フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬の悪知恵 | トップページ | 散歩中のトラブル回避方法 »

2008年7月 3日 (木)

皮膚対策!

さて、今回は、今までにも何回か書きましたけど、ゴル男の皮膚対策について書きますね。

最近は、湿気も多くてフレブルには、全く持って「不快な季節」がやって来ましたよね。

まあ、皆さん、それぞれのご家庭で念入りな対策を講じているとは思いますが、我が家の歴史を振り返って、書いてみます。

参考にはならないと思いますけど・・・

この2年間、全く問題がないことは事実なので、とにかく書きますね。

ゴル男の場合、1歳の誕生日を境に湿疹大王になってしまい、結果的にアレルギー検査を受けたんですね。

獣医さんは「アレルゲンを特定しても、現実的には対応が難しいし、費用も結構掛かるし、意味ないと思いますよ」(良い獣医さんでしょ)

でも、私は「フードに入っているものが原因だといけないので、是非お願いします」と獣医さんを押し切って、検査を受けました。

検査結果は、92品目中、擬陽性5品目、陽性26品目でした。

食物は代表的なもので、豚肉、卵、コーン、ソルガム、大麦ってとこでした。

ついでに他のものも書くと、草、雑草、樹木が32品目中14品目が駄目。

真菌/カビのほかハウスダストも反応が出ていました。

この結果、それまでのフードはやはり「コーン」が多く含まれていたので、ゴル男用のフードを発注することにしました。

それでも、ゴル男の湿疹は改善されませんでした。

掃除もまめにしたし、空気清浄機もつけたのですが、結果は変わりませんでしたね。

洋服も植物対策用にと思って着せていたら、獣医さんに「なるべく洋服は着せないほうがいいですよ。」と言われて対策が無くなってしまうし・・・。

シャンプーも色々なものを試しました。

通常のもの、薬浴(硫黄)、ノルバサン、あと、トリマーさんに調合してもっらたものを使ったりもしました。

シャンプーのサイクルも30日連続とか一日おき、二日おき、三日おきとかやりましたね。

でも、結局は、湿疹は消えずに抗生剤やステロイドの服用もしました。

ゴル男が痒がってあちこちに身体をこすり付けたりしているのを見ると、とにかく何とかして上げたいの一心から一生懸命勉強もしましたし、本当に色々なことを試しましたね。

薬についても、自分でネットで調べたり、友人の医師や薬剤師に「効能」と「副作用」の確認をしたりで、結構、知識も豊富になりましたね。

<ちなみに当時私がよく見ていたHPは「動物のくすり」http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/yakuri/animaldrugs.htmです。参考になると思いますよ。>

中には、獣医さんに処方された薬について、友人から「あんまり、効かないよ。効いたらラッキーだな」なんて言われたこともあります。

薬価についても教えてもらったりしましたね。

きっと、そんな努力を影から誰かが見ていてくれたんでしょうね。

ある時から、ゴル男の身体から湿疹が消えたんですよ。

ゴル男が椎間板ヘルニアで下半身が麻痺したことは、これまでに何回も書きましたよね。

実は、この時が「湿疹ゼロ生活」のスタートだったんです。

つまり、シャンプーをしてあげたくても出来なくなったんですね。身体に負担が掛けられくなりましたから。

もともと比較的冬場は草とかもないし、大丈夫だったんですけど、それでも少しは湿疹が出たりしてたんですよ。

ところが、それが出来なくなり、リハビリのためにとドッグランで遊ばせるようになって、枯れ草や土まみれになって遊ぶようになって良くなったんですね。

もっと分かりやすく言うと、「汚い犬」になったんですね。

たぶん、ゴル男の体の表面にはバクテリアがたくさん生息してるんでしょうね。

それが、たまたまゴル男の皮膚には良かったんだと思います。

実際、ゴル男の皮膚対策でお世話になっていたトリマーさんからは「体質は変わらないんだから、ドッグランとかは止めた方がいいよ」と言われていた位ですから。

だから、全てのアレルギーや皮膚病に悩むワンコに良いとは思ってはいませんよ。

でも、我が家の一つの成功例だとは思ってます。

それまでのゴル男は、会う人会う人に必ず、「綺麗にしてますね!」って言われてたんですけど、当時、例のカフェのオーナーには「自然児って言ったって限度があるよ~。汚れが落ちてないよ!」とまで言われましたからね。

でも、当たり前ですよね。

以前はドッグランなんて行ったこともないし、草のあるところなんて避けて通ってましたからね。

今の季節は最低週2回はシャンプーしてたし、本当に我が家の「若様」でしたから。

まあ、何もしないのが良くなった理由ってもの悲しいですけどね。

でも、ずっと気にしていた「指の間の赤み」も消えて、毛も生えて来たし、本当に何故かは分かりませんが、「健康な仔」になりました。

ちなみに以前は、「含まれている物」については、かなり神経質になっていたんですが、今では「少しなら平気だよ」って感じで、本当に何でも一緒に食べています。

これは、本当に良くないことだと思って、一瞬躊躇はするんですが、限られた時間しか一緒に暮らせないんだし、出来る限り、美味い物を食べさせてあげたい!という気持ちが勝つんですね。

まあ、私の飼い主としての責任で食べさせています。

実際、ほぼ全ての犬の一生は20年に満たないというのが現実だと思うんですよね。

人間と同じに考えれば、犬達は「生涯を未成年で過ごす」訳で、「保護者」である私達が判断すべきだと思うんですよ。

皮膚病にしろアレルギーにしろ、対策を講じてあげられるのは「私達」しかいないんですし、「何をどうすべきか?」は常に私達の判断に委ねられているんですよね。

確かに、ゴル男の腰のリハビリのためにドッグランをやるかどうかを考えたとき、周囲には「ゴル男の皮膚に良くない!」という意見もありました。

でも、「皮膚」については、それまでも散々苦労していたけど、良い結果は出せませんでした。

獣医さんを始めとする「専門家」の意見を伺っても改善はされませんでしたし、最後は、ステロイドに頼るだけ。

皮膚の弱さを考えたとしても、極力腰に負担を掛けない環境で筋力をつけるには、草の生えた場所、柔らかい地面の上で運動をさせるしかない!と考えました。

結局、友人の協力を得て、今のドッグランを作ったんですね。

どうせゴル男に苦労させるんだったら、せめて、どちらか一方だけでも何とかしたいと思ったんですね。

結果は、これまで何回も書いてきたとおり、これまでのところ、ヘルニアの再発も起きていませんし、湿疹ゼロの記録更新中です。

もちろん、私もゴル男の日常のケアについては、細心の注意を払っているつもりです。

と言ってもごく普通のことしかしてませんが・・・

毎日のブラッシングは先ず硬めのブラシで抜け毛を取り、身体にペットクールをスプレーしたあと柔らかめブラシでブラッシング。

顔は「ペットクール」をつけたコットンで拭いています。

耳は「ノルバサンオチック」をコットンにつけて二日に一度掃除しています。

ドッグランにいるときでも、ゴル男の様子を見て、疲れが見えるようなら、休憩もさせていますし、体温が上昇したり、呼吸が荒くなったりしたら、確実に休憩させるようにしています。

ちなみに、現在のゴル男の「お風呂」は毎週日曜日、ドッグランから帰ってから入れてます。

そう「入れてます」なんです。

浴槽にお湯をはって本当に「入浴」させてますよ。

シャンプーは「ノルバサン」です。

ゴル男の肩よりやや下くらいにお湯を張った湯船に入れて、先ずは全身をマッサージしながら十分に濡らします。

それから直ぐに栓をあけてお湯を抜きます。

お湯を抜きながら、シャンプーをします。

シャワーでシャンプーを落とします。

この際、足の裏や指の間、尾の付け根は、とくに念入りに洗います。

でも、とにかく短時間で洗うように頑張ってますね。

今は、ゴル男の腰の負担をなるべく軽くして洗ってあげるには、この方法がベストだと思ってますよ。

あとは、いかに綺麗にしてあげるかですね。

まあ、これからも問題は起きるのかも知れませんが、今はひたすらヘルニアの再発を防ぎながらも筋力を落とすことなく、湿疹ゼロ記録を伸ばしたいと思ってます。

記録が途絶えたらすぐにご報告しますね。それと原因も。

同じように愛犬のアレルギーや皮膚病で悩んでいる皆さん!頑張りましょうね!

さて、今回はこれで終わります。

次回もまた、皆さんに楽しんでいただけるような事、お役に立ちそうな事を書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 犬の悪知恵 | トップページ | 散歩中のトラブル回避方法 »

コメント

こんにちわ、本当に毎回期待を、裏切らないお話に感心します。ワンコに限らずですが、掛けた努力の分しか報われないんですよね。ゴルぱぱ夫妻のゴル男への愛情が、努力の源なのですね。誰かがちゃんとみていますよ。我が家のGレトリバ-17年目ですが、元気です。3月頃は脚の具合が、悪かったのですが、今はよくなりました。きんごろうと、毎日散歩しています。動物の回復力はすごいですよ。人間みたいに、くよくよ悩みませんから。またお会いする日を楽しみにしています。

<さくらば きんごろうさん>
ありがとうございます。
大したことはしていないのですが、
少しでも、お役に立てればと思って
書き続けています。
これからも、頑張りますのでよろしく!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の悪知恵 | トップページ | 散歩中のトラブル回避方法 »

ゴル男の仲間達