いて来ましたが、今回はもう少し掘り下げて書きますね。

実際、多くのご家庭では、「犬と遊ぶ」ことよりも「遊ばせている」ことの方が遥かに多いと思うんですよね。

もちろん、我が家でもそうです。

ゴル男の場合、ゴロゴロしたり、ちらかったおもちゃを壊したり、歯磨きグッズをかじったりしていることがほとんどです。

これは、どちらのご家庭でも大差ないと思うんですよね。

でも、ここで少し気になるのが、「一緒に遊ぶこと」がどれ位あるのかな?ってことです。

もう少し詳しく説明すると、愛犬と一緒になって飼い主さん自身も「楽しみながら遊ぶ」ことがどれ位あるのかな?ってことなんですね。

例えば「うちの仔はボール遊びが大好きでいつもやっているんですよ」なんて場合、飼い主さん自身も楽しんでいるのなら良いんですが、往々にして「義務的」にやっている方もいますよね。

「あの仔が喜ぶから・・・」なんて場合ですね。

こうなってしまうと愛犬は「道具」と遊んでいるだけで飼い主さんと一緒に楽しみながら遊んでいる訳ではないですよね。

下手をすると飼い主さんはいなくても「道具」さえあればオッケーなんてなりかねないですよね。

何かを教えるときにモチベーターとして「おもちゃ」や「おやつ」を使うことは「しつけ本」にも書いてありますし、実際に使われている方も多いと思います。

でも、この際に「おもちゃ」や「おやつ」が目的にならないようにしないと愛犬の注意はモチベーターにしかいかなくなって、結果、飼い主さんが何も持っていないと何もしない、なんてことにもなりかねないんですよね。

これはまずいですよね。

でも、幸いに犬には飼い主さん(上位の者と表現する場合もあります)に評価されることを喜ぶという私達にとって大変有りがたい性質があるんですよね。

だから、私達が「積極的な評価」をすれば犬は喜ぶんですから、「評価」してあげれば良い訳なんですよ。

どうしたらよいのか?

誉めることもそうでしょう。

でも、そればかりじゃないですよね。

私達の喜ぶ姿も同じ効果がありますよね。

つまり、しつけでも訓練でも遊びでも私達飼い主の喜ぶ姿が犬にとっては「積極的な評価」につながるんですよ。

だから、一緒に楽しく遊ぶことは、単に犬の欲求を満足させるばかりではなくて、私達飼い主との関係にも良い影響を与えるんですよね。

これが、私の言いたいこと「一緒に遊ぶこと」の必要性なんですね。

ただ、この際、一つだけ気をつけることがあります。

それは私達のペースで遊ぶことです。

私達が愛犬と一緒にやりたいことをやる、が大事です。

決して愛犬に合わせる必要はありませんよ。

私達の気まぐれに付き合わせるでも構いません。

私達が愛犬と一緒にしたいことをする!を忘れないで下さいね。

きっと、飼い主さんの楽しそうな表情で愛犬も楽しい気分になりますから。

そして、それが飼い主さんと愛犬の絆を強めることだと思いますよ。

私はそう信じて、日夜ゴル男と非常に下品な遊びをやっています。

ゴル男も私達と一緒に遊ぶことが大好きです。

おもちゃよりもおやつよりも私達と遊ぶことが大好きですよ。

だから、奴との暮らしは楽しいんですね。

多分、ゴル男も私達との生活を楽しんでいると思いますよ。

皆さんにも是非お勧めします。

一緒に遊ぶことで愛犬との絆を深めましょうね。

「見て、触れて、一緒に遊ぶ!」

これが一番ですよ。

さて、今回は、これで終わります。

次回もまた、何かお役に立てるようなこと楽しい話題を書きたいと思っています。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 湿疹でました! | トップページ | 気持ちを伝える! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湿疹でました! | トップページ | 気持ちを伝える! »

ゴル男の仲間達