フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 破壊犬の言い分 | トップページ | 噛み犬(破壊犬)の治し方 »

2008年5月 9日 (金)

ドッグランの休日

先だってのGW中、特にドッグランの来場希望者もいなかったことから、我ら「管理犬」の休養日となった。

あっ、ゴル男です。今回も私が担当するのでよろしく!

以前にも書いたように我が飼い主♂が気管支炎を患ったことにより、我が家では「何の行事もなく」GWを過ごした。

まあ、そうでなくとも生来の出不精のため、何事も無かったとしても多分「どこにも出掛けず」に過ごしたことだろう。

奴はとにかくひたすら寝ていたし、珍しく「医者」にも行き、きちんと薬も飲んでいたが、日頃の行いが悪いせいか、中々回復しなかったのだが、後半に入り、ようやく動けるようにまでなった。

ということで、我がドッグランに暇な「管理人」と我々「管理犬」が集結し、「何もしない一日」を過ごしたのである。

「何もしない」といっても、私は、日頃から「観察力」を養っているので、こんなときこそ!と考え「他の管理人と管理犬」の関係を観察していた。

今回はそのことをご報告したいと思う。

先ずは、管理犬第一号の「葉月(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)」とご家族である。

まあ、葉月嬢は我が最愛の友、今は亡き「卯月」嬢の姉上であり、私にとっても「頭の上がらない」存在なのだが、とにかく彼女は優しい。

たいていの粗暴な振る舞いに対しても、めったに「目には目を!」などということはしない。そうは言っても決して「臆病な女性」ではないので、尾を下げて「逃げる」なんてことはない。「あしらう」のが上手なのである。

私は葉月嬢が卯月嬢を「しめる」様子を知っているので、これからも彼女の「優しさ」「忍耐力」が途切れることの無いように祈るのみである。

人間同様、決して「めったに怒らないワンコを怒らせてはいけない!」のである。

元々彼女は、決して「フレンドリーな仔」ではなかった。とは言っても「吠える」とか「威嚇する」なんてことをするわけでもない。

ただ、「人を見る仔」だったのである。

以前の彼女なら、見知らぬ「男性」に触れさせることもしなかっただろうし、パパママ以外の人間がリードを持ったとしても、ドッグランの外はおろか、一歩たりとても歩かせることも出来なかっただろう。

しかし、今の彼女は違う。ドッグランの全員に気配りをしている。人に対しても犬に対しても同様に優しい。

落ち着き場所ですら、気配りが見られるのである。これは、分かる「犬」が見れば分かるのである。やはり、ドッグランでのリーダーなのだ。

そして、ドッグラン終了後には他の「管理犬」をも癒してくれる。そう簡単に出来ることではない。

でも、先日は、日頃の「管理犬」稼業を忘れ、思い切り甘えていた。その映像が「はづうづ日記」で公開されているので是非ご覧いただきたい。

さて、こちらの「親子関係」であるが、すこぶる良好である。葉月嬢及びママさんには何の問題も無い。

ただし、「おやじ」には若干の問題がある。以前にも書いたが、改めて何点か書いて見よう。恐らく、ドッグランの常連の方には賛同を得られると思うのだが・・・。

あの親父は、犬には強いが胃腸は弱く、一見すると犬に厳しいようだが、実は大甘。特に「犬の食べすぎ」の最大原因となっている。さらには、葉月嬢に余計な物を食べさせては、必ずママに叱られている。

本当に学習能力がない。困ったものだ。

ただし、最近は離れた場所で「食べ物をあげている」こともあるから、少しは学習したのかも知れない。飼い主の皆さん、食事中の「おやじ」の動きには要注意ですよ。

さて、次は、我が兄貴分「バルト(エアデール・テリア)」とご家族である。

バルトもドッグランで随分変わった。最初は葉月嬢の臭いばかり嗅いでおり、正直、葉月嬢には嫌われていた。今は、ベストカップル的な動きをする程の仲である。

そうは言っても、ドッグランをやっている最中に二人が仲良くしている、なんてことは一切無い。それぞれの役割を黙々とこなしており、終了後に仲のよさが見れるだけである。

今回は、管理犬としてのバルトの仕事もなく、私も含め、みんなでテントの下でのんびりしていた。

今まで、来場者の皆さんは一度も見たことのない光景が一日中繰り広げられていたのである。

こちらのご家庭でも問題は「パパ」にあるようだ。いつもバルトの口を無理やりこじ開けては、バルトと下品な遊びをしたがる。

バルトは賢いので「そんな誘いには乗りませんよ!」と無視をすると、奇妙に優しい声を出してしつこく誘っている。

我が家飼い主♂と同じでくだらんことをするおっさんだな~、と思っていたのだが、案の定、昨日は遊びに来ていたママに「止めなさいよ」と叱られていた。

こう書いて来ると、どの家庭もワンコとママさんには何の問題もないようだが、「親父連中」には大いに問題があることが判明した。

我が飼い主♂は論外であるが、はううづ親父もバルトのパパも「問題親父」である。

さぞかし、家庭ではママさん達に苦労をかけているのだろう。

困った連中である。

何が「管理人」なのかさっぱり分からない。ひょっとすると「焚き火管理人」か?

やはり、我がドッグランは我ら「管理犬」がしっかりするしかないようだ。

これからも管理犬同士が連携して頑張るぞ!

ただし、誤解の無いように書き加えておくが、我ら「管理犬」と「管理人」のおっさん達の間には、それぞれ誰も立ち入れない強い「絆」があることもお忘れなく!

まあ、これからの付き合いの事もあるので、今回はこれくらいでやめておこう。

さて、次回の登場はいつになるのか不明であるが、

次回もまた、乞う、ご期待!

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私の飼い主♂へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 破壊犬の言い分 | トップページ | 噛み犬(破壊犬)の治し方 »

コメント

情景が目に浮かぶようですhappy01
ホントにみんな、それぞれの役割ってあるんですね~up見習わなくてはhappy01
ゴルちゃんは、元気ですか?今月は行けるかな~・・・お邪魔したいと思っています。
その時は、よろしくですpaper

bleahゴル男が、なんと言おうとも、おやじはみんなに美味しい物を上げ続けるよ。
たとえ、パパママに嫌われてもへっちゃらです。catface
懲りないでしょsign02

<バボママさん>
バボママこんばんわ!お久しぶりですね。
まあ、それなりにワンコ達は自覚してるみたいですよ。
暑くなる前にお会いできるといいですね~

<はづうづおやじさん>
ハハハ、最初からやめるなんて思ってませんよ。
これからも「ダイエットの敵」としてご活躍ください。
多分、ワンコ達は期待してると思いますから。

たまには俺にもくれよ!
               byゴル男

こんばんは。
ご無沙汰しています。

やっぱりどこのご家庭でも、パパさんたちは
甘えん坊育成に精を出しているんですね。
わが家もご多分に漏れず・・・ですよ~。
甘やかしぃの、おやつあげすぎぃの・・・。
してはいけないことまで、OKしちゃうから困ってしまいます。
それにしても、管理犬さんたちの役割分担は素晴らしい。
みんな、いい子ちゃんですね。
うらやましいかぎりです。

<sumodzさん>
まあ、管理犬もみんなドッグランで変わったんですよね。
なんか、我々親父達よりもワンコの方が学習能力が高いみたいですよ。
本当に親父たちはろくなことしませんから!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 破壊犬の言い分 | トップページ | 噛み犬(破壊犬)の治し方 »

ゴル男の仲間達