フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 苦手克服 私達流! | トップページ | 飼い主の選択 »

2008年6月21日 (土)

飼い主の勘違い

さて、今回は「飼い主の勘違い」と題して書きますね。

典型的なケースが以前書いた、一方的に「うちの仔は他の仔が苦手」と思い込んでいるなんてケースですね。

まあ、こんな仔の場合、明らかに他の仔とのコミュニケーションのとり方は下手なので、そういう意味では問題があるのかも知れません。

その意味では飼い主さんの考えは間違ってはいないと思います。

でも、対応の仕方は明らかに間違っているんですよね。

「勘違い」から「間違い」になっちゃうんですね。

「他の仔に迷惑」と思って、とにかく接触をさせないようにしてしまったりするんですね。

こうなると、愛犬の欲求不満は高まるばかりで、他の仔を見かける度に興奮の度合いは強まるばかりですよね。

とかく、愛犬に問題があると思い込んでいる飼い主さんは極端な行動をとりがちだと思いますね。

実際、散歩途中とかで他の仔に出会ったときのどうするか、選択肢は二つありますよね。

一つは、「ご挨拶をさせてあげて好奇心を満たしてあげる」もう一つは、「我慢をさせる」ですね。

先方の仔や飼い主さんの反応で、好奇心を満たして上げられる時もあれば、我慢をさせなければいけない時もありますよね。

どちらか一方というのは良くないですよね。

もしも、「うちの仔は他の仔が苦手で」なんて考えている方がいらっしゃったら、少なくとも「落ち着いた仔」とのご挨拶から始めてみていかがでしょうか。

案外、何の問題もない、なんてこともあると思いますよ。

あとは、経験を積ませてあげるだけですね。

興奮して「吠えまくる」なんて仔も確かにいますね。

そんな場合には、「落ち着くこと」を教えてあげることが大切ですよね。

「恐怖心」「好奇心」いずれの場合も同じです。

方法は色々あると思いますから、飼い主さん自身がこれなら出来る!という方法を慌てることなく実践するといいですよね。

次は、自分のワンコの気持ちを勘違いする、分かりやすく書けば、「分からない」なんてケースですね。

確かにフレブルの場合には、尾の動きを見て気持ちを理解することは無理ですよね。

でも、その分、耳や顔の表情からは分かりやすいと思うんですが、どうでしょうか?

愛犬が怖がっているのか、喜んでいるのか、せめてこれ位は理解してあげないといけないですよね。

確かに「恐怖」から「攻撃」という変化は多く見られるので、かなりの注意が必要なのかも知れませんし、判断するのは意外と難しいのかも知れません。

でも、これを理解してあげるのが「飼い主さん」ですよね。

日頃から「見て、触れて、一緒に遊ぶ」が重要だと思いますね。

嬉しいときには「こんな顔でこんな事をする」とか、怯えているときには・・・怒っているときには・・・

様々な感情の変化と表情や仕草の変化を理解することが大切ですよね。

今までも少し書きましたけど、「吠える」場合でも、ほとんどの仔は吠え方によって、感情の違いを表現しています。

でも、飼い主さんが一番見誤るのは「恐怖」から「攻撃」への変化ですね。

結果、「うちの仔は他の仔に攻撃的」なんて勘違いをしてしまうこともあるんですよね。

最初はただ「怖いから来ないで」って吠えているのかも知れませんよね。

でも、先方の仔が無視して近づいて来るにしたがって、「警告」に変化して、最後には「攻撃」になっているのかも知れませんよね。

仮にそうだとすれば、その仔は決して「攻撃的な仔」ではなくて「臆病な仔」なのかも知れません。

でも、そんな仔を「犬に馴れさせたい」と思って、無理やり他の仔に近づけてばかりいたら・・・

最終的には、「恐怖」から「攻撃」のパターンを作り上げてしまう可能性もありますよね。

だから、「馴れさせる」場合にも、無理をしないで「落ち着いた仔」の協力を得て時間を掛けるつもりでやった方がいいですよね。

まあ、中には、確かに相性の悪い仔もいると思います。

同性の仔が駄目ってこともあるでしょうし、特定の犬種が駄目ってこともあるかも知れません。

もしも、そんな傾向があるのだったら、特に時間を掛ける必要がありますよね。

何かを「学習」してしまっている場合には、それを消すのは根気がいる場合もあると思います。

犬は何も私達が教えることだけを「学習」しているのではなくて、日常生活の中で様々なことを学習していることを忘れないで下さいね。

もしも、愛犬の行動で悩んでいる方がいらしたら、ご遠慮なくどうぞ。

私達管理人はもちろん、現役の問題犬の飼い主さん、卒業生の飼い主さん皆で応援しますからね。

さて、今回はこれで終わります。

次回もまた、皆さんに楽しんでいただけるような事、お役に立ちそうな事を書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 苦手克服 私達流! | トップページ | 飼い主の選択 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦手克服 私達流! | トップページ | 飼い主の選択 »

ゴル男の仲間達