フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬と遊ぶ | トップページ | ドッグランでBBQ »

2008年7月18日 (金)

気持ちを伝える!

今回は「気持ち伝える」と題して書きますね。

「気持ち」というのは、もちろん「飼い主さんの気持ち」です。

飼い主さんが愛犬を叱るとき、たまに「○○!どうして分からないの!」って言ったりしますよね。

私達のランでもたまに聞く言葉です。

でも、分からないから同じことを繰り返しているんで、この言葉は「単なる愚痴」に過ぎなくて「愛犬には伝わらない言葉」ですよね。

もちろん、私もゴル男のいたずらに対して「何回言えば分かるんだよ!」とか言ってますが、私の場合には決してシリアスなものではありません。

正直、叱ってはいないんですね。

取りあえず言っておくか程度、「あ~あ、またかよ」程度の気持ちです。

ゴル男にしても「何回言われてもやめないよ!だって、俺、これが好きなんだから仕方ないだろ、お前があきらめろよ」ってな感じかも知れません。

私は、これで良いと思っています。

私自身、ゴル男に対して「何でも私の言うことを聞く仔」になって欲しいとは、全く思っていませんからね。

そんなことよりも奴との会話を楽しみたいですね。

もちろん、全て私の想像ですが、私は奴の気持ちを理解していると思っていますし、私の声掛けに対する奴の反応でお互いの「会話」が成立していると考えていますよ。

だから、ゴル男との生活を心底楽しめるし、ゴル男も私を信頼してくれていると思っています。

以前も書きましたが、とにかく愛犬が何を考えているんだろう?って悩んで、結果、愛犬に尋ねるというパターンは止めた方がいいですよね。

明らかに順番が逆です。

とにかく「犬」は私達の庇護のもとで生活が成り立っている訳で、生きていくために私達を求めている生き物なんだって自分に言い聞かせる位の気持ちが必要だと思いますね。

愛犬は常に飼い主さんからの「答え」を待っているんですよね。

愛犬の期待する「答え」は、遊びだったっり、散歩だったり、食餌だったりするのかも知れません。

ときには、飼い主さんの出した「答え」が全然見当違いの場合もあるのかも知れません。

でも、その「答え」は何でも良いんですよ。

分からなかったら、飼い主さん自身が勝手に決めることです。

仮に愛犬が遊びたいと感じているときに「散歩」でも構わないんです。

常に私達飼い主が出した「答え」が「正解」なんですから。

『でも、私達の出した「答え」が間違っていたときはワンコが可哀想じゃないですか、具合でも悪かったとしたら・・』

という意見もあるかも知れませんが、犬は決して「病気」を教えてはくれませんよ。全て、私達が判断しなければ病院にいくことも出来ませんよね。

だから、私達の「判断」が大切なんですよ。

それに最初にうちはともかく、愛犬との日々を過ごして行く中で、次第に愛犬の表情から「気持ち」は理解出来るようになりますよね。

これが「出来ない」となると問題ですよね。今からでも再度愛犬を「見て、触れて、一緒に遊ぶ」を実行して欲しいですね。

実は、最初に書いた飼い主さんの「○○!どうして分からないの!」という言葉も明らかに日常と違う行動を愛犬が取るから出る言葉なんですよね。

家では穏やかな仔がドッグランで他の仔に会うと攻撃的になったり吠えたりするから、飼い主さんが混乱して出る言葉だと思うんですよ。

ここでようやく今回のテーマ「気持ちを伝える」必要性が出てくるんですよ。

毎度のことながら、前置きが長くなりました。

私の言いたい「気持ちを伝える」っていうのは、愛犬に「私達は結構いい加減だし、気分次第であなたを叱ったりすることもあるけど、あなたの事を想う気持ちだけは間違いない、だから、お互い信じあって暮らして行こうね」ってことを伝えるって意味なんです。

分かりにくいかも知れませんね。

私は「叱る」にしても「誉める」にしても「気持ちを伝えなければ意味がない」って思っていますし、このブログでもお伝えしてきたつもりです。

だから、私は基本的に「家具を壊す程度」の些細なことでは、ゴル男を「叱らない」ことにしていますし、やたらと誉めることもしません。

もちろん、それぞれのご家庭で価値観は違うでしょうし、違って当然だとも思っていますから、「叱る」や「誉める」の基準も違うと思います。

当然、私の中にもゴル男に絶対に「して欲しくないこと」はありますし、私がゴル男に理不尽な要求をすることもあります。

これをゴル男が守れなかったときには厳しく叱りますし、私の理不尽な要求に素直に従ったときにはきちんと誉めるようにしています。

だから、ゴル男に一番に教えなければいけないのは「私のこと」だし、「家族のこと」だと思っています。

「私達」を「愛犬に理解させる」ってすごく大事だと思いますよ。

私は「これが一番大事」って位に思っています。

さて、今回は、これで終わります。

次回もまた、何かお役に立てるようなこと楽しい話題を書きたいと思っています。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

私へのメッセージ、愛犬に関する悩み事等何かあれば、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

私のみならず、メンバーみんなで応援しますからね。

« 犬と遊ぶ | トップページ | ドッグランでBBQ »

コメント

たまに、何で~~~???って
いつもと違う行動をとったり、しますね★

どう考えても、理解不能な行動があります^^

これからも、きっといろいろ驚かせてくれるんで
しょう・・・何らかの理由があるのは解るのですが、
なかなか、何でか?は解らないときがあります。

ゴルちゃんは幸せワンコです^^
うちは、家具をかじりだすと・・。

駄目でしょ?ってすぐにママのお叱りの声が^^

<バニショコママさん>
ゴル男の家具に関しては、とっくに諦めましたから
悲しいお話ですよ・・・
でも、犬の突発的な行動も楽しいもんですよね。
我が家では、諦め半分で結構楽しんでますよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬と遊ぶ | トップページ | ドッグランでBBQ »

ゴル男の仲間達