フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 家族の願い!? | トップページ | 湿疹でました! »

2008年7月15日 (火)

好奇心

さて、今回は「好奇心」と題して書きますね。

これまで、私は「大興奮状態の仔」の場合、唸り声を上げているなんて場合を除けば、大体の場合「好奇心」や「恐怖心」、若しくは両方のケースが考えられると書いてきました。

今回は、中でも飼い主さんが「攻撃的」と誤解しやすい「好奇心」からくるケースについて書きますね。

これまでも「犬の社会化」については何回も書いてきました。

ほとんどの仔の場合、幼い頃に「犬の社会化(犬慣れですね)」は済んでいて、「犬」に対する恐怖心は無い筈なんですね。

だから、犬との出会いは普通のことなんですよね。

でも、中には何故か犬を見かける度に「大興奮」になってしまい飼い主さんを困惑させている仔もいるようです。

散歩の途中でも犬を見かけると大興奮で二足歩行になったり、キャンキャン吠えたりで大騒ぎ!中には、家を出た瞬間から、なんてこともあるようです。

こうなってしまうと、私がいくらこのブログで「好奇心」を満たして上げれば大丈夫、と書いてもこちらに近づいてくれる飼い主さんもいなくなってしまいますよね。

確かに自力では解決出来ない問題なのかも知れませんね・・・って思われますか?

実は、私は必ずしも解決出来ない問題だとは思っていません。

確かに難しいとは思いますが・・・

決して不可能だとは思いませんよ。

実は、他の仔に対して「攻撃的」になってしまう仔の場合、私達が飼い主さんにお願いすることは、とにかく「飼い主さんにベッタリ」という位に密着した日常生活をお願いしたりします。

目的は、簡単。常に飼い主さんを「意識」するような仔にしてもらいたいからです。

そのために、甘やかしてもらったり、厳しく叱ってもらったりしています。

ですから、他の仔に対する「好奇心」を抑えるために同じ方法をとることも可能ですよね。

他の仔よりも他の動物より何よりも飼い主さんが一番!状態が理想です。

まあ、これはかなりハイレベルなことなので、簡単に実行することは難しいかも知れませんが、決して不可能なことではないと思いますよ。

次に考えられる方法は、お友達に協力をお願いすることです。

多分、愛犬がそのような状況の方の場合、同じような悩みを抱えているお友達もいらっしゃると思うんですよね。

そんな方と一緒に行動してみるのも一つの方法だと思いますよ。

「好奇心から・・・」という仔の場合には、好奇心を満たしてあげるだけで直ぐに落ち着く、なんてことも多いので、是非、試してみて下さい。

あ互いに「案外、どうということなかったね。」なんて会話が出来るかも知れませんよ。

あと、そんな仔の場合、実は飼い主さんの悩みに必ずと言って良いほど「攻撃性」の二文字が加わってくるんですね。

でも、私の想像では、「攻撃性」なんてことはほとんどなくて、実際には「ちょっかいを出す」程度だと思うんですよ。

ちなみにゴル男の場合も、ご挨拶の後にいきなりマズルを軽く噛まれたことが3回あります。

すべて、私達のドッグランを始める前のお話ですよ。

今から思えばじっとしているゴル男に対する「挑発」程度のことだとは思うんですが、軽く出血もしましたし、先方の飼い主さんがひどく落ち込まれていたのを覚えています。

でも、これを「攻撃性」と考えると問題を複雑にしてしまうんですよね。

強いて言うなら「礼儀を知らない」程度に考えるべきなんですよね。

防ぐことも決して難しくはないですからね。

これを止めさせる方法とかは、これまでに何回も書きましたから、今回は書きませんね。

最終的には「飼い主さんと愛犬の関係」で解決するしかありません。

これも以前書きましたね。

まあ、「愛犬の問題を治す」と言う場合には、すべからく「飼い主さんとの関係を見直す」必要があると思うんですね。

「訓練」や「トレーニング」で指示に従わせることは出来るかも知れませんが、出来ることなら自然に解決したい問題ですよね。

散歩のたびに「付いて」とか「待て」とか大声で叫びたくはないですよね。

どんな仔とも自然にすれ違えるようにしたいですよね。

だとしたら、最終的には「飼い主さんが一番」にするしかないんですよね。

違った考え方もあるかも知れませんが、一般的な場合にはこれが一番時間が掛かるようで一番簡単な方法だと思いますよ。

もちろん、以前から書いているように「環境を整えて落ち着いた仔の協力得て・・・」という方法が取れれば良いとは思うんですが、それが難しいようなら、初めから最終目標である飼い主さんとの「絆」を築くということを目指すのも一つの方法だと思いますよ。

さて、今回は、これで終わります。

次回もまた、何かお役に立てるようなこと楽しい話題を書きたいと思っています。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 家族の願い!? | トップページ | 湿疹でました! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族の願い!? | トップページ | 湿疹でました! »

ゴル男の仲間達