フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犬の手なずけ方 | トップページ | 苦手克服 私達流! »

2008年6月19日 (木)

悩み事もチャンス!

さて、今回は、前回の「続編」みたいなものです。

題して「悩み事もチャンス!」です。

分かりやすく書くと、「問題が起きたら、解決方法ばかりを考えるのではなくて、どうせ、頑張るなら次のステップまで進んじゃおう!」って感じですね。

前回、犬に関する研究は遅れていて、「絶対」ということが少ない。だから、自分流でやりましょう!と書きましたが、今回は参考までに過去に私が実践してきたことを書きます。

つまり「我が家流」をご紹介しますね。

随分前の話ですが、ゴル男は、食餌中に近づいたり、器に手を掛けようとすると「唸る」ことがありました。

まあ、どんな本にも、こんな場合にはフードを手ですくって食べさせると治る、と書いてあって、実際に治ると思いますね。

では、私の場合、どうしたのかを書きます。

最初は、食事中のゴル男に少し離れた場所から呼びかけることをしました。

別に自分の所に来るように名前を呼ぶわけではなくて、最初のうちは、単に「ゴル男」と呼びかけるだけでしたね。

夢中になって食べていたゴル男が顔を上げて私の方を見たら「お前可愛いなあ~」とか「良い仔だね~」って感じで言葉を掛ける程度でした。

これを自然に繰り返しながら、距離を縮めていって、最終的には器に手をかけることまで出来るようになりました。

ちなみに私が実践した方法だと、どんな時にでも、私の呼び掛けに反応するようになって、自然とアイコンタクトまで出来るようになりますよ。

実際、今では、仮にゴル男が食餌中であったとしても、呼べば来るようになっていますね。

「唸る」ことを止めさせるために始めたことで、結果的には、確実な「アイコンタクト」と「おいで」を教えることが出来ましたね。

次に食後の休憩の取らせ方です。

ゴル男の場合、何故か食後にテンションがあがり、「遊ぼう、遊ぼう」になるんですが、身体のことを考えたら、まったりとして欲しいですよね。

胃捻転とか怖いですからね。

そこで考えたのが、「馬のアキレス」とか「牛のアキレス」とかの「堅いもの」をかじらせることでした。

ただし、「丸飲み」とかの心配もあるので、必ず私が手に持って「くわえる長さ」をコントロールしながら、与えるようにしました。

こうすれば、安全だし、確実に食後の休憩を取らせることが出来ますからね。

「アキレス」の他にも「歯磨きグッズ」をかじらせることもやりましたね。

当然に歯も綺麗になりました。

あと、ゴル男の場合、あまり水を飲む仔ではなかったのですが、かじった後にはさすがに喉が渇くみたいで、確実に水を飲むようになりました。

そこでかじることを終わらせるときには、必ず「ゴル男、お水」と声を掛けるようにしていて、今では、そこそこの確率で私達の呼び掛けで水を飲むようになりましたね。

食後の休憩を取らせようとして、「歯のケア」と「水を飲ませる」ことが出来るようになりました。

これも私にとっては、有りがたい効果でした。

次は「おやつの与え方」です。

以前、ゴル男に「梨」を上げようとして、少し大きめの塊を取られてしまい、ゴル男が喉に詰まらせたことがありました。

その時には、娘が無理やり口を開けさせて、指を突っ込んで吐き出させたんですが、家族の私に対する非難の嵐が吹き荒れましたね。

それからというもの、私はどんなに小さな食べ物でも必ず手に持って、ゴル男に噛み千切らせるようにさせて食べさせています。

最初の頃は与える物が小さいのでゴル男が私の指を噛んでしまうこともあったんですが、その度に私が大げさに「痛い」と言って、食べ物を持ったまま手を引いてしまうので、次第にゴル男も私の手から食べ物を噛み千切る際には、注意深く、優しく食べるようになりましたね。

りんごや梨といった物を食べさせる際には「シャリショリして」と言いながら、少量ずつ上げるようにしていますが、ゴル男も前歯で少しずつかじり取りながら食べるようになっています。

丸飲みを防ぐために始めたことで、おやつのもらい方や果物の食べ方を教えることが出来ました。

ほんのちょっとしたことで色々なことを覚えてくれるんですよね。

最後は、ゴル男との「散歩の仕方」についてです。

以前から、何度も書いているように私は、元犬嫌い、ゴル男を迎えてからもしばらくの間は、他の仔は全く駄目でした。

だから、他の仔とゴル男がお散歩途中で出会って大はしゃぎ!なんていうのは何としても避けたかったんですね。

その結果、私が考えたのはゴル男に「待て」をさせることでした。

こればかりは私の真剣さが通じたのか、当時ほとんど何も私の言うことを聞かなかったゴル男もきちんと対応してくれましたね。

先方の仔が匂いを嗅ぎに来てもじっとしていてくれました。

ただし、ゴル男が匂いを嗅ぎにいくことはなかったです。

これは、未だに続いていて、ゴル男が先方の仔の匂いを嗅ぐことはめったにありません。

明らかに私の間違った教えの結果ですね。

でも、楽観的に考えるならば、先方の仔に刺激を与えない分、喧嘩になることもないですね。

まあ、他にも「格闘」とか色々あるんですが、今回はこれ位にしておきます。

次回もまた、皆さんに楽しんでいただけるような事、お役に立ちそうな事を書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 犬の手なずけ方 | トップページ | 苦手克服 私達流! »

コメント

はじめまして!
先日は訪問、コメントありがとうございました!
すごい役に立つブログですね。
これから前記事も少しずつ読ませていただきます!
次回も楽しみにしてます♪

<きなこママさん>
ありがとうございます。
お役に立てるかどうかは分かりませんが、
結構まじめに考えて書いてます。
私もまた、寄らせてもらいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の手なずけ方 | トップページ | 苦手克服 私達流! »

ゴル男の仲間達