フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 卒業! | トップページ | 暑さ対策! »

2008年7月11日 (金)

相談例から・・・

さて、今回は実際に私達がご相談を受けた事例をご紹介します。

前回「卒業」と題して、実際に「問題のあった仔」のケースをご紹介

しました。

今回は、飼い主さんが「かなり深刻に悩まれていたこと」は事実です

し、私達が「若干のアドバイスをしたこと」も事実なんですが、ワンコ自

身には何の問題もなかったことをご紹介しますね。

今回は、ご本人からの承諾も得られましたので、一部省略、加工はさ

せていただきますが、なるべく原文のまま掲載します。

先ずは、全体の概要について、書きますね。

相談の内容は「他の仔とのすれ違いが出来ない」ということでした。

まあ、結論から書くと、その仔の場合、私達のドッグランでは初回から

何の問題もなく、その後の日常生活でも良い変化が現れて来ている

ようです。

もちろん、これからは違った意味での問題も起きるかも知れませんが、

取り合えずは飼い主さんの「深刻な悩みほどの問題はなかった」と

いうことなんですね。

何故、私が今回このような形で「飼い主さんの悩み」を載せようと

思ったのかというと、多くの場合、飼い主さんの心配とは裏腹に

「犬自身にそんな深刻な問題はない」なんてことがあるということを

お伝えしたいからなんです。

これまで何回も書いて来たように「犬同士の遊び」には結構危険性が

隠れています。

単純に「楽しそう」とばかりは言っていられないんですよ。

これまでにも何回も書いてきましたが、私は決して「犬同士の遊び」を

お薦めしません。

ワンコにとって「飼い主さんとの遊び」が最高の楽しみであって欲しいと

思っています。

「犬同士の遊び」の場合、ヒートアップしてしまえば、怪我をすることも

あるでしょう。

「遊び」から「闘争」に変化して、ダメージを受けた仔が結果的に「犬が

苦手」となってしまう場合もあるかも知れません。

過程を一切無視して、結果的に「怪我をした仔が被害者」で「怪我をさせ

た方が加害者」という、いかにも「人間社会のルール」を当てはめようと

することもあるようです。

実際には、怯えて噛む仔の方が圧倒的に多いと言われているのも

関わらず、「家の仔は攻撃的で・・・」なんてなってしまう。

問題のない仔が問題犬とされ、問題のある仔が良い仔、なんて評価

になってしまう。

よく、「犬の社会には民主主義はない」と言われます。

常に「強い者が勝ち、弱い者は強者に従う」これが「犬」としてのルール

です。

だから群れ社会では「負け犬」なんて存在が出来ちゃうんですね。

でも、私達の家にいるワンコ達は「家族の一員(私達のメンバーは

全員がそう思っています)」ですよね。

決して「犬の群れ社会」「力の社会」で生活している訳ではないです

よね。

だから、ある時は「犬社会のルール」またある時は「家庭のルール」で

行動させるのは、結構、難しいんですよ。

結果、「犬社会のルール」を「人」も「ワンコ」よく分かっていない場合に

「問題がある」と思ってしまうことが起きてしまうんですね。

そして色々な「飼い主さんの都合」が犬に問題がある、という結論を

導き出してしまうんですね。

本当に「深刻な問題」があるとは言えないような場合にも・・・・

ここで、念のために書いておきますが、この例の仔の場合、私達の

判断では、「好奇心」か「恐怖心」もしくはその「両方」から興奮してしま

う、って感じでした。

だから、他の仔達との接触は慎重にやりました。

その結果、大丈夫ってことが分かったんです。

だから、同じようなケースでも、むやみにドッグランでリードオフしても

良い結果が得られるとは限りませんからね。

前置きが長くなりましたね。それではメールの内容をご紹介します。

最初は、ご相談のメールです。

<相談>

予防接種などが済んでお散歩デビューした時に、ご近所の柴犬に

吠え立てられひどく怯えました。

散歩コースを変えれば良かったと今になって反省していますが、

当時は恐怖心を克服させて慣れさせようと考えてしまったので、

犬に対してよくない感情を持ってしまったのだと思います。

以来、ずっと犬を見かけると興奮します。

物凄く甲高い声でいつまでもヒャンヒャンと口数多く吠え立てて

向かって行き、泣き止ませるのも一苦労です。

当時の○○は外に出ると性格が変わってしまい、全くコントロールが

効かない状態で私にとって散歩

は物凄いストレスでした。

すれ違いの興奮で○○の首輪が壊れてしまい、○○が猛ダッシュで

他所の犬に飛び掛ってしまい(相手の子は飼い主さんに抱っこされて

無事でした)、このままではいけないと思い訓練士さんに来ていただく

ようになりました。

昨年の11月から先生に週2回自宅に来ていただき、現在も訓練を

受けています。

訓練の内容は、アイコンタクト・脚側行進などの基本と、外では全く

遊べない子なので広い公園でのボール遊びや自転車引きなどを

教えてもらいました。

外に対する興奮が激しく集中力もなく、訓練は薄紙を1枚1枚

剥がしていくような進み具合で、先生には「他の生徒さんより時間が

かかったね」と言われましたが、現在はすれ違いと車内での吠え以外は

問題がなくなりました。

<略>

○○は走るのが大好きです。自由に走らせてあげたいのに、今のままで

はどこにも連れて行ってあげることが出来ません。

どうぞ宜しくお願い致します。

以上がご相談のメールです。

次に私達のドッグランに遊びに来てからいただいたメールです。

<ドッグランへ行って>

今日は大変お世話になりました。

初めてがいっぱいの日でした。

無邪気な○○の表情・・・3年近く一緒に暮らして、あんなにも生き生き

とした○○を見たのは初めてです。

沢山沢山褒めていただきました。

お利口だね、可愛いね・・・○○には一生涯縁のない 言葉だと

思っていました。

嬉しかった。本当に、嬉しかったです。

○○はドッグランで遊んでいる時に、

私にたくさん「お母さん、お母さん!!」って話しかけて、

全身で「大好き!!」って言ってくれたんです。

なんて健気で愛らしい子なんだろうと、後ろめたさと心の痛さで

いっぱいでした・・・ 

次は、日常生活の変化に関するメールです

<変化>

今朝の散歩での嬉しい報告です!!○○はやっぱり変わって

来ましたよ。

前回、嬉しいご報告をした時には自分の判断に微妙に自信が

持てませんでしたが、今は確信に変わってます。

散歩中の○○の様子に落ち着きが出てきました。

以前は、周囲の様子をとても気にしていて、始終キョロキョロ

していました。

見通しの悪い所や、犬を庭先で飼っているお宅の前を通る時や、

犬を連れていそうな人 が歩いている、などの状況になると、

かなり手前から引っ張って歩いていました。

今は、こういう理由での引っ張りがゼロになったんです!!

(ただし、この劇的な変化は私にだけの限定なんですけどね)

あんなに大変な思いをして(させて)、毎日毎日努力して(させて)

いたことがウソみたいです。

だって、○○のほうから私を気にして、歩調を合わせてくれているん

ですもの。

しかも、位置も私の足より30センチは後ろを落ち着いて歩いて

います。

訓練している時には、脚側で歩くという事がとても大切だったので、

とにかく脚側でいるように努力してきました。

でも今は管理人さんに「脚側なんかより、○○と私にとって、

もっともっと大切な事がある」って事を教えてもらい、

今の私には脚側なんて「○○の興奮や緊張のバロメーター」

くらいの気持ちしかなくなりました。

それでも、我が家の周囲の道路状況を考えると、

脚側で歩けるという事は、○○と安全に散歩が出来るという意味で、

とても嬉しい事です。

それから、犬とのすれ違いですが、

今朝は1頭(ダックス)と会いましたが、吠えずにいることが出来ました!

厳密にはすれ違いではなく、T字路で突然出くわした感じで、

相手の方とは左右別の方向に進んだので、

一瞬出合った感じなのですが、これも、以前なら確実に吠えて、

大変な事になっていたはずです。

興味は持つものの、私の前に出ることはなく、「行こう!」の声で

私と歩き出しました。 

すごい!!本当にすごい!!

「○○、すごいね!やれば出来るじゃない!!」と褒めてやると、

「あ~?別に~」と、愛想のない反応をされました(苦笑)

これからも、こんなふうに褒めるおしゃべりを○○としながら、

楽しい散歩が出来るといいな。

以上です。

まあ、どのように受け止められるかは、お任せしますが、

ほんの些細なことから「問題」が始まり、「飼い主さんの悩み」が

改善の道を閉ざして、結果、「問題犬」を作り出してしまうんですよ。

もしも、愛犬のことで悩まれているとしたら、

ほんの少しだけ考え直してみていただければと思います。

これをお伝えしたくて、こんな形で書きました。

毎回毎回、長くてすいません。

さて、今回は、これで終わります。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 卒業! | トップページ | 暑さ対策! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業! | トップページ | 暑さ対策! »

ゴル男の仲間達