フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 飼い主の変化 | トップページ | ためになる本 »

2008年6月25日 (水)

トラウマと不安!

さて、今回は「トラウマと不安!」と題して書きますね。

最近、このブログを通じてご相談を受けたり、実際に私達のドッグランに来ていただいてご相談を受けたりすることが多いのですが、今回は、そのことを書きます。

まあ、悩める飼い主さんの共通した言葉、それは「過去の嫌な経験」なんですね。

「噛んだ」「噛まれた」「吠えた」「吠えられた」ですね。

そして、次に来るのが「散歩中のトラブル」「ドッグランでのトラブル」です。

率直に私の意見を書かせてもらうとドッグランについては、パパやママに不安な気持ちがあるのなら「敢えて行く必要はない」と思います。

「行かないほうが良い!」とさえ思いますね。

以前にも書きましたが、通常、ドッグランは不特定多数の仔が集まる場所なので、喧嘩や事故の起きる可能性は結構あると思います。

それに「飼い主さんの不安」は必ずワンコに伝染しますし、不安なワンコはちょっとしたことにも過剰に反応しやすいんですよね。

だから、敢えて行く必要はないと思います。

今までにも書いていますので、お分かりかと思いますが、私はドッグランでワンコ同士がはしゃいで遊ぶことは決してお薦めしません。

何故か?答えは単純。

「喧嘩」になりやすいからです。

ドッグランはワンコ同士がノーリードで一緒に過ごせれば十分な場所だと思います。

必要以上に接触は無い方が良いと思っていますよ。

犬同士のご挨拶さえ出来れば十分です。

じゃあ、何故、私達がドッグランをやっているのか、というと「犬の苦手な仔が他の仔と一緒の空間で落ち着いて居られるようにしたいから」なんですね。

先ずは、そこからです。

走ったり、はしゃいだりするのは、その次の課題なんですね。

でも、実際には、この段階でワンコ達は「犬同士の遊び」をするようにはならないんです。

どうなるかと言うと「飼い主さんと遊びたがる」んですよ。

飼い主さんとの接触を望むし、その際に他のワンコが来ることは「嫌がります」。

不思議でしょ。

でも、実際にそうなるんですよ。

だから、他の仔との問題は起きないんですね。

なんせ、飼い主さんとノーリードで遊べる喜びにひたっているんですから!

他の仔は、もう、どうでも良いんですよね。ひたすら飼い主さんと一緒にいることが楽しいんです。

とにかく、ここが最大のポイントで、散歩でもドッグランでも飼い主さんとの関係を築ければ、ワンコは随分落ち着くんですよね。

一緒に居て、飼い主さんが愛犬に安心感を与えてあげられれば、本当に不思議な位犬は落ち着いてくるんですよね。

飼い主さんが自信を持てるようになれば・・・

ここが肝心なんですね。

先ずは、飼い主さんが不安を払拭して、ワンコと行動することが不可欠なんです。

まあ、そうは言っても過去に嫌な経験をされていれば、中々自信なんて持てないですよね。

だから、毎回、毎回書いているように「環境を整えて、落ち着いたワンコに相手をしてもらうこと」が人にも犬にも必要なんですよ。

とにかく、散々嫌な思いをして来たんですから、人も犬も「良い経験を積む」ことが何よりですよ。

このことを忘れないで下さいね。

さて、今回はこれで終わりです。

次回もまた、皆さんに楽しんでいただけるような事、お役に立ちそうな事を書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 飼い主の変化 | トップページ | ためになる本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飼い主の変化 | トップページ | ためになる本 »

ゴル男の仲間達