フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パパ派?ママ派? | トップページ | 犬同士の遊びって? »

2008年6月13日 (金)

何が問題?

今回は、「何が問題?」と題して書きますね。

最近、あちこちのブログを拝見したりしているんですが、随分と小さい仔に関しても、結構、色々な事で悩まれている方がいらっしゃるんだなあ~って思うんですよね。

でも、実際には「あまり気にする必要はないなあ~」ってことがほとんどだと思いますね

とにかく、最初は家で飼い主さんと一緒に遊べれば十分だと思いますし、外での行動よりも「身体」のことを注意した方がいいと思いますね。

フレブルの場合には、先天的な「疾患」を抱えている場合も多いですからね。

散歩で引っ張るとか匂い嗅ぎばかりするとかを気にされてる方も多いようですが、外は家の中と違って刺激が多いですし、はしゃぐ気持ちも分かりますよね。

そんなに神経質になるよりは、毎日の暮らしの中で愛犬との関係作りに励んだ方が良いと思いますね。

直ぐに飼い主さんの気持ちを理解して行動出来るようになりますから。

確かに専門家の方に「トレーニング」とか「訓練」とかをお願いするのも一つの方法だとは思いますが、最終的には飼い主さん自身が出来なければ、どんな「トレーニング」「訓練」も決して効果的とは言えないですよね。

とにかく、飼い主さん自身と愛犬との関係が確立されないと先々で思わぬ苦労をする可能性がありますからね。

私は、そう考えていますよ。

幼い頃から飼い主さんが考慮すべきことを強いて言うならば、「人」は「犬」にはなれないので、「犬との関係」については、他の仔の協力がなければ出来ないってことですね。

でも、ここから先は、「飼い主さんが愛犬に何を望むか」「どんな仔になって欲しいのか」によって、かなり違ってきます。

先ずはどなたでも、他の仔ときちんとご挨拶が出来るようにはなって欲しいとは思われると思うんですよね。

まあ、これは、毎日のお散歩で十分にクリア出来ることだと思います。

何らかの原因があって、他の仔に対する「恐怖心」を持ったまま成長してしまったとしても、確実に治せますから、そんなに心配することはないですよ。

さて、愛犬が「犬同士のご挨拶」に関しては、何の問題もなく育ったとしましょう。

次に愛犬にどうなって欲しいのかによって、ここから先はかなり違ってきますね。

具体的に書くと犬同士の遊びを「出来るようにしたい」のか「出来なくても構わない」のかなんですね。

「犬同士のご挨拶」が出来れば、どんなところに行っても大丈夫!何の心配もないと思いますよ。

よく本には「犬は大人になっても遊びが大好き」、「犬同士の遊びは犬にとって良い影響がある」と書かれていますよね。

これは正しいと思います。

でも、これが実際には難しいんですよね。

ほとんどの仔は親犬から離れてから、そんなには他の仔と遊ぶ機会が無く育っていると思うんですよ。だから、そんなに「遊び上手な仔」はあまりいないんですよね。

犬同士の遊びの場合、軽く噛むとか「喧嘩ごっこ」みたいな事もして、上になったり、下になったり、追いかけたり、追いかけられたりして遊ぶんですね。

でも、これが「出来ない仔」も結構多いんですよ。

ちなみにゴル男は出来ません。

軽くでも噛まれれば「何すんだよ!」って感じになりますね。

だから、仮にご自分の愛犬が「遊び好き」に育ったとしても「相手がいない」なんてことも十分に考えられるんですよね。

特にフレブルの場合には、走るにしても取っ組み合いをするにしても、とにかくハードですよね。

一度、スイッチが入ったら、「もう、どうにも止まらない(古いなあ~)」状態!

万が一、一方的にこんな仔の相手を無理やりさせられたら・・・

決して楽しくはないですよね。

嫌で逃げているのか、楽しんで走っているのか、飼い主としては判断できないといけないですよね。

嫌で逃げているなら、助けてあげたいですよね。

楽しんで走っているなら、見ていれば良いですよ。

どう、思われますか?

結局は、犬同士の遊びにも「人の関与」が必要になる場合があるんですよね。

一緒に遊ばせるにしろ、お互いに先方の仔を見極めないといけないですよね。

仮にお互いの飼い主さんが「多少の怪我」なら構わないから、と考えたとしても、果たして愛犬は同じに考えてくれるでしょうか?

この判断は難しいですよね。

確実に言えることは、犬同士の遊びが上手でも苦手でも、愛犬との日常生活の中では「何の問題もない」ってことです。

当然、そんな仔達が同じドッグランにいても何の問題も起きないでしょう。

強いて言うなら、遊びに誘う仔が「問題犬」に見えてしまう恐れはありますね。

でも、飼い主さんがきちんと対応出来れば、何の問題も起きません。

どちらの仔も何の問題もないんですから!

さて、皆さんは愛犬に何を望みますか?どんな行動をして欲しいですか?

何の問題もなく大人しく過ごして欲しいですか?

わんぱくでも良いから、他の仔達と元気に遊んで欲しいですか?

今回は意味深な言葉で終わりますね。

当然、結論は、それぞれの方で違うでしょうから。

ということで、次回もまた、何か興味を持っていただけることを書きますね。

次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« パパ派?ママ派? | トップページ | 犬同士の遊びって? »

コメント

初めましてm(*・´ω`・*)m

フレブルひろば から勝手にお気に入り登録させて頂いて、色々と勉強させて頂いてます。

うちの息子ハッピーと顔が良く似てて、ゴル男君も我が仔のような錯覚になります(。・ω・)ノ

しかも、大変勉強になる内容ばかりです。
初めてのコメントで支離滅裂になっちゃいましたが
お許し下さいませm(*・´ω`・*)m

大変でしょうけど、ドックラン頑張って下さいね
近かったら是非伺いたいのですが、残念です。
これからも色々と勉強させて下さいね。
ありがとうございますm(*・´ω`・*)m

<ハッピーママさん>
ありがとうございます。
今度、私もお邪魔させていただきますね。
ハッピー君、ゴル男と似てるんですか!
でも性格は似てない方がいいでしょうね。
なんせ「破壊王」ですから・・・
頑張って更新しますので
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パパ派?ママ派? | トップページ | 犬同士の遊びって? »

ゴル男の仲間達