フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 暑さ対策! | トップページ | 好奇心 »

2008年7月14日 (月)

家族の願い!?

今回のテーマは「家族の願い!?」です。

これは、実際に「愛犬に関する悩み」、特に「犬が苦手」って仔のお話しを伺っていて感じることが多いのですが、実はご家族の間でも「愛犬の何を問題と考えて、どうしたいのか」ってことが違うケースが多いんですよね。

多いケースはパパさんは「家族とは上手く生活出来るんだから、このままでも良いんじゃないかな」って思われているけど、ママさんは「何とかしたい」って感じですね。

実際に私達にご相談に見える方の場合、既に「しつけ教室」や「訓練士さん」や「トレーナーさん」のお世話になっている方がほとんどです。

多分これまでにも、パパやママの間では色々な葛藤があったんだろうな~って思いますね。

以下、私の勝手な想像です。

「このままじゃ、あの仔のどこにも連れていってあげられないじゃない!何とかしてあげなくちゃ!」とママさん。

『そんなこと言っても、俺達とは楽しく暮らせるんだから、今更、また、ドッグランとかに行って相談して、あの仔に厳しい訓練みたいなことをさせなくても良いじゃないか。今までもやったけど駄目だったじゃないか!』とパパさん。

「また、そんなこと言って!あなたは毎日会社であの仔の面倒なんて全然見てないくせに、どうしてそんな事が言えるの?」

「私が毎日毎日あの仔を連れて散歩に出かけるときにどんなに大変なのかあなたには分からないの?」

『俺だって、会社から帰ってからはあの仔の相手をしてるじゃないか。風呂にも入れてるし、一緒に寝てる位なんだからさ。』

「そんなの遊んでいるだけでしょ!お風呂に入れるとか、一緒に寝るとかはあなたが好きでしてるだけでしょ。あの仔を連れて外に連れて出るときの私のストレスなんか全然分かってないんだから!!」

「何も私だって、あの仔を「名犬」にしたいなんて思ってないわよ。せめてお散歩位は楽しみたいし、あの仔の為にも他の仔と一緒に楽しく遊べるようにして上げたいのよ!」

『分かったよ。お前の好きにしなよ。でも、費用も掛かるんだろうし、大丈夫?これまでにも結構掛かったけどさ』

「お金は大丈夫。あなたのお小遣いを減らすから!」

「え~~~~~!」

じゃん、じゃん。なんて会話があるのかも知れませんね。

ちなみに私達のドッグランでは、厳しい訓練なんてしませんし、費用も一切掛かりませんからね。念のために書いておきます。

真面目に書くと、私はパパの選択も「有りだな」と思いますよ。

実は、私もドッグランを始めるまでは、間違いなくそう思ってましたから。

我が家の場合、犬との生活なんてゴル男が初めてでしたし、私自身何の知識も無かったので、犬連れの方とのお話やゴル男に「犬同士の遊び」を経験させたいと思ったりもしていました。

この顛末については、これまでに何回も書いて来ましたから、今回は省きますが、とにかく「嫌な経験」しかなかったですから、ドッグランなんて「行きたくない」と思っていました。

それでも、カミサンの言い分を無視ばかりはしていられないので、何回かは行きましたが、それでもやっぱり気持ちは変わらなかったですね。

だから、パパさんの気持ちは良~く分かります。

でも、今は、それ以上にママさんの気持ちも分かるようになったんですね。

本当に「散歩」は毎日のことですし、「動物病院」でも同じです。

たまにはドッグカフェとかにも出掛けて、飼い主さんの同士の会話に花を咲かせたい、なんて気持ちも十分に理解出来ます。

ましてや、フレブルのように「皮膚が弱い」「呼吸器、関節や骨格に問題がある」なんて仔が多い犬種だと「このシャンプーが良いみたい」とか「このサプリが良いみたい」とか「○○病院の先生はすごく親切で・・・」なんて情報交換もしたいですよね。

ということで、私の場合「6:4」でママさんの味方ですね。

え?それでも「6:4」程度?って言われそうですね。

実は、これにも理由があります。

これまでも何回も書いて来たから、既にお気付きかもしれませんが、私は「誰とでも仲良く遊べる仔にしたい」は正直無理だと思っていますし、そうさせたいとも思いません。

理由は簡単です。

いくらこちらの仔がフレンドリーになれたとしても「相手」があることだけに常に「危険性」が同居しているからなんですね。

不特定多数の仔がいる場合には、近づいただけで「攻撃的」な反応を見せられることもありますし(我が家の仔がそうです!なんて方もいるかも知れませんが)嫌な経験をすることもあると思います。

だから、不特定多数の仔がいる場所でも「落ち着いていられる仔にしたい」までは、十分に理解出来ますし、実現可能なことだと思います。

私達のドッグランでの「目標」もそこにあります。

それ以上を望む場合には、飼い主さん自身の頑張りがかなり必要になると思いますが、既にそれ以上になっている仔もいるので、これも実現可能だとは思いますよ。

それまでは「喧嘩上等!来るならこい!」だった仔が「我慢が出来る」までに成長していますからね。

ドッグランの中で常に飼い主さんを意識するようになっています。

信じられないかも知れませんが、先方の仔に仕掛けられたときに飼い主さんにアイコンタクトを求め「やっても良いですか?」と「確認」もするんですよ。

飼い主さんが「駄目」と伝えれば「防戦」に終始します。

ちなみに「管理犬」は全員確実にこれが出来ます。

バルトは未虚勢の男の仔です。

ある時、男の仔の大切な場所(玉タマです)を噛まれ出血しましたが、それでも「我慢」しましたし、葉月はしつこく噛まれ、相手の仔の口の周りが葉月の毛だらけになっても決して「攻撃姿勢」は見せずに「我慢」します。

ちなみに両方とも犯人(犬)は先日卒業した「ショコラ」ですよ。(まあ、それでもちゃんと「卒業」までいける証明、ということでママさん許してね。)

ゴル男の場合も私が「止めろ!」と言えば「我慢」しますし、「反撃」を許した場合でも「止める」と言えば止めますよ。

普段、ほとんど何も私の言うことを聞かないゴル男でさえ、「肝心な指示」には従うのが「犬」なんですよ。

どうしたらそうなれるかは、これまでにも書いて来ましたから、是非、実践してみてください。必ず、効果が出ると思いますからね。

少なくとも他の仔と一緒でも落ち着いていられるようにはなりますからね。

でも、決して無理はさせないで下さいね。

さらに嫌な経験を積ませるは最悪の結果しか生みませんから。

その事は忘れないで下さい。

さて、今回はここまでです。

次回もまた、何かお役に立てるようなこと楽しい話題を書きたいと思っています。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 暑さ対策! | トップページ | 好奇心 »

コメント

あぁ~恥ずかしいcoldsweats01
今、このブログを読むだけで嫌な汗がでますね。
「証明」になればいいのですが・・・happy01
本人(ショコラ)は、今日もパパのブログに実名登場してるなんて
思いもせずに涼しい顔して寝てますよ。

十分「証明」になってますよ。
これからは、「安定した成長」を見せてくれますよ。
楽しみ!楽しみ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑さ対策! | トップページ | 好奇心 »

ゴル男の仲間達